忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    10 2019/11 12
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    新しい事務所の近所で昼にする。

    rondo.jpg珈琲舎ロンド」と言う店。
    表通りから一歩入った路地風の道。
    色あせた緑色のテントに看板。
    かなりの古さを感じさせる、昭和なお店。

    ピカピカ!って感じではない。
    けれどお店の前には観葉植物がタップリ茂ってそのひとつひとつが丁寧に世話されているのがみてとれる。
    下町の路地裏ってこんな風情の家がズラッと並んでいたりしますよね。
    中に住んでる…、いや、中で仕事をしている人のお人柄がうかがい知れて、なんだかそれでニコッとなった。

    お店に入ると、ほのぼの気分が加速する。
    ラタンでできたテーブルに椅子。
    落ち着いた色合いの柱や床に、生成の色の漆喰の壁。
    どれも昔ながらでしかも、なんだか誰かの家のリビングルームに通されたような気持ちになっちゃう。
    使い込まれているけれど、どれもシッカリ磨きこまれて、見ればお店は女性二人で取り仕切ってる。
    そのふたりともが、ボクのおふくろ位の年齢。
    なるほどなぁ…、このおば様たちが居心地の良い空間を作ってみたらばこんなお店になりましたってコトなんでしょう。
    確かにボクのおふくろが気に入りそうな調度品やらランプや小物が置いてある。

    320ea920.jpegランチはカレー。
    ナポリタンにオムライスと、こうした喫茶店のデフォルト的なるメニューが揃う。
    お店に入ると、カレーの匂いがポワンとしてきて、思わずおなかがグーッとなる。
    カレーもいいなぁ…、と思いながらも、お店の外においしげな写真の入った立て看板が出ていたおそらく、ここの自慢のオムライス。
    食べてみたくて、初志貫徹。

    どの料理にもサラダと食後の飲み物がつくというのも喫茶店的。
    千切りキャベツとレタスにフレンチドレッシングという、とても普通でホッとするサラダをシャリシャリ食べつつ待ちます。
    想像したより、ちょっと余分に。
    カウンターの中にある厨房の中を覗いてみると、おば様ひとりが丁寧に、じっくり時間をかけてご飯を炒めてる。
    カシャカシャ、鍋底擦る音が終わったなぁ…、と思うとジュジューっと玉子が鍋に流しこまれる音がして、それからまたまたちょっと待ち、ようやくやってきたオムライス。

    198adb53.jpegツヤツヤとした薄焼き卵。
    しかもほどよくフワフワで、それがご飯をクルンとくるむ。
    最近はやりの、オムレツをご飯にのっけてパカッと割るオムライスはあんまりボクは好きじゃない。
    好きじゃないというよりも、あれは「オムレツライス」であって「オムライス」じゃないとボクはずっと思ってる。
    だからここのオムライスは、見た段階でまずは合格。

    スパッとスプーンで真ん中を開いて中をみるとこれまた、うつくしい。
    ちょっと茶色味を帯びたご飯が、良く炒められところどころに焦げ目が付いてる。
    スプーンを入れると、パラッとほぐれる。
    ベタベタとしたご飯じゃまるで興ざめで、こりゃ、おいしいぞ…、って喉が鳴る。

    スプーンでそっとひとすくい。
    フワッと玉子がまずは舌をやさしく撫でて、次の瞬間、ご飯がパラッと口いっぱいに散らかっていく。
    やっぱり旨い。
    しかもご飯が茶色く見えたわけがなんと、デミグラスソースとケチャップ混ぜてコクを出してるってわかってウットリ。
    ケチャップだけで味を作るとペッタリ甘くて、うま味に欠ける。
    けれどここのはデミソースの持つ、うま味と香りがご飯の味をひきたてる。
    しかもかなり強めに炒められていて、具材の玉ねぎ、マッシュルームが甘み、食感を否応なしに発揮している。
    半熟じゃなく、熱がシッカリ入っているのにフワフワとした玉子の食感もボク好みにて、今日はとってもシアワセな昼。

    d9b8d0cb.jpeg手間がかかるのもしょうがない出来。
    しかもフライパン一個で全部を作るから、時間が尚更かかるんでしょう。
    でも、だからこそ。
    プロが作る料理じゃなくて、お料理上手のおかぁさんが、作ってくれる料理のように出来上がる。
    やさしくしかも丁寧で、愛情タップリ。
    そんな感じがとてもウレシイ、オキニイリ。

    食後のコーヒー。
    あっけないほど普通です。
    酸味がほんの少しあとを引くこれも、昔ながらの喫茶店のブレンドコーヒー。
    なんのひねりもないけれど、それが多分、いいのでしょうね。
    次は絶対ナポリタン。
    このオムライスの中のご飯の炒め方で、パスタを炒めてくれるのならば、絶対旨いに違いない。
    そう思いつつ、お店を後にいたします。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    全家福 HOME いつものグレース、カフェオレの朝
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]