忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    11 2019/12 01
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    水道橋の「ライン」にて朝。

    d30486b8.jpeg会社のあった場所の関係でずっと水道橋の駅の向こう側…、って場所だった。
    裏路地。
    とは言え、かなり有名な焼肉店とかスタ丼の店、ラーメン店と近所で働くサラリーマンや学生たち向けの「男ぶりの良いガッツり系の店」が目立つ通りにひっそりとある。
    事務所が移って、今では駅のこっち側。
    随分、気持ちが近くなった。

    ここの店には普段、朝しかやってこない。
    夜になるとアコースティックな音楽を味わいながら、お酒をたのしむバーっぽい雰囲気になる。
    だからカウンターの上にはビールサーバーの立派なノズルが出ていたりする。
    夜に合わせて照明計画をとってるんでしょう…、間接照明がメインでちょっと薄暗い。
    落ち着いていて、まるで日陰に入ったように感じるステキ。
    夜には中のにぎわいを、表に伝える大きな窓が朝には朝日をとりこんで、お店の中に陰影つける。
    自分の中でずっとここは「喫茶店だ」と思い込んでた。
    けれど今朝。
    しみじみ見ると喫茶店じゃないんだよなぁ…、バーの朝。
    しかもとびきり丁寧な、サンドイッチが味わえる朝。
    他にあまり例のない、粋なお店と再認識。
    先客2組…、ここのお店の朝としてはにぎやかな方、時間も遅めと言うコトでしょう。
    「おはようございます」と言って座ると、サービスの人が「おはようございます」…、それに続いて厨房の中から「いらっしゃいませ」と声がする。

    94faa7e7.jpegハムのサンドイッチのセットをもらう。
    パンがおいしいサンドイッチ。
    甘め控え目。
    ちょっとシットリ焼きあがったイギリスパンを薄切りに。
    それからしっかりトーストをした、カサッと乾いた仕上がりのもの。
    このパンそのものが主役なんでしょう。
    中に挟む具材は控えめ。
    スライスハムとスライスキュウリ。
    そして比較的タップリのマスタードマヨネーズで味ととのえる。
    キューリとマヨネーズがみずみずしくて、乾いたトーストブレッドがシットリするほど。

    ボクがつくるとサンドイッチは、ほぼ確実に具沢山で太ってできる。
    まるでボクのお腹みたいにパンパンで、それはそれでおいしいのだけど、こうしたパンを食べるサンドイッチも悪くない。

    食べ続けてるとパンのカサッとした食感に、口全体が乾いた感じがしてくるところ。
    すかさずサイドのコールスローを口にほおばる。
    普通キャベツでつくるコールスロー。
    ここはレタスとキュウリで作る。
    どちらもキャベツに比べて水気をタップリ含んだ野菜で、だからまるでおひたしみたいな感じでできる。
    シャキシャキとしたレタスの食物繊維が歯切れて、口にたのしく、気持ち軽やか。

    0041f746.jpegさてゆで卵と、パパンとテーブルに軽く叩きつけ、割れ目をつけてパカッと割った。
    そしたらなんと。
    見事にスパッと二つに大きく別れて割れた。

    ほとんど殻が壊れることなく。
    さすがに、パパンと打ち付けたとき、ほんのひとかけ、ふたかけがテーブルに落ちこぼれてしまった。
    けれど、残りは見事にそのまんま。
    二つに割れた殻を再びそっと合わせてくっつけたなら、元の玉子になりそうなほど、キレイにスパッと。
    それで、どうこうって訳じゃない。
    だけどなんだか、めでたく感じる。
    しかも殻をスルンと剥いたあとの玉子がツヤツヤ。
    プチュンと食べると、黄身がちょうどよい状態で、めでたさ一層つのって感じる。
    塩をふる。
    カチンと尖った塩の味が玉子の甘みをひきたてて、口の中で料理になってく。

    3fae6c38.jpegアイスコーヒーをもらいます。
    そろそろ春の気配が近い。
    今週末にはおそらく桜も咲き始めるんでしょう。
    だからそろそろアイスコーヒーがおいしく感じる季節にもなる。
    ビターでスキッと香りも強い。
    氷で冷やしても尚、コーヒーらしさを失わない、熱いコーヒーを冷ましただけではない専用の豆の選び方。
    あるいは焙煎方法が、日本ならではのアイスコーヒーを作ってるんでしょう。
    ストロー使わずそのまんま。
    冷えたグラスで唇撫でて、氷が直に口にふれるのを楽しみ、味わう。
    氷の隙間をくぐりぬけ舌にのっかるコーヒーの、鮮やかなほどの冷たさが朝のゴチソウ。
    半分ほどをそのまま飲んで、そこにミルクをトロンとくわえる。
    苦味がほどよくマイルドになり、甘さも感じるやさしいおいしさ。
    カラカラ氷がグラスを鳴らし、手にもすずしい、さて仕事。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ゆでたまご
    明日の朝はゆでたまごだ!と思っちゃいました。
    塩をふって、食べるゆでたまご。
    モーニングセットのゆでたまごって、どうしてあんなに美味しかったのかなあ・・・と、なつかしく思い出します。
    日本の喫茶店って、本当にステキ。
    遠くに離れてしみじみ思います。
    サカキさんの行きつけのお店って、どこもとても清潔感があっておいしそう。
    日本に行きたくなってしまいます。

    サクラメントは2週間にも渡る長い春の嵐を抜けて、今日は初夏の気候でした。
    日本は桜の季節ですね。
    よい午後を!
    ねえねえさん / 2011/03/29(Tue) /
    ひやっと玉子
    > ねえねえさん
    たしかに喫茶店のモーニングセットのゆで卵っておいしいですよね。
    たくさん茹でて、自然にひんやりしたからかしら…、なんて思います。
    東京も今日はとても天気がよくて、今度の週末あたりがお花見スタートかなぁ…。
    早く春にならないかって思いますネ。
    サカキシンイチロウさん / 2011/03/29(Tue) /
    神保町のいもやでお昼 HOME 王将、そして夜野菜
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]