忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    10 2019/11 12
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    昼を餃子の王将にくる。
    水道橋の駅の近くにある店で、ビルの1階と2階を使った大きなお店で、多分、都心でも有数の規模なんじゃないかなぁ…。
    2時をはるかに過ぎな時間なのに、その大きなお店に半分くらいのお客様。
    かなり繁盛しているのでしょう。

    d375d734.jpeg餃子の王将ではそれぞれの店で特別の料理やセット、定食を自由に作ってチェーン店でありながら、ひとつひとつのお店の個性をだそうとしている。
    この水道橋のお店では「回鍋肉定食」って言うのが売り物なんだっていう。
    回鍋肉に餃子にご飯、それにスープにお新香が付く。
    ご飯とおかずという組み合わせが食べたかったのでこれ幸いとたのむことにする。
    そしたらお店の人が、「今は回鍋肉のキャンペーンで、それを単品でたのんでいただき餃子セットにしてもらえればお漬物はつかないけれど100円くらいは安くなります」と教えてくれる。
    なるほど、水道橋店的にはちょっと残念なキャンペーンなのね…、って思いながらもそれをたのんだ。

    早速、鍋が煽られる音。
    中国料理は、スピーディーと勢いが重要になる料理であってだからテキパキ、みるみるうちに料理ができる。
    お盆にまずは回鍋肉とご飯とスープ。
    餃子はしばらくお待ちください…、とそれで後からやってくる。
    餃子だけは焼き上げにこだわる以上、ちょっと時間がかかってしまう。
    けれどその分、熱々、しかも表面パリパリ…、待てば満足できるとわかっている上に、待つといってもほんの少々。
    回鍋肉を好みの味に味付け直す間にしゃんとやってくる。

    741c0e19.jpegここのお店のテーブルの上にある調味料。
    中国料理のお店には似つかわしくない、タバスコなんかが置かれてる。
    中国料理には辛味がつきもの。
    ラー油か胡椒と決まったようなものだけど、そのどれにもない「スッキリとした尖った辛味」がタバスコにはある。
    しかも2種類、通常の酸味がたのしい赤いタバスコと、酸味をあまり持たぬスキッと切れ良い辛味のハラペニョ風味。
    回鍋肉には緑のタバスコをタップリくわえ、餃子のタレにはタバスコ、垂らす。

    ここの餃子のタレはちょっと酸味が強めのスッキリ味。
    タップリ、餃子に吸い込ませるようたくさん使って食べると旨い。
    そこにタバスコ。
    それもドバドバ。
    タバスコ独特の酸っぱい香りが、餃子の油の匂いをおさえる。
    皮の甘みが引き立つようでもあってかなりのオキニイリ。
    ボクの前に座ってた女性なんて、餃子に直接かけるほどにて、餃子のお店のデフォルトになってくれるといいのになぁ…、って思ったりもした、新発見。

    e32a49f5.jpeg回鍋肉をキャベツの料理と思うのか、それとも肉の料理と考えるかは微妙なところ。
    もともと料理の名前にも「肉」と感じが入ってる。
    だから肉の料理なんだろうと思いはする。
    本格的な四川風の回鍋肉は、そもそもキャベツなんか使わずネギで仕上げるくらい、肉が主役、野菜は脇役に徹する流儀。
    けれどここは大衆料理の店であります。
    だから肉よりキャベツが多く、つまりキャベツの料理になってる。
    でもそれがいい。
    野菜炒めの味噌風味…、って感じの料理が、むしろご飯をおいしくさせる。
    シャキシャキ、スベスベした葉っぱが、口の中でスルンと滑る。
    キャベツの甘みと食物繊維が、顎においしくご飯もすすむ。
    コッテリとしたうま味と仄かな酸味を帯びた八丁味噌のような風味の味噌を、スプーンでちょっとすくって、ご飯にかけるとただそれだけでおかずになっちゃう。
    おそるべきかな味噌の実力。
    醤油のスープにお酢を入れ、胡椒をタップリくわえて飲むと、酸辣湯のような味わい。
    お腹もスッキリ、あたたかい。

    そして夜。

    2dc69efd.jpegちょっとおなかが重たくて、それで野菜をメインに食べる。
    母が持たせてくれたおかずにキンピラレンコンが入ってて、それを少々。
    それから茹でたほうれん草。
    ほうれん草を茹でて終わった鍋の中に、枝豆茎ごと放りこみクツっと煮込んでさましたモノ。
    ちょうど昨日。
    アメリカ人が酒を飲むときに、山ほどのフレンチフライを一緒に食べる。
    それと日本の枝豆はおんなじ存在。
    けれど枝豆の方が数段、健康的でいいよねぇ…、って話をしながら昼をとってた。
    それをちょっと思い出し、プチュンプチュンと鞘から豆を指で弾くようにしながら口の中へと放り込む。

    トマトを一緒に。
    ずっとあれほど嫌ってた、生のトマトが最近、わりと平気になった。
    サンドイッチの中のトマト。
    ハンバーガーの中のトマトは未だに苦手。
    水っぽくって、なにより皮と実と、それから中のグシュグシュしたとこの混じり合わない食感がどうにもこうにも気になって…。
    けれど小さな一口大のトマトは別魏。
    口に放りこみ奥歯に力を入れながら、なかなか破けぬ頑丈な皮が突然、プチッと弾ける瞬間はちょっと怖くて身構えるけど、それを過ぎると口の中がおどろくほどにみずみずしくなる。
    甘くて酸っぱく、ちょっとお日様みたいな匂いがしてくる。
    体が潤う感じのゴチソウ…、リコピンパワーで体の細胞若返るのがわかる気がする、腹六分。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    回鍋肉!
    おなかをへらしてかえってきたらおいしそうな回鍋肉!
    でも残念、冷蔵庫の中には一つだけのこった焼きそばの麺と
    ちょっぴりのレタスのみ。
    しかたなくレタス焼きそばを
    塩こしょうで炒めて
    いいかんじにレタスがしなっとなったらお皿にうつして
    ポン酢と麺つゆのブレンドでいただきました。
    レタスチャーハンは好きでしたが
    これもなかなかいけました。
    週末、中華屋さんで異業種飲み会を企画してるので回鍋肉!たのんじゃおうとおもいます。
    ネコスタさん / 2011/03/28(Mon) / URL
    レタス焼そば
    > ネコスタさん
    そのレタス焼そばのレシピ。
    頂いちゃいます。
    ポン酢と麺つゆというところがとてもおいしげ。
    ちょっとしたお酢の使い方で中国料理っておいしくなったりするんですよね。
    回鍋肉…、久しぶりに堪能しました。
    ついでにボクが使っているGoogleのFEPには回鍋肉って単語がなかったので、辞書登録しちゃいました。
    おかげで「ほい」と入力すると回鍋肉と変換してくれる、なんておいしい辞書でしょうって勝手に惚れ惚れしちゃってます(笑)。
    サカキシンイチロウさん / 2011/03/28(Mon) /
    ラインの朝 HOME 水道橋にもあったBUN
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]