忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    11 2019/12 01
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    東京駅ではじめる一日…、寿司清のグランルーフのお店に来ます。



    いつもの寿司清は東京駅の改札の中、グランスタっていう商業施設の中にあり、ところが先日、改札を出て八重洲地下街を歩いていたらもう一軒の寿司清発見。
    グランルーフという飲食だけの施設の入り口。
    見ればそこも朝食やってて、しかもエキナカ寿司清とは違ったメニューがいくつかあった…、それでいつか来なくちゃって。
    思ってそれで今日の朝。
    やってきまして、朝ご飯…、「特上朝ご飯」なる名前も立派な定食にする。



    ちなみにこの店…、エキナカのお店と同じく鯛茶漬けとか刺身定食とかはあるのだけれど、一番人気の「マグロの漬け丼+豚汁」っていうセットはない。
    代わりに山芋とろろの定食と、この特上朝ご飯が用意されてる。

    大きなお膳にお皿がズラリ。
    メインの場所には魚のあらと大根を煮合わせたもの。玉子焼きに大根おろしに醤油漬けしたイクラがパラリ。
    マグロの山かけ、漬物に汁、それからご飯でひと揃え。
    エキナカ寿司清の料理はどことなく「寿司屋のまかない」みたいなイメージがあるのだけれど、この店の料理は「日本料理店の料理」のように感じて贅沢。
    見た目がにぎやかで華やかで、なんだか気持ちがあがってく。



    まずはあら煮をと食べてみる…、深い飴色に染められた黒鯛のアラに大根に。
    魚は脂がのってムッチリ、コトコト煮こまれ中の中まで味が入ってなんともおいしい。箸で触るとブリンと崩れて、皮と身の間に脂をタップリ抱いていたからでしょう…、皮がペロンとめくれてくれる。
    皮が嫌いな人じゃなければ、ココをおいしく食べるんだろう…、と思いながらも鱗が目立つ魚の皮はやっぱり口に入ってくれない。
    身だけをせせって、皮は残した、罰当たり。
    芯まで味のキレイに入った大根は噛むとクチュッと繊維がほぐれ、中からおいしい出汁のうま味が滲んでくる。
    噛んで味わう醤油出汁…、なんておいしい、オゴチソウ。



    玉子焼きは寿司屋の玉子焼きであります。
    ズッシリしててだし巻き卵に比べて若干硬めの仕上がり。甘めでしかも中にタップリ出汁を含んで、プチュンと歯切れる。
    醤油いらずでそのまま旨い。
    山かけとろろがついてはいたけど、単品として「とろろ」が用意されていてせっかくだからそれもたのんだ。
    若干歯ごたえ残った粗めのとろろ。
    イクラにオクラ、それからもずくが彩りそえて、トロンと喉をかけおちる。
    多彩な味わい…、朝からお腹がたのしく満ちる。これはかなりのオキニイリ。


    関連ランキング:寿司 | 東京駅京橋駅大手町駅

    拍手[3回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    伯爵邸 HOME 夜のコト
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]