忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    11 2019/12 01
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    東京駅の駅構内。
    新幹線のホームに上がっていくコンコースに、新しい駅ナカ商業施設が出来てる。
    「グランスタダイニング」っていう名前。
    そこに仙台の牛タン料理の名店、利久が出店した…、というので来ます。

    5a27061f.jpeg地下に昨年、グランスタって言う食品小売りのテナントばかりを集めた施設が出来ていてそのダイニング版というコトのよう。
    飲食店が全部で6店。
    食品関係の小売店が10店ほども集まっていて、かなりの賑わい。
    東京駅といえばJR東日本の管轄で、彼ら的にはココは東海道への出口じゃなくて、東北からのゲートウェイ。
    東北新幹線が青森にまで開通したというコトもある。
    それで北のグルメを集めましょう…、っていうコトなんでしょう。
    この仙臺利久のみならず、山形で知らぬ人のないイタリア料理のアルケッチャーノがプロデュースしたお店が入って、東北色を醸し出してる。
    他のテナントは東京ブランド。
    けれど東北の食材を使った、ここ限定の料理を必ず作ってだしてる。
    地方色。
    郷土食がこうした場所に出てくるのって、いいことだなぁ…、って思ったりする。

    夕食の時間帯にはまだ早く、けれどさすがに東京駅の構内ですネ…、前の通路には人が溢れてにぎわっている。
    お店に入るとこじんまりとした小さな造り。
    面積の半分くらいが厨房でしょうか。
    店舗スタッフも充実していて、気合がかなり入ってる。

    f75da711.jpeg早速、試食。
    ここ一番の名物の「極」をもらう。
    普通でも分厚いここの牛タンの、ほぼ50%増しほどもある分厚さのフレッシュなタン。
    通常のタンには事前にうま味をくわえた漬けダレの中に漬け込んで、それを焼く。
    だからかなり強く焼き上げても、タンの中がみずみずしい。
    表面がガリッと焼けたところと中のジュワッとシットリしている、その食感のコントラストを味わう料理。
    ところが「極」。
    タンのうま味をなるべくそのまま味わってと最小限の味をくわえてサックリと焼く。
    中はレア。
    けれど表面カチッと焼けてて、牛タンと言うよりまさにステーキみたいな食感。
    ほとばしり出る肉汁と、タンの風味とまったり舌にまとわりつくような肉感的な舌触り。
    すべてが一流。
    歯ごたえはあり、かなり頑丈な身質なんだけど、噛むとサクッとはぎれてくれるその潔さがタン独特で、噛めば噛むほど旨くなるのがクセになる。
    塩味サッパリした白菜の浅漬、それから味噌南蛮。
    青唐辛子を味噌漬けにしてそれで口の脂を拭う。
    あまりの旨さと脂のコクに疲れた舌が、青唐辛子のビリッと辛さにビックリしながら、リセットされる。
    どれもココのスタンダードで、ウットリします。

    31918608.jpegテールスープも見事な味わい。
    透き通ってて、まるでお湯のように見えて一口含むと、口一杯にうま味があふれる。
    肉の味わい。
    肉のうま味に、テールのまったりした香り。
    たっぷりのネギがシャキシャキ、乾いた食感をスープにくわえ口の中をサッパリさせる。
    胡椒をタップリ、スープの表面がビッシリ胡椒の粒で覆われるほどにかけて、辛さを感じぬ…、それほどコクがあるというコト。
    ゴクゴク飲んで、最後にご飯を放りこみズルッとやって、腹いっぱい。

    どこのお店も真新しくて、一生懸命、がんばっている。
    けれど一番混んでいるのは、この店、それからアルケッチャーノ。
    どちらもご当地ブランドで、「地方発」であるということが今の時代にこれほど価値があるんだなぁ…、ってびっくりします。
    オモシロイ。

    家に帰ってラ・フランス。

    yonasi.jpg実家に届いたお歳暮の中に、洋梨の大きな箱があったらしくていくつか今日はおすそ分け。
    父がわざわざ、上京ついでに届けてくれた。
    洋梨というモノ。
    ラ・フランスにしてもル・レクチェにしても、好きで好きでしょうがない。
    ザラッとしたぬめらかさ。
    フルーツらしいさわやかさを殆どもたぬ肉感的がたまらなく好き。
    それに比べて、和梨は嫌い。
    ザラザラとした食感と、シャキシャキとした歯ざわりと、口にあふれるみずみずしさが苦手なのです。
    和梨の方がずっと果物っぽいのにネ…、っていろんな人に言われるけれど、ボクにとってのおいしいフルーツ。
    ネットリとした食感と強い香りと口の中に居座るたのしい存在感が最低条件。
    だから洋梨、あるいはイチヂク…、変わり者でございます(笑)

    麝香の香り。
    ナイフを当てるとヌルンと滑って逃げていく。
    入念に刃を滑らせて皮を剥き、口に含むとクチュんと割れる。
    口の中でもなめらかで、ネロンと粘膜、撫で回す。
    とはいえまだまだ熟しきっていなかったのか、奥にちょっと固さが残る。
    残りの梨は、お部屋の棚にしばらくおいて追熟をして食べましょう。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    テール
    偶然だなあ 私も昨晩台北の最近一番人気「北村家くるみ」で
    〆にテール雑炊。同様に透き通るスープにテールの旨み。卵も台湾のが随分美味しくなったので。懐かしい利休、1月末から春節休暇で10日程帰国するのでご一緒したいですね!
    ジッサさん / 2010/12/06(Mon) /
    テール粥
    > ジッサさん
    テールスープってなんでこんなに美味しいんでしょうネ。
    旧正月にお帰りの節は、是非、お誘い下さい。
    たのしみにしております。
    サカキシンイチロウさん / 2010/12/06(Mon) /
    無題
    仙台の牛タンが東京駅で!これは行かねば!テールスープ飲みたい!!
    チキンさん / 2010/12/06(Mon) /
    便利すぎて!
    > チキンさん
    横須賀線を上がったところ。
    中央線に向かう前。
    もう便利すぎちゃって、かなり危険と感じます(笑)。
    しかもココ。
    朝も7時からやってます。
    今度は朝に出かけてみようか…って思います。
    サカキシンイチロウさん / 2010/12/06(Mon) /
    無題
    牛タン、素敵ですね~。

    ラ・フランスやル・レクチェなどの洋梨の話も素敵過ぎます。。
    私も和梨は苦手の類でして。
    実家では良く出ていたけれど、あまり好きではありませんでした。
    柿も同様であまり好きこんで食べたいと思ったことはなく。
    あいさん / 2010/12/06(Mon) /
    無題
    昨日、利久の前を牛たん食べたいなぁーと思いながら、通り過ぎました。(笑)
    今度、行ってみよう!

    私はナショナルは和も洋も好きですo(^▽^)o
    林檎は苦手ですが…。


    lovekuma69さん / 2010/12/07(Tue) /
    間違えました…。
    ナショナルではなく、梨です。
    失礼しました(^_^;)
    lovekuma69さん / 2010/12/07(Tue) /
    > あいさん
    柿もカリカリしたのが苦手で、ワザワザ熟させてやわらかくなったのをたまに食べていました。
    みずみずしいとか、歯ざわり爽快とかが、果物に関しては苦手なへそ曲がりさんです!
    サカキシンイチロウさん / 2010/12/07(Tue) /
    ナショナル!
    > lovekuma69さん
    予想変換でたまにとんでもない単語を確定させちゃうことってありますよね…。
    和ナショナル。
    洋ナショナル。
    なかなか趣深いです。

    りんごも日本のシャキシャキしたのは苦手です。
    昔、あったボスボスした感じの、インドりんご系の…。
    あれは好きでしたね。
    サカキシンイチロウさん / 2010/12/07(Tue) /
    朝食
    今朝たまたまこのグランスタダイニングで朝ごはん食べたとこです!
    といっても牛タンじゃなくお寿司屋さんですが(^_^;)

    前にあったうず潮さんの回転朝食のほうが好きだなあと言うのが今朝に関しては正直なところ。

    今度は是非利久さんで朝ごはん食べたいものです(^O^)
    setsunaさん / 2010/12/07(Tue) /
    寿司朝食
    > setsunaさん
    寿司清さんですよね。
    全店、朝食を提供するのが出店条件だったようで、朝食メニューを開発するのに難儀したお店もあるようです。
    うず潮の回転朝食。
    急いでいるときには便利だったのに、ちょっと残念ですよね。
    サカキシンイチロウさん / 2010/12/07(Tue) /
    クリスマスツリーの日の朝のコト HOME 炊き込み弁当
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]