忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    お昼を長崎飯園にくる…、秋葉原。
    nhen.jpg1時を過ぎたこのお店。
    ランチのピークにたのめぬ料理がいくつかたのめるようになってる。
    チャーハンや、玉子を肉やエビと炒めてご飯にのっける、かけご飯のような商品。
    それもおいしい。
    たまにはいつもと違ったモノをたのんでみようかと思いもするけど、結局たのんでしまうのは、皿うどんか長崎ちゃんぽん。
    他のみんなも同じ気持ちでやってくるんでしょう。
    ご飯の料理が提供されるのをみたことはなく、みんなの目当てはちゃんぽん、それから皿うどん…、専門店はそれでいいんだって思ったりする。

    3d72535b.jpg昼は食券を買うのですネ。
    入り口横の目立たぬ場所に食券販売機が置かれてて、夜はそこに布がペロンとかけられている。
    昭和のお茶の間に置かれてたテレビが使わぬときにはレースやゴブラン織りのカバーがかかっていたのとおんなじ感じ。
    だから昼に初めて来た人は、食券を買わずにテーブルに座ってしまう。
    食券買って下さいネ…、ってオバサンにやさしく言われて頭をかきつつ立ち上がる。
    昼の休みも終わった時間というのに、次々、お客様がやってくる。
    そして何度も食券買ってって言われているのに、なんだかニッコリ…、オモシロイ。

    ちょっと時間がかかります。
    厨房の中でおじさんが、ひとりで鍋をふっているから。
    夜もおんなじおじさんひとり。
    昔、夜に大食いばかりでやってきてあまりにたくさんのモノを注文したらば、「ゴメンね、腕が痛くてもう作れない」って叱られたコトがありました(笑)。
    ランチで一杯、腕を使ってすっかり疲れてしまっているでしょう。
    でもがんばって…、とノンビリ待ちます。

    いつもは太い麺で作ってもらう皿うどん。
    今日は極細、揚げ麺で作ってもらうコトにした。
    昔、田舎にいた頃に、お休みの昼によく作ってた「みろくや製」の皿うどん。
    油の中に乾燥麺を入れるとブワッと膨らんで、何倍もの大きさになって仕上がるのがたのしくて、皿うどんを作るよぉ…、って言った途端に子供たち。
    みんながキッチンに集まって、ニコニコしながら見てたのちょっと思い出す。

    e2dd36b7.jpg太い麺と違って細麺。
    サクサク歯応え騒々しくて、けれど口に一旦入ると野菜に紛れてなりを潜める。
    麺を食べてる感じがしない。
    むしろとろみのついた、野菜炒めを食べてる感じ。
    油の風味は香ばしい。
    ザクザク野菜がもたぬ食感たのしくはある。
    けれどそれは例えばサラダに入れるクルトンや、アジア料理の揚げ春雨のような役割。
    あくまで主役はキャベツやもやしでございます…、って控え目なのがたのしいところ。

    そのうちユックリ、麺がとろみを含んでやわかくなる。
    するとますます野菜と区別がつかなくなてぇく…、オモシロイ。
    けれどもっとオモシロイのが、とろみのついた麺をめくれば下にはカサカサ乾いて揚がった麺が隠れて、顔を出す。
    最後は結局、とろみまみれのやわらか麺に成り果てて終わるんだけど、いろんな食感楽しめるのが、ウレシたのしいオモシロイ。

    野菜タップリ、イカゲソにエビ。
    挽き肉まとめた肉団子。
    それにいろんな鳴り物類。
    いろんな具材のうま味がひとつにまとまりあって、とても複雑、濃厚な味。
    うん、うまいって思ってすかさずウスターソース。
    おいしいんだからそのまましばらく味わえばよさそうなモノ。
    けれど長崎皿うどん。
    ウスターソースをかけてはじめて味が完成するように出来てるようにボクは感じる。
    酸味、甘味に風味に辛味。
    ウスターソースは備えたそうした味が、豚骨ベースのスープの味をサッパリさせつつ、奥行き感じる深みを作る。
    パリパリサクサク、シャキシャキカリシャク野菜をタップリお腹にいれて、軽くお腹が満たされる…、さてさて仕事といたします。
     

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ジュウガツムイカ HOME アサニオモウアサ
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]