忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    10 2019/11 12
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    九段下で気になっていた中国料理のお店でお昼。

    c17eccef.jpeg「三希房」という店で新顔の上、小さいけれど実力派…、ってかなり評判が高い店。
    そもそもココをやっている人。
    神田で「雲林」という知る人ぞ知る名店を経営しているなかなかのシェフ。
    素材使いが独創的で、しかも仕事が丁寧で。
    上海料理をメインとしながら、中国各地の料理を効果的にくわえつつ、味の洪水に翻弄されるようなコースが得意な人。
    その経験で気軽なお店を作りたい。
    と、そういうことでできたお店で四川料理がメインとなってる。

    九段下から神保町にかけてのエリアは、実は実力派中国料理のメッカでして、例えば昔からある新世界菜館だったり、この近所にある全家福。
    そのそれぞれが、高級な店から大衆的な店まで多彩な多店化展開をしている地域で、かなり激しい競争の中で、それでも着実におなじみさんを作ってる。
    どんなお店か。
    ワクワクしながらやってくる。

    落ち着いた店。
    カウンターと掘り炬燵式のお座敷席に分かれてて、カウンターの前には厨房。
    中で次々料理が作られている臨場感が満点で、そこをもらって料理を待った。
    冷たいお茶が入ったポットと氷のグラス。
    自家製の冷烏龍茶がとてもおいしく、飲むとすすっと汗が引く。

    まずはここの名物のコレ。

    24b45540.jpeg麻婆豆腐。
    四川スタイルのビリビリ、山椒が効いてる辛いタイプのモノで、ゴロンゴロンと赤唐辛子が入ってる。
    赤い油がツヤツヤしてて、匂いを嗅ぐともう辛い。
    おそるおそる一口食べる。
    たしかに辛い。
    思った通りに辛いのだけど、痺れがあまり強くない。
    激辛麻婆豆腐を売りにしたお店のこれは、舌が汗かくほどにタップリ山椒を入れて、味覚がしびれてしまうモノが結構多い。
    その痺れをたのしむ人にはいいのだけれど、他の料理を食べると味がわからなくなる。
    けれどここのは痺れはほのかに最小限。
    スキッと辛くて食べてるうちに、徐々に甘みを感じるおいしさ。
    食べやすく、しかも適度に汗をかく。
    しっかり水気を抜いた豆腐と、包丁で叩いて作ったひき肉の異なる食感がとてもたのしく、かなりゴージャス…、食べてたちまちオキニイリ。

    11305adf.jpegそれからもひとつ、今この時期のおすすめという冷坦々麺をたのんで食べる。
    坦々麺にスッキリスープとクリーミースープの2つがあるように、冷坦々麺にも同じく二種類。
    けれどなかなかクリーミータイムのモノでおいしいのにめぐり合わない。
    ココのは見た目はクリーミー。
    さてどうかしら…、と食べてみたらば、びっくらこいた!

    旨い!
    キリッと冷たくけれどスープのコクがまるで壊れていない。
    ナッツと胡麻がクリーミーで、とろみさえありそれが麺にコッテリからむ。
    からんだ麺はシャキッと見事に冷やされていて、プルプル、しかも噛むとザクザク歯ごたえがある。
    ひき肉、ネギ、モヤシに干したエビとあれこれ、具材もタップリ。
    ズルズルプルンと食べ続けると、酸味がスキッと後味になる。
    ボクが知る限り、最高クラスの冷坦々麺。
    これだけ食べにワザワザここに来てもいいかも…、って思ってしまう、オゴチソウ。

    bdd954a2.jpegこの坦々麺にはメインの料理とサラダ、小さなご飯がつく。
    メインの料理は日替わりで、今日はエビとカボチャの炒め物。
    オイスターソースでコッテリとした味わいにして、坦々麺の辛味をほどよく引き立てる。
    ブリブリとしたエビの扱いすばらしく、ニンニクの茎が風味豊かでシャキシャキ旨い。
    このお料理も酸味がスキッと後味になり、食べれば食べるほど食欲湧いてくるこの季節にはとてもうれしい味わいのモノ。

    麻婆豆腐にはシュウマイがつく。
    これもプチュンと手作りで、帆立の味がドッシリとしたうま味見事なおいしい出来栄え。
    ここのお料理…、すばらしい。
    メリハリがあり、料理同士の組み合わせ方もとても的確、感心す。

    それにしても繁盛店なのでありましょう。
    12時ちょっと前あたりから、続々、お客様がやってくる。
    気づけば行列。
    15人前後の人が常時待ってる状態になる。
    しかもとってもステキなのが、おじさんたちが多いこと。
    ランチタイムの「おいしい、けれどちょっと贅沢」系のお店は女子天国であるというのがほとんどなのが今の日本の当たり前。
    けれどココは半分半分くらいでしょうか。
    男の人の割合がかなり多くて、なんだかほっとさせてもらえる。
    力強くてお腹にたまる中国料理のお店だからってコトが大きいかもしれないですね…、このお店、近所にあったら入り浸ってしまうかもって思ったりした、また来よう。



    関連ランキング:中華料理 | 九段下駅神保町駅飯田橋駅

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    無題
    私は担々麺を食べたコトがありません。
    このお店、行ってみたいですo(^▽^)o
    lovekuma69さん / 2011/07/06(Wed) /
    坦々麺ツアー
    > lovekuma69さん
    ココの坦々麺もいいですが、とてもオーソドックスな坦々麺からちょっと変わった坦々麺まで。
    一度、坦々麺ツアーをいたしましょうぞ。
    サカキシンイチロウさん / 2011/07/06(Wed) /
    家で弁当、夜のこと HOME イリーデモーニン
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]