忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2017/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    朝に使った大きなエビと一緒に売られてた親指大のエビがやすくってタップリ買えて、それを使って卵焼き。

    dda7b087.jpegまずは車麸をお水に浸して戻しておいて、それをギュギュッと水気を絞る。
    よぉく溶いた玉子に出汁。
    それから塩をパラリとほどこし、そこにお麩を漬け込んでおく。

    エビを焼きます。
    こんがりと。
    一緒に白いネギを刻んだモノをパラリと風味をつけて、ココでかるく塩胡椒。
    お麩と一緒に玉子を流し、ユックリ、ジックリ熱を通して煎り卵状にしていくと、沖縄のフーチャンプルーと中国のえびたまのイイトコどりの料理ができる。

    プリプリとしたエビの食感。
    ムッチリとした麸の食感に、フックラとした玉子の食感。
    どこを食べてもエビのうま味がするのがたのしく、焦げたネギがほどよき香りのアクセント。

    豆がついたまんまのもやしを、よぉく洗ってシャキシャキさせておいたのをほんの少々。
    油をひいたフライパンを強火で熱し、そこにジャジャっとぶち込み麺つゆ少々。
    輪切りの赤唐辛子をパラリといれて、蓋をし蒸し焼き。
    バチバチ、もやしがはぜる音がしなくなったら蓋開ける。
    もうもう蒸気が出てくるところを豪快に、鍋を動かし水気を飛ばして出来上がり。
    シャキシャキ食感たのしくて、豆がコツコツ奥歯を叩く。
    リズミカルにしてみずみずしくて、しかもおいしいオゴチソウ。
    99d562a8.jpegそれからもう一品…、蕪の出汁漬け。
    皮を剥いた蕪を切り分け、軽く塩もみ…、水洗いしたのを出汁を水で薄めたところに漬け込んだだけのモノ。
    赤唐辛子を入れると出汁の風味や味がキリッとしまり、一緒にみょうがを漬け込んでハーブな香りを蕪にうつしておいしくさせる。
    コリコリしてて、しかもしんなり、クシャッと潰れて蕪独特のくぐもったような香りと出汁の風味が口に広がっていく…、今の季節の味がする。


    友だちから昨日もらったジャガイモを、使って一品。

    aee38442.jpegいくつか種類がある中から皮が赤いのを、よぉく洗って、皮のままふかして食べるコトにしてみる。
    歪んだラグビーボールのような形をしている。
    そういえば、昔のジャガイモにはこんな色のがよくあった。
    アメリカに行くと色とりどりのジャガイモがある。
    白いの黒いの茶色いの。
    緑のだったり、紫、そして真っ赤なモノとか。
    形もサイズも多彩で味や風味もそれぞれ多彩で多様。
    ジャガイモだけじゃなくて野菜は多種多様。
    なのに日本の野菜は絶望的なほどに画一的でなんだか、平均的で標準的を好む日本の教育スタイルを感じたりする。
    こうしたお芋はボクらのようでなんだかウレシイ。
    ストンストンと切り分けて、調味料も使わずそのまま試しに一口。
    皮に近いところは甘くて芯に向かって行くに従いスッキリとしたうま味を発する、これはおいしい。
    料理するがもったいなくて茹でた菜花とお皿にもってハフハフ食べる…、オゴチソウ。


    ただただ馬鹿らしいアメリカ的なる動画を発見…、強力ブレンダーのメーカーとして有名な「Bledtec社」の社長がただただタブレット端末を粉砕してみせるという内容。



    この人、自社のブレンダーのプロモーションとして、ありとあらゆるものを粉砕してみせるので有名で、最近はiPhoneが新世代になるたび突っ込んで話題になってる。
    今回は7インチ級のタブレットを同時にミキサーにかけて比較するという趣向で、そのままじゃぁ、ブレンダーに入らないから躊躇なくタブレットをメリメリ、折ってしまうところから始まるんだけど、まぁ、たのしそう。
    粉砕しはじめると満面の笑みでご満悦げにカメラ目線になるとこが、この人、自分ちのブレンダーが好きで好きでしょうがないんだろうなぁって思わせ、笑っちゃう。
    ただこのブレンダー、フジテレビの番組「ほこ☓たて」では世界一硬い食品「鰹節」相手に負けを喫しています…、そのときの彼の哀しげな顔が今でも思い浮かびます(笑)。
     

    拍手[9回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    サーモンバーガー HOME シルク・ドゥ・ソレイユ
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]