忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    映画を觀ます…、「シルクドソレイユ・彼方からの物語」。
    シルクドソレイユがラスベガスのカジノホテルの常設シアターで、現在演じている数あるショーの中から、見所をかいつまんで一本の映画にした…、という、半ばドキュメンターリーな映画。
    そもそも、彼らのパフォーマンスの見事なコトは折り紙ずみ。
    cirque.jpegかつて年に数回、ラスベガスにいくのが恒例になってたことがあったボク…、ギャンブルなんかには目もくれず、毎日、彼らのショーを観るのが目的だった。
    同じ演目を何度も何度もみるのだけれど、飽きることなく何回観ても涙がでるほど感動できる。
    大掛かりな舞台装置と、コンピューターで制御された仕掛けのスゴさもあるけれど、生身の人が目の前で驚くべきコトが当たり前のように繰り広げられる。
    それも極めて淡々と。
    衣装や音楽、そして観ている観客の心拍数までがひとつになってはじめて完成する芸術。
    体を使って演ずるオペラ…、そんな感じがたまらなく好き。

    cirq.jpgで、この映画。
    ステージでは観ることができないアングルや舞台裏。
    演者の表情なんかを観ることができてオモシロクはある。
    だってシンクロナイズドスイミングとサーカスを融合させた「O」って作品のシーンなんて、水の中でも顔が演技をしていたりする。
    スゴいなぁ…、って思いはするけど、ちょっと消化不良でござった。

    もしかしたらこの映画を撮った人って、シルク・ドゥ・ソレイユって言う舞台があんまりすきじゃないのかもしれないなぁ…、って思ってしまうほど残酷に、芸術的なるベイルを剥がして「技」であるとか「汗」であるとかに近づいていく。
    シルク・ドゥ・ソレイユというビジネスモデルに救われるスポーツ選手って一杯いるに違いない。
    オリンピックでは食えなかった人たちが、シルクドソレイユでなら自分の得意と経験で、シアワセに生活できるようになるんだって思うとそれもステキでそれが一番の見所かもね…、と思いもします。

    それにしてもスクリーンの隅々を満たすパフォーマーの、どの筋肉もが決してボンヤリしてないんです。
    ボクの贅肉はいつもボンヤリしているのにネ(笑)。
    ひさしぶりに観に行きたいなぁ…、ボクが観たことのないショーもいくつか紹介されてて、待ってろ、近々行ってやるぜよ、ラスベガス!って思ったりした、オキニイリ。

    トレーラーを見返すと、また観たくなる映画でもある、このトレーラー自体の出来もいいからなのかもしれません…。



    ちなみにこの映画、珍しいことに全米公開に先駆けて日本において世界最速公開というコトになったんだという。
    アメリカでは12月21日公開だからホリデームービーの目玉というコトになるんでしょうか…、実はシルクドソレイユの日本公演が今年めでたく20周年。
    それを記念してというコトらしい…、なんだか特別ウレシク感じる。

    ところで映画館つながりで、スゴくたのしいキャンペーンの動画を一本。
    007シリーズの最新作「Skyfall」とタイアップした、ソニエリのサプライズプロモーションで、まず封切週の週末2日間、映画館に来た観客全員にソニーのロゴの入った炭酸飲料入りのカップを手渡すところからはじまるんだけど…。



    実はこのカップの中に、ソニエリの完全防水のエクスペリアの新商品が入ってるものが混じってるってコトが、上映前のスクリーンに表示される。
    ええってシアター内がざわめくと同時に着信音がそこここからなり、あたった人はそれをそのまま持って帰れるという趣向。
    飲んでたジュースの中に携帯を入れとくなんて、不潔じゃないかって怒る人なんてまずいない。
    劇場の盛り上がり具合がスゴくって、いいキャンペーン…、防水性能がアピールできてしかもこの場所に居合わせた人の口コミのコトを考えるなら、効果甚大。
    日本じゃできないんでしょうねぇ…、世界のソニーはかっこ良く、日本のソニーはなんだかちょっと微妙な感じと思いもしました、悩ましい。
     

    拍手[5回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    シルク
    ボクもこの映画絶対観ようと思ってます!シルク~の舞台観ると自分も必ず泣きますもん。
    サカキさんの評価がイマイチなのが、ちょっと気になりますが。。。
    007も期待してる映画の1つ。
    こちらは日本公開が遅めですよね~
    オレンジさん / 2012/11/11(Sun) /
    泣きましたけど…(笑)
    > オレンジさん
    シルク・ドゥ・ソレイユ好きなボクは泣きましたよ。
    「O」のステージの始まりのシーンでだだだだっ!と(笑)。
    映画としては未熟。
    けれど、シルク・ドゥ・ソレイユの世界の福音書的に考えればスゴくよくできています。
    是非、IMAXシアターでご覧を。
    引きこまれます。
    サカキシンイチロウさん / 2012/11/11(Sun) /
    行ってきま~す
    今、成田です。ラスベガスでミスティアを観てきますね。
    サカキさんが、シルクファンで嬉しいです。
    帰ってきたら、12月に品川公演のチケット取りました。うっかりしたい気分です。行ってきま~す。
    うりさん / 2012/11/13(Tue) /
    たのしんで!
    > うりさん
    いいなぁ…、ラスベガス。
    ボクの分までたのしんできてくださいね!
    サカキシンイチロウさん / 2012/11/13(Tue) /
    雨の夜 HOME 午前中
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]