忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 06
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    05 2017/06 07
    S M T W T F S
    1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    土曜日の朝のサンドイッチを作る今朝…、今日のテーマはシーフード。



    茹でたエビとスモークサーモンがメインの具材。パンを軽くトーストをして、そこにそれらを並べるためのベッドにしましょと玉子を焼いた。
    甘い味付けでフックラ焼いた玉子の上に、エビを並べてサラダ用のほうれん草を敷き詰めたらば、スモークサーモンで蓋をする。
    芥子マヨネーズとほんの少しのケチャップで風味と甘味をくわえてパンをのっけたところでザクッと切り分け出来上がり。
    ムチュンと歯切れるエビの食感、ねっとりとした鮭の旨味と脂の風味がとてもゴージャス…、朝の気持ちが贅沢になるオゴチソウ。

    伊勢丹の地下のイベントコーナー…、地方名産品の売り場にあった日の出製麺の生のうどんを買って昨夜の夜食といたします。



    八割研磨という限定数しかつくらぬうどんが、たまたまボクがいったときに、打ちたてのものが売り場にならび、思わず買った。
    小麦の8割までもを研磨して、芯の部分のたった二割の小麦粉で作ったうどん。
    なかなか手には入らぬ麺で、茹でる前はずっしり重たく、クッタリ手のひらに吸い付くようななめらかさ。
    一緒にイリコの香りがおいしい出汁ももらってぶっかけうどんに仕立ててく。



    12分ほど茹でましたか。お湯に放つと瞬間、まるで鉄の芯が入っているかと思うほどゴリッとかたまり、それがユックリ湯を含み膨らみふわりと鍋の中で踊るようになる。
    水に放ってよく揉む再び麺にハリがでて、色は飴色。丼に盛り出汁を絡めて竹輪の磯辺揚げ一本。ズルンと食べると、小麦の香りが鼻から抜けてムチッとなめらか。トゥルンと喉をかけおりていく。売店が出ているうちにも一度いって買わなくちゃって思ったりした。オゴチソウ。

    ところでこれ…、パンをおいしく焼くために生まれたトースターロボットの物語り的なるステキな動画。

    Addicted products: The story of Brad the Toaster from Simone Rebaudengo on Vimeo.


    ネットにつながれ、自分が思っていることを人や仲間の家電に伝えることができる世界が舞台。
    もしかしたら近い将来、こんな風にボクらの生活はなるかもしれないってまず設定がオモシロく、使われないで放置されるとさみしくなっちゃう気持ち描写がまたステキ。
    家にも長い間まるで使っていない家電や調理道具がたくさんあって、申し訳ないって思ったりした。出かけよう。

    拍手[6回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    わさびみたいなバターで潤う昼の腹 HOME さて、紅とん
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]