忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    07 2017/08 09
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    近所の「八竹」で寿司を買う。

    eeb37dff.jpeg刻んだ野菜やデンブを酢飯にタップリ混ぜて仕込んだバラ寿司を、甘い玉子焼きでふんわり包んだ茶巾寿司。
    で、この玉子焼きが独特で、噛むとブシュッと空気をタップリ吐き出すほどにふんわかしてて、しっとりでもあり。
    和菓子のようなやさしい食感。
    それに穴子とキュウリの中巻き。

    たのむとお店の人に、こう聞かれます。
    折り詰めにしましょうか?
    それとも普通に包むのでいいですか?…、って。
    お使い物にするときと、自分の家で食べるときで包み方を変えてくれる。
    しかも普通に包んでもらうだけだと、50円ほど安くなる。
    無駄なお金を使わせぬよう…、って、粋でステキなおもてなし。
    このお店。
    お使い物とか、あるいは会議や催し物のお弁当で10個、20個と買っていく人がかなりいて、そのほとんどが車で来る。
    駐車禁止の取り締まりがかなり厳しい昨今で、だから車で来た旨をお店の人に伝えれば、出来上がりまで車で待てる。
    出来たお弁当は、お店の人がわざわざ車に届けてくれる…、というサービス。

    至れり尽くせりなこんなもてなし。
    いろんなコトを勉強させてもらえるよい店。
    ありがたい。

    一緒にそば。

    生のそば。
    凍らせておけば一ヶ月くらいは持ちますよ…、って言われてそれで凍らせてみた。

    9d797ce4.jpeg一人前づつ小分けにし、袋に入れて口をギュッとしばってフリーザーの中にいれておく。
    ガチガチに固まったのを、そのままお湯で戻せばよい。
    茹で時間も生の麺と同じでいいです、そのかわり、お湯をいつもよりもタップリ、ガンガン、沸騰させてから入れてください。
    教えてもらったその通り、タップリのお湯。
    コンロも強火で、沸騰状態をずっと保てるようにして、それでポトンと麺、投入。

    固まっていた麺が、お湯の中で目を覚ますのが見て取れます。

    a96cc9e9.jpegコトコトカタカタ、お鍋の底で小刻みに体を動かし、ちょうど寒さに我慢できずに足踏みしながら体を温めようとしているみたいなさまがしばらく続いて、徐々に麺がほぐれてく。
    一旦、ほぐれはじめると泡にまみれて次々、麺が一筋、また一筋とお湯の中に放たれてゆく。

    麺の表面にしがみついてた粉がお湯にとけこんで、鍋の中がゆっくりとろみを帯びてくる。
    泡が大きくブクッとします。
    上から下に、中から外に、お鍋の中でお湯の大きな対流ができ、細かな泡に包まれた麺が踊るようにグルグル回る。
    麺の目覚め!
    …、とでもいいますから。
    3分ほどしてざるにとり、冷たい水でぬめりをとりつつ、シャキッとしめる。
    出来上がり。

    fda6a888.jpegちくわを細く切りきざみ、ネギとおかかをタップリのせてズルッとたぐる。
    確かに不思議。
    生の麺をゆでたのと、それほど変わらぬ見事なできばえ。
    風味はちょっとやさしくなるかもしれないです。
    けれど歯ごたえ。
    ムッチリとしてなめらかな喉越しといい、プチッと歯ぎれるときの弾力はもしかすると生のときよりちょっと上かもしれないなぁ…。
    凍らせるということ。
    保存するためだけじゃない、素材の性質を変えるちょっとした調理法のようでもあったりするんだ…、って、そんなことを思ったりした。
    また、勉強。


    ところでこれ。

    折り紙で鯉が折りあがっていくところを、ただただ撮って、ストップモーションフィルムのように編集したもの。
    やわらかです。
    うつくしいです。
    ステキです。


    THE MAKING OF AN ORIGAMI KOI from MABONA ORIGAMI on Vimeo.

    こうしたビデオ。
    どこかで見たことがあるような気がする。
    そういえば、折り紙の折り方を教えるためのビデオにとても良く似ていて、ただ違ってるのが手を写しこむのか写さないのかという部分だけ。
    手を写さなければ、自然と折りあがっていく不思議な画像になっていく。
    ちょっとした発想。
    ちょっとした工夫が、日常的にして当たり前のさまざまをアートに変える。
    なんだかとっても、面白い。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    魔のお誘い
    今冷蔵庫に、
    おすそ分けの焼きアナゴと
    買ってきたばかりの卵とキュウリが。
    この時間なのに。

    折り紙が着替えをしているように、とても有機的にやわらかですね。
    とここまで書いて、
    男子だとこういうのも
    トランスフォーマーに見えるのかしらと思ったり。
    たばきちさん / 2009/06/28(Sun) /
    トランスフォーマー
    > たばきちさん
    実は、トランスフォーマーの新しいの。
    川崎まで行って見てきました。
    IMAXシアターで、音も映像もバージョンアップということで、期待して行ったのですが、男の子っぽすぎてちょいとガチョンでありました。

    アナゴ、玉子焼き、きゅうりを千切りにしてちらし鮨風冷たい蕎麦。
    うまいですよぉ…。
    お新香があったら刻んで散らすのもありかと思います。
    サカキシンイチロウさん / 2009/06/28(Sun) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    バチバチソーダ HOME KFCのクラッシャーズ
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]