忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    07 2017/08 09
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    ドリアが食べたくなりまして…、自分で作ってみることにした。

    3cd72702.jpegちょっとズルをいたします。
    ご飯は炊きだめしといた冷凍ご飯を使う。
    チンして戻すとベッタリやわらか。
    だから凍ったままのをフライパンに入れ、バターを塗り塗り温める。
    中まで熱を通さなくても、後で焼いて仕上げてやるから別に構わず、固まった米粒同士がパラパラはなれて、フライパンの中を転がる程度で良し。
    塩をパラリとほどこして、半生バターライスができる。
    それをバターを塗ったベイカー皿に平たく敷きます。
    バターをタップリ使うと太る。
    そりゃ、分かってる…、けれど風味をなくした冷凍ご飯をおいしく生き返らせるためには必要なんだと心にムチを打ちながら、バターをタップリ(笑)。

    ベシャメルソースの代わりにキャンベルのクリームマッシュルームスープ。
    ミルクで伸ばしてスープにするのを、伸ばさずそのまま。
    ご飯の上に刻んだハムとみじん切りにした玉ねぎをちらしたところにタップリのっけてとろけるチーズで蓋をする。
    あとはオーブンに突っ込んで、表面コンガリ焦げるくらいまで焼きあげるだけ、最後にパラリとパセリ、パプリカふって仕上げる。
    コッテリ味で上のソースの部分だけを食べるとちょっと喉が渇く味…、けれどそれとご飯を混ぜるとほどよき味わい、いけちゃいます。

    58e2dca1.jpegただ半分ほど食べたところでちょっと飽きがきてしまう。
    スープにすればサラリとお腹の中に流れこむからあまり気にはならないんだけどマッシュルームの香りと味がちょっと強くて、どうしよう…。
    毒をもって毒を制すがいいんじゃないかとハタと気づいて再び缶詰開けることにした。

    ビーフシチューの缶詰で、母がまとめて送ってくれたの。
    有名ホテルのシチューでござる。
    特別なときにでも開けようか…、と、とっておいたけど、特別の機会なんてなかなかあるもんじゃなくてずっと残ってしまう。
    それで今日。
    パカッと蓋開け、お鍋に移す。
    一人前には少なめのお上品なボリューム感がドリアのサイドにして食べるには、ちょうどよさげでニンマリします。
    缶詰独特のスパイス臭をなんとか封じこめようと、ココでもバター。
    それとレモンをほんの少々しぼって一旦、沸騰させる。
    トロンとドリアの器にそれをかけまわし、ハフっと食べると、うん、旨いです。
    ホロホロ、スプーンの背中で崩れる肉も上等。
    ベビーキャロットやジャガイモ、マッシュルームがゴロゴロ具だくさんにて、ドリアの味に深みがでます。
    考えみれば、ドリアのソースも缶詰で、ビーフシチューも缶詰という缶詰ディナーに結局なった。
    冷凍でもなくレトルトでもない、古株保存食品の地味な印象もってる缶詰。
    にもかかわらず便利な上に、使い方次第ではおいしい料理のベースをなしてくれるたのしさ…、いいんじゃないかと思うなり。

    ところで…。

    c3b7afd9.jpeg数週間ほど前しきりに報道されてた、日本の家電メーカーの業績悪化を伝えるニュース。
    業績悪化というにはあまりにひどい現実。
    だって赤字が何千億円とかって、本当にそれで大丈夫なの?って心配になる規模の悪化でありますからして、このまま行ったらどうなるんだろう…、って。
    いろんな理由が説明されてる。
    消費の冷え込み。
    ほとんどの製品、商品がもう行き渡って成熟しちゃった。
    新興国のロープライス商品が日本の製品を駆逐している。
    何より目新しい新商品が出てこないからと、あらゆる角度からいろんな理由が言われてはいる。
    けれど、本当の理由はもしかしたらコレじゃないのか?って思い知らされる証拠が左の写真でござる。

    ビデオカメラにデジタルカメラ。
    ラジカセ。
    ラジオ。
    ウォークマン。
    ワープロ、それから電子辞書。
    オーディーセットにビデオレコーダー。
    CD、電卓、ビデオカセット、DVD。
    日本のメーカーが得意にしていたAV関係の製品や、小さくけれど高機能なあんなモノやらこんなモノ。
    それらすべてがiPhoneという小さな電話の中に収まる。
    専用機器なんて必要ないじゃん。
    小さくしかも便利でこれで十分じゃんって人があまりに多くなったコト=日本の家電メーカーの市場がなくなっちゃったというコトなのでしょう。
    この傾向ってこれからますます顕著になっていくんじゃないか。
    とりあえず、ポータブルゲームの世界が今や厄介なコトになってしまってきている…、次は何がなくなるんだろう、なんだかちょっとなやましくもあり、けれどしょうがないかと思ったりもする、しょうがない。

    最後にちょっと最近、オキニイリのiPhoneゲーム。



    「Snoticle」って言う、お馬鹿キャラクター系のゲームで横スクロールのシューティング系…、面倒なコトを考えずただただ邪魔者を消しながら前に進んでいってよねってシンプルゲームで時間つぶしにいい感じ。
    なによりプロモーションの動画のおとぼけ具合がまたたのしくて、しかも現在、無料でダウンロードできるキャンペーン期間でござる。
    こんなだからPSPなんてもう欲しくない症候群が蔓延するのでありましょう。
     

    拍手[1回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ひさびさベルクの朝のコト HOME おむす人の朝、スタバのお昼
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]