忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 04
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    03 2017/04 05
    S M T W T F S
    1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    夜、家でご飯をつくります。

    a2b066e8.jpeg炊飯器で炊いて作れるパエリアの素。
    本当にパエリアみたいになるんだろうか?って、そう思って買って作ってみる。
    説明書きには、固めに仕上げるのだったら生米を、洗わずそのまま使いなさい…、って書いてある。
    パエリア、リゾット。
    ヨーロッパ系の米料理は、洗わずそのまま炒めて炊いてが基本の基本。
    水で洗うとお米の中に水気が入って、でんぷん質が粘り気を出す。
    だからそのまま生米で、っていうのは理にもかなってる。

    炊飯釜に米を入れ、そこにパエリアの素を入れて上具をそっとのっける。
    鶏の胸肉、サーモンにタコ。
    パプリカ、それからチョリソを入れて蓋してパチンとスイッチ入れる。
    30分ほど。
    ピロリロリンとガムがマグマ大使を呼ぶような、笛の音がして炊きあがりすぐに蓋取り蒸気を逃がす。
    味をみたらば結構、良く出来。
    パエリアの味になっていて、米ほぐしながらパラパラさせる。
    そして再び蓋をして、20分ほどかけるとますますご飯がパラパラになる。
    お皿に盛って、オリーブオイルとレモンを使うと味に深みとコクがでる。
    さすがにおこげの香ばしさはない。
    お米の料理というよりも、ちょっと変わった炊き込みご飯。
    でもパラパラと口のすみずみ転げまわって、ホツホツ、奥歯をノックしながら壊れてく乾いたご飯の食感がとてもたのしい、悪くない。

    497598d9.jpegそれから豆腐のステーキを焼く。

    絹ごし豆腐に晒をまいて、まな板2枚で挟んで水気をしぼりだす。
    厚さが半分くらいになったら、小麦粉はたいてフライパン。
    植物油を多めにひいて、最初は弱火。
    フライパンに豆腐の六面をジャーっと押し付け壁を作ってそれから蒸し焼き。
    アルミホイルをかぶせて中までジックリ、やさしく火をいれる。
    表面カチッと。
    焦げ目が軽く付いてきたらば、強火でカリッと表面を焼く。
    箸で叩いてポンポン軽く乾いた音がしてきたら、それが中までシッカリ火が入った合図でそれで、お皿にうつす。
    刻んだネギ。
    ポン酢をタップリかけまわし、食べるとふんわり。
    外はカリッとやさしくおいしい。

    昔、ダイエットしたときに、豆腐やこんにゃくのステーキ作っては、これが本当のステーキだって思い込もうとがんばっていた(笑)。
    糸こんにゃくを茹でてポン酢をかけて、これがパスタなんだと気を紛らしもした。
    なんだかちょっとなつかしく、油の香りが豆腐の風味と一緒になると、甘い香りがやってくる。
    お腹が満足するよりも、気持ちが満足するオゴチソウ。

    8c826726.jpeg昼をサラダですませたことで、健康モードに火がついたのか、いつもはあまり買わぬ野菜を買ってみた。
    新ゴボウ。
    細めで中までやわらかで、土の香りがフワッと香るゴボウをたわしでよく洗う。
    皮を削らぬようにやさしく洗ったそれを、小口にタンタン、カットして胡麻の油で軽く炒める。
    そこに茹でこぼした細切りこんにゃくを入れ砂糖にお酒。
    そして醤油で味ととのえる。
    コトコト煮こんでアクをとり、落し蓋して弱火でコトコト。
    火を消ししばらく煮含める。
    食べる直前に再び胡麻の油を加えて強火で出汁を飛ばしつつ、お皿にうつして胡麻をタップリ。
    土の香りが鼻からぬける、カリリと奥歯にたのしいゴボウ。
    ゴボウの風味とうま味を吸い込むプルプルクニュクニュ、細切りこんにゃくのおだやかな味…、健康的な気持ちになった。

    パエリア用に買った鶏肉。
    半分つかって残りをグリル。
    バターをちょっと塗ったフライパンを弱火において、焼いては休ませまた焼いて、外はコンガリ、中ふっくらと焼いて仕上げる。
    今夜のご飯のテーマは健康…、そんな感じでニコッとなった。
    夜はビデオの鑑賞会!

    ところでちょっとたのしい動画。
    「うちの三姉妹」って言う、ブログ出身のアニメのいち場面。
    それと山口百恵の「絶体絶命」を絶妙のタイミングにてBGMにしてみたフィルムで、その合いっぷりにビックリしつつ、小笑いしました。



    山口百恵の歌の中でも感情表現がとても豊かで、しかも捨て台詞っぽい歌詞がポンポンついて出る。
    その台詞のひとつひとつに子供たちの仕草、表情がピタッとあっててこの歌のために作られたアニメじゃないの?って思っちゃうほど。
    こうして観ると、ボクらのまわりにはクリエーションの素材がこんなに沢山あって、それを気づくか気づかぬか、気づいてそれをモノにするのかしないのか。
    小さな違いが大きな違いになるんだなぁって思ったりした、週末の夜、さぁ、寝よう!

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    おうちブランチ、日曜日 HOME アメリカ的なる今日の昼
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]