忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 04
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    03 2017/04 05
    S M T W T F S
    1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    昼をパスタにして食べる。
    ナポリタン風のパスタを食べたい…、ってそう思い、トマトソースをまず仕込む。
    正統ナポリタンはケチャップだけでつくるもの、って思ってはいてけれど今日はなぜだかソースを仕込んでみたくなったから。

    2e1115c2.jpegトマトホールの缶詰め買って、実をきざむ。
    フライパンでオリーブオイルとニンニクあっため香りを出して、そこにみじんのオニオン投入。
    しんなり炒めて甘みをだして、トマト缶詰めザザッと入れる。
    小さな小口に切ったチョリソソーセージ。
    挽き肉がわりに入れて煮込んで旨みを引き出し、塩を少々。
    ローリエとパセリの茎をいれ風味をつけつつ煮込んでく。
    別にピーマン、たまねぎ切ってスタンバイ。
    麺を茹でます。
    通常の茹で時間から一分ひいてタイマーセットし、数字がどんどん小さくなっていくのに合わせて仕上げの作業に突き進む。
    残り2分でソースパンを火にかけて仕込んだソースをあたためる。
    あと1分でフライパンにオリーブオイル。
    タマネギ、ピーマンを軽く炒めて塩でちょっと下味つける。
    タイマーピピッ。
    麺をまずはフライパンで炒めて水気を吐き出させ、油の風味をパスタにのっける。
    油が麺をコーティングしてツヤツヤしたら、ソースと和えてパスタのゆで汁つかいつつ、タプンタプンとトロミをつける。
    お皿にうつしてパセリとチーズをタップリふりかけ、出来上がり。
    酸味、甘み、旨み、塩味、それから辛味。
    どれもすべてが見事にキリッとひきしまり、しかもバランス見事で旨い。
    ソースに入れたタマネギはトロンとなめらか、甘みタップリ。
    一方、後から入れたタマネギはシャキシャキ歯ごたえたのしくて、パセリの香りもお腹の中を爽やかにする。
    今年に入ってナンバーワンなナポリタンと自画自賛。

    80ae78f9.jpegサイドにサラダをつくります。
    ちぎったレタスとベイビーリーフ。
    ボウルにタップリ氷を入れて、そこに葉っぱと水を注いで洗いながらシャキッとさせる。
    葉っぱ野菜は水をシャキシャキ食べる食材…、だからおいしく冷たい水をゴクゴクまずは飲ませてサラダにすると、ただそれだけでおいしく感じる。
    水気をとってツナ缶あけて、漬けたオイルごとパカッとうつして軽くあえます。
    塩を少々。
    レモンと醤油を注いで軽くもみ込んで、野菜の洋風浅漬けみたいな風体にする。

    シャキシャキとした葉っぱにツナの油がまとわりついてぬんめり。
    唇、すべっと撫でる風情が色っぽく、魚の風味がおいしくたのしい。
    ベイビーリーフのハーブな香りや仄かな苦味が口をピリッと陽気にさせる。
    パスタにサラダ。
    バランスとれた昼となる。

    a7475b66.jpeg 夜、うどんを焼いた。
    お外でご飯をたべるのも、これだけ暑いとなんだかなぁ…、ってそれで冷蔵庫の中の整理をかねての調理。
    茹でた上方うどんの買い置きがあったモノでござりまして。
    今日、食べとかなきゃと冷蔵庫の中と相談してみるのだけど、普通のうどんにするための具材がほとんど目につかない。
    あるのはキャベツ。
    それから昼のスパゲティーで使い残したタマネギ、ピーマン、そしてハム。
    こりゃ、焼きうどんにするしかないなぁってそれでうどんを焼くコトにした。

    焼きそばと違って、焼きうどん。
    より太くってスベスベしてて、味をなかなか受け付けない麺を使って焼きあげるため、ちょっと工夫が必要になる。
    味の絡みをよくする工夫。
    麺は茹でずに電子レンジでチンします。
    具材はなるべく細く切る。
    特にキャベツは千切りにして、広島風のお好み焼きに使うようにしてスタンバイ。
    ハムにナルトにピーマンをフライパンで軽く炒めて、そこに麺。
    温めたうどんを放り込んだら油をちょっとかけまわし、そこに粉カツオ節をかけて麺をコーティングする。
    そこに千切りキャベツとスライスオニオン。
    入れたらそこに塩で下味ほどこして、ウスターソースをタップリかけて後は強火で水分飛ばして炒め上げ、最後にネギと胡椒を散らして出来上がり。
    ムッチリとしたうどんの麺がスベスベ、モチモチ、そばに比べてやさしい食感。
    千切りキャベツがタップリソースを吸い込んでうどんにからんで味わいシッカリ。
    シャキシャキとした歯ごたえもなかなかたのしい、オゴチソウ。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    ハッピーアベニュー HOME ニチアサンドにルービック
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]