忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 06
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    05 2017/06 07
    S M T W T F S
    1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    朝、ご飯を炊いてお腹を作る。

    926fd28e.jpeg昨日、twitterでフォロアーさんが「味噌汁で朝を迎える」ってつぶやいていて、そう言えば最近、味噌汁飲んでないかもって思ってそれでご飯を炊くことにした。
    別にパンで味噌汁飲んでもいいのかもしれないけれど、やっぱりご飯。
    それも炊き立て。
    具材はシンプルに豆腐とネギのがいいかなぁ…、なんて思ってそれで今朝。
    自動炊飯器が炊き上がった合図にあげる、ピロロロロンって電子音で目をさます。

    出汁をとり、豆腐をそこに落としてクツッと火を通す。
    ガシッと硬めの木綿豆腐。
    最近、豆腐といえば絹ごしばかりを食べていて、けれどたまには木綿豆腐もいいかなぁ…、と特にガッシリしたのを買った。
    手のひらの上で切ってポトンと落とす。
    田舎の白味噌。
    それから塩漬け昆布をキレイにあらって刻んでいれて、ミョウガをパラッと落としてひと煮立てして火をとまる。
    お椀にうつして、ネギをちらしてできあがり。
    ツルンと口にしのびこんでくる絹ごし豆腐とはまるで違った、プチュッと歯切れる木綿豆腐がなんだかちょっとなつかしい。
    昔、味噌汁にいれる豆腐は大抵、木綿。
    冷や奴さえ木綿豆腐だったような思い出がある。
    ミョウガしゃきしゃき、歯切れて香りを吐き出していく。

    08c41bcc.jpegご飯にあわせて玉子焼。
    タプタプ、腰をなくすくらいまで良く溶いた玉子を焼き器に少々、移しジュジュッとやいてはクルンとまるめる。
    鍋の向こうに玉子をまとめ、再びジュジュッと焼いてクルンと丸めていく…、をくりかえす。
    あらたな玉子液を焼き器にながしたら、すぐさま焼けた棒状玉子をもちあげて下に玉子をそっと流してくっつける。
    それに初めて成功したとき、じんわりウレシク感じたモノです。
    薄く層をなしてまとまる、玉子のかたまり。
    焼けてくうちにたんぱく質が焦げる匂いが鼻をくすぐる。
    朝がやってきた匂い。

    塩と砂糖でしっかり下味、つけて焼く。
    だから何もかけずにそのままいける。
    一口食べるとフワッと玉子のうま味が口に広がっていく…、ご飯をパクッ!シアワセだ。

    鮭を焼きます。
    分厚い切り身の、甘塩タイプ。
    グリラーの中で魚が焼けてく匂いのシアワセなコト…、なんだかうれしい。
    これも日本の朝の匂いだなぁ…、ってニッコリしてくる。
    味噌の匂いや炊けたご飯のムワッとすえた匂いが混じる、日本の朝の香りは多彩。
    自分の脂でカリッと焼けた、鮭の表面、香ばしく、はらすのトコロはこの上もなくシットリしてる。
    みばなれもよく、何よりご飯がすすむオゴチソウ。

    d3dfb48a.jpegご飯のお供をつくりましょうか…、と、それでオクラを軽く蒸す。
    フライパンにお皿をおいて水をうっすらはって火をつけ、2分ほど。
    ザルにとって冷たい水をかけて色留め。
    刻んでそこにミョウガをパラッ。
    梅干しの実をたたいてペースト状にして、それらをまぜてほんの少々、出汁醤油。
    緑と赤が鮮やかな、朝のご飯のお供がひとつ、できあがり。

    コリとオクラの表面のはざわりたしか。
    噛むとトロトロ、粘り気を出しご飯と一緒に混じって旨い。
    梅の酸味と醤油のうま味。
    ミョウガの香りがハーブのようで、どんどんご飯がすすんでしまう、うれしい悲鳴のおいしい一品。
    香りさわやか。
    納豆だったりめかぶと違って、とろみもやさしく歯切れいいのがありがたい。
    気づけばお茶わん空っぽで、ご飯をおかわり、腹いっぱいがウレシクできる。
    今日はお昼を食べなくってもいいかしらん…、なんて思った朝のコト。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    美味しそう!
    読みながら、ふと気づきました。
    私は米国に来てから、一度もごはん+お味噌汁の朝食を食べておりません!
    作らない自分が悪いんですが。

    とっても美味しそうで、ドキドキします。
    それにしてもサカキさんの写真も、文章も、どうしてこんなに臨場感に溢れているのでしょう。
    香りも感じられそうですよ・・・。
    オクラ、好物ではないのですが サカキさんのブログを読んでいると「オクラ、食べられそう。」って思っちゃうんですよね・・・。
    私の超偏食を矯正出来るのは、サカキさん以外にいないのでは・・・と思います。
    本当に美味しそうなブログに感謝しています。
    ねえねえさん / 2010/06/21(Mon) /
    おみそ汁
    > ねえねえさん
    おみそ汁って材料さえあればとても簡単に作れる料理。
    けれど、作る習慣がないとなかなか作る機会に恵まれない料理でもありますよね。
    お外で定食を食べると、ほとんどの場合ついてきてくれて、それでありがたみをなくしている料理でもあるかなぁ…、なんて昨日、ひさしぶりに作りながら思いました。
    ボクも案外偏食気味で、自分の好きなモノばかり食べてしまう傾向がある。
    なるべくいつもかわない食材を買ってみようと最近、心がけておりますです。
    サカキシンイチロウさん / 2010/06/21(Mon) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    ご近所ご飯で昼とする HOME 家で居酒屋的な夜
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]