忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    近所でお昼。

    n.jpg朝のご飯をタップリ食べて、だからお昼は食べなくってもいいかもしれないなぁ…、って食事を食べた直後は思った。
    けれど時間がたつとお腹が空いて、昼、何しようと考えてしまう。
    生きているってスゴイこと(笑)。
    友人さそって、家の近所の南昌飯店で中国料理にすることにした。

    四谷三丁目という街で、かなりの繁盛店のひとつがココ。
    それも近所の人たちが、自分の家の食堂みたいな雰囲気で気軽に使っているお店。
    平日の夜は大抵満員。
    かといって予約をしてまでくるような気取りはなくて、次々、やってくるお客様のためみんなが席を譲り合い不思議とみんながどこかにおさまる。
    さすがに日曜日の昼。
    それもちょっと遅めの時間はユルユルで、けれどお店の一番奥では常連のおじさんたちが紹興酒をのみつつお店のおばさんと会話をたのしむ。
    べービーカーを押してきた、これもオナジミさんなんでしょう。
    「あら、しばらくみないうちに大きくなって…」って、お店の人が覗き込む。
    えぇ、もう9ヶ月、早いですワっておかぁさんが笑顔でこたえる。
    そういやコノ店。
    お店で働く人はずっとかわらずおんなじ人たち。
    曜日、曜日で顔ぶれ変わりはするけれど、いつもおんなじ。
    だから何度か通うと、すぐオナジミさんにさせてもらえる。
    チェーン店なんかだと、せっかくお店の人と知り合いになった途端にその人が異動したり辞めちゃったりと哀しい気持ちになっちゃったりする。
    街にやさしく溶け込むお店って本当にうれしい、ありがたい。

    f1b84a26.jpegさて、オナジミさんにやさしい定食…、日替わりランチと言いながら、昼夜かかわらずいつもたのめるオススメ商品。
    二種類あって、ひとつが八宝菜、もうひとつが鶏唐揚げでやっぱり唐揚げ定食にする。
    デブの素…、とわかってはいてもやっぱり食べたい。
    しかもココの唐揚げは、フンワリしててフカフカホコホコ。
    玉子の白身をぶつ切り鶏肉にもみ込んで、粉をまぶして揚げるから本当にフックラ。
    刻み野菜の上にそれをのっけて、熱した甘酢のタレをジャジャッとかけ回したの。
    しかもココのタレにはオレンジジュースが混じってて柑橘っぽい香りと甘味がとてもやさしい。
    しゃぶしゃぶのタレなんかにも、グレープフルーツやオレンジを搾って入れると酸味が丸まり味がまろやかになるのであります。
    おぼえとこ。
    春雨や刻んだ押し豆腐で作った酢モノがサイドについてて、専門店風でちょっと得した感じになれる。

    それから餃子。
    注文してからひとつひとつくるんでくれる、だから噛むとジュワッと肉汁飛び出してくるオキニイリのコレ。
    ツルンとした皮、八角、五香がほのかに香る中国的なる風味が旨い。
    コロンと丸い形も独特。
    男の口にはちょうど一口分というのが、ありがたい。

    91825069.jpegそれから麺。
    なぜだか無性に食べたくなった、ジャァジャァ麺をたのんで食べる。
    なかなかおいしいジャァジャァ麺にであうことがあんまりなくて好きなんだけど滅多に食べぬ「中途半端」な味のお料理。
    冷たい麺に温かい肉味噌をかけて食べるという、だから温度が中途半端にぬるくなる。
    ちょっと甘めで味噌のうま味でつくられている辛くもなければ、酸っぱくもない味も不思議と中途半端で、どこで食べても一味たりぬと感じてしまう。
    この前食べたのって、どこでいつ?
    思い出そうとするけどまるで答えがでない、それほど久しぶりの選択で、ココでははじめて。

    タップリの麺、ドッシリとした肉味噌に千切りのネギにキュウリが並ぶ教科書的なる姿形。
    グルングルンと混ぜて全部を渾然一体とさせて食べるのが、おいしくこれを食べるコツ。
    上に下にとひっくり返し、混ぜ合わせそれでズルンといただきますれば、なかなかおいしい。
    麺が容赦なく冷やされてたからなんでしょう、ヌルサを感じぬ温度感。
    味噌の甘ったるさが控え目で、塩のうま味がビシッときいてる。
    なにより太めの麺がゴリゴリするほどの噛み応えがあり、食べててたのしい。
    小皿にとってお酢やラー油をたしながら、自分好みの味にしながら食べるとあっという間になくなった。
    ここのジャァジャァ麺ってもしかしたらばメッケモノ。

    b6086c63.jpegお腹一杯、部屋に帰る途中でコンビニに寄る。
    冷たいモノを買って帰って部屋で食べようと思った次第。
    セブンイレブンのオープン式の冷凍ケース。
    中に一個だけ、これを見つける。
    「ふんわりかき氷」っていう、カップに入ったかき氷。
    かき氷風の氷菓はたくさんあるけれど、そのほとんどがジャリジャリとした食感の味付き氷でしかないのですネ。
    けれどこれ。
    最初はガチガチ。
    けれどしばらくおいとくと、フワッと本当にかき氷風の食感になる。
    イチゴシロップの香りも強くて部屋中、イチゴの匂いになるほど。
    ちょっと酸っぱめ。
    食べると体の温度がひんやり下がってくるのがうれしく、ガツガツしたら頭がギーンと痛くなる。
    それもまた夏。
    オキニイリ。

    拍手[1回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    焼きリゾット的炒めご飯 HOME 日曜の朝の和なご飯
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]