忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 05
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    04 2017/05 06
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    夜に肉を家で焼く。
    実は先日、お誕生日のお祝いに…、と、尾崎牛をもらったのです。

    776f3df6.jpg宮崎にある尾崎畜産という会社。
    今、この日本で考えられる限りただしく、健康的に牛を育てている人たちが、自信をもって送り出してる見事な肉。
    特に赤身がキレイでおいしく、フランス料理のシェフがこぞって取り扱いたいと探し回っている肉だっていう。
    くれた人は今日訪れた、大福。をやってる御仁。

    みすじにロース。
    みすじはまるで赤い葉っぱに白い脂肪の葉脈が走る葉っぱのような姿。
    ロースは見事に熟成されてる。
    真空パックで凍らせてたのを、冷蔵庫の中で解凍、焼く準備。
    今日は今日にて、有機栽培で作られたという立派なパプリカもらって、それをサイドに仕立てて食べる。
    網でボウボウ、強火で焼きます。
    転がしながら、皮が完全に炭になってしまうまで焼ききったなら水にトポンと。
    手で撫でながら軽くこすると、皮がペロンとめくれてきれいなパプリカ色が蘇る。
    赤とオレンジ、香りも強くて少々手荒に扱っても、実が壊れないのがスゴいとこ。
    冷やして切って、塩を少々ほどこしてお皿に並べて、肉を焼きます。

    スキレットを温めそのまま、脂も塗らず、油も引かず。
    強火でガンガン、温めた鉄板の上に肉を置きそのままさわらず煙がでるまで片面を焼く。
    ヒックリ返して再びガンガン。
    そしてしばらく肉を休ませ、ほどよきサイズに切り分ける。

    1e43f373.JPG自分の脂で焦げ付かず、見事に焼けます。
    塩と胡椒を多めにほどこし、焼いてある間にそれが肉の中に入って旨みにかわる。
    サックリとした歯ごたえと、レアな肉の芯の部分がネットリ、ムッチリ。
    ヒヤッとしてて、酸味を帯びた旨みがギッシリ。
    顎にガッツリ、おいしい刺激が伝わって、沢山食べてもお腹にもたれぬスッキリとした味わいがある。
    脂の口溶けもサッパリしてて、食べ終わってもまだまだおかわりしたくなる。
    焼いたパプリカと一緒にエノキ。
    数日前に、レストランMのシェフに教えてもらった料理。
    オリーブオイルをひいたフライパンで、エノキをジックリ。
    最初は弱火で15分ほど。
    炒めていくとグチュグチュ水気が泡になり飛び出してきて、エノキがふた回りほど小さくなっていく。
    味が凝縮されていく合図でそこに塩パッパ。
    そしたら今度は強火にし、揚げるように炒めていくとコンガリ、色が黄金色にかわってそれで出来上がり。
    カリカリとした傘の食感、茎はクシュクシュ、歯ごたえたのしく香り豊かでまるでスルメを噛んでるみたいな強い旨味にウットリします。
    良き夜の糧…、アリガタイ。

    149b995b.jpgそれから今日のメインイベント。
    恵方巻きをカプリと頬張る。
    近所の大阪寿司のお店の八竹。
    数週間ほど前から、恵方巻きの予約をとってた。
    一週間程前に予約をして今日取りに行く。
    完全受注生産で、予定していた限定数も完売というめでたさで予約していたよかった、良かった、幸先が良い。
    北北西をむいて静かに無言で食べる。
    お祈りごとをしながらパクリと。

    かなり大きな巻き寿司で、完食するのに少々時間がかかります。
    だから、その分、いろんなコトを時間をかけてお願いできる。
    この太さ、この長さ分、神様を、独り占めできるなんてステキだなぁ…、って思ったりする。
    三つ葉にタケノコ。
    高野豆腐に卵焼き。
    どれも歯ごたえ独特で、シャリはフックラ。
    かなり太めであるけれど工場で量産されてる巻物と違って、口の中でパラッとしゃりがほぐれてちらかる、だから必要以上に満腹感に向かっていかない。
    ところどころに柚子の皮がしのびこんでて、それがクチュっと潰れて酸味と香りを発して消えて行くのがさわやかで、祈る気持ちも明るくなってく…、オゴチソウ。

    節分らしい動画を一本、貼っておきます。



    「でん六」って言う砂糖でまぶした豆菓子を、節分の豆まきに使ってはいかがですか?というキャンペーン。
    山形にある会社の名前も「デンロク」っていうお菓子屋さんが1971年からもう40年もずっと続けているらしく、毎年、毎年、今年の鬼のお面をデザインして発表をしてる。
    今年の鬼はこんな鬼!

    oni.jpgで、見ればわかると思いますけど、このデザインは赤塚不二夫。
    もう故人ですから、正確には彼の意志を継ぐプロダクションの作品というコトではありますけれど、記念すべき40作目。
    しかも去年の東北はいろんな厳しいコトがあり、そんなみんなに元気を出してと、天才バカボンのパパをモチーフにした鬼の顔。
    頭に巻いた鉢巻は、人と人との結びつきと、元気の象徴的なものとして描いてもらったのだという。

    もともと「鬼門封じ」のためにはじめた儀式。
    目には見えない悪霊を追い払うため、鬼門に向かって鬼のお面をつけた祈祷師が矛と盾をかざしたことが、転じて鬼を退治する祭りになったのだとも言う。
    鬼より怖い目に見えぬモノ。
    確かにそんなモノがボクらの周りに沢山ありますモノね。
    不安や誹謗、偏見、それから妬みに嫉み。
    笑顔でニッコリ、退治てくれよう桃太郎(笑)!

    ところで先に貼ったCMフィルム…、本当は今年のモノにしたかったんだけど、ヘンテコリンな歌と踊りのおちゃらけCMで、ボクはちょっと好きじゃなかった。
    これは2009年度版…、怪傑ゾロのような雰囲気が大人っぽくって音楽もいい。
    豆を食べると邪気をはらんだ暗い鬼がニコニコ明るい鬼に変身…、そして一言、「節分に愛を!」であります…、鬼にも愛をというコトでしょう。
    博愛主義はステキであります、明日からも笑顔でニッコリ、まいりましょう。
     

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    いつの間にやら
    全国区?だったりしますね~。恵方巻きを食べる習慣…。元々は、関西地区のみでひっそりと行われていた、余り目立たない風習だったはず…。
    りりこりあさん / 2012/02/04(Sat) /
    もともと
    > りりこりあさん
    四国は香川県でひっそりと始まった風習のように聞いたことがあります。
    1月の正月疲れした消費に元気一発というコトでひろがったんでしょうね。
    大人の事情で切ないです。
    サカキシンイチロウさん / 2012/02/04(Sat) /
    のりまき
    節分にのり巻きを食べる週間はないのですが、海苔巻きの話題が多く出るので、思い出して作ることが多いです。かぶりつきはしませんが・・・。のり巻きっておいしいですよね。
    パプリカはお水につけないで、蒸らして皮をむくのが我が家のお気に入りです。料理の方法って、その家ごとにちょっとずつ違いますよね。そういうのを見るのも結構好きです。
    ぴんさん / 2012/02/05(Sun) /
    水に付けずに
    > ぴんさん
    本当はそうなんですよね…、蒸らして冷ましてから剥く。
    その方が時間はかかるけれど、甘みがでてきてトロンとなってくるのですよね。
    この日はそんな我慢も出来ず、腹ペコに負けて水で洗ってしまいました(笑)。
    焼いたパプリカを冷蔵庫の中で一晩寝かせると、得も言えぬ食感、味わいのゴチソウにもなりますね。
    サカキシンイチロウさん / 2012/02/05(Sun) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    ハンサムサンドの土曜日の朝 HOME 野田とそれから柏の葉
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]