忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    07 2017/08 09
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    土曜日の朝、サンドイッチの今日も朝。

    759a3fe7.jpg10枚切りの大きな食パン。
    薄さは合格、けれど耳が分厚くできててトーストするとそこだけ水気が残ってしまう。
    モッチリ、バサバサ。
    食感重たく、だから耳をスパっと切ってハンサムサンドに仕上げましょう…、と。
    ちょっと贅沢いたします。

    まずはトースト。
    ちょっと軽めに焼いておきます。
    水気をあまりとらぬよう、片面だけをこんがり焼いてたてかけしっかり乾かしておく。
    ナイフをいれる真ん中部分を避けてまずはマヨネーズ。
    薄切りキュウリ。
    それからハム。
    最後に薄焼き卵をのせて、同じく真ん中を避けてケチャップ、マヨネーズ。
    断面キレイに仕上げる工夫。
    パンで蓋してまずは耳をスパッ、スパッと切り落とす。
    一緒にハムやキュウリまでもが切り落とされて、ちょっともったいなく思う。
    でもこれもそれもおいしく食べる儀式でござる…、ナイフを当ててザクッと2つに切り分けてお皿にのせる。
    耳がない分、いつも以上に端正なこの断面にまずは惚れ惚れ。
    食べると具材の存在感が際立っていて、パンの食感がやさしい感じ。
    いつもはいかに、耳が主張をしていたのかってわかってビックリ…、オゴチソウ。

    コンビニエンスストアで買ったちょっとオキニイリの新作ドリンク。

    koiwai.jpg小岩井ブランドの季節商品。
    純水仕立ての桃の味。
    先日、サントリーのgokuriシリーズの桃ドリンクがおいしいって記事を書いたら、これもおいしいですよと。
    たしかに小岩井の純水仕立てシリーズは、どれもはずれがなくっておいしい。
    サラッとしてて、しかも味わい濃厚でなのに甘みは控え目。
    ジュースと言うより、果汁な感じ。

    同じキリンが出してる「世界のキッチンからシリーズ」が、ひねくり回してどんどんへんてこりんな方に向かっていくのに対して、この純水シリーズはとても素直でなつかしい味を守ってる。
    これはどうかと飲んでみる。

    さすが純水仕立てであります。
    桃の香りがスクッと力強くてさわやか。
    gokuriの桃がピュレっぽいとろみがあって、果肉を感じ食感で、けれどこちらは果汁を感じる。
    ちょっと温度が上がると甘みが強調されて、ちょっと人工的なフレーバーが気になってくる。
    だから氷をグラスにタップリ。
    そこに注いでキリッと冷やす。
    そしてゴクッと飲むとスキッと香りが鼻から抜けていく。
    自然な味わい。
    気持ちがフッとおだやかになる、朝の体にピッタリくるようなオキニイリ。

    ついでにオキニナリな感じのインテリア小物をひとつご紹介。
    lamps.jpgLampe Waaf」って名前のランプ。

    質感、色合いの異なる板を貼りあわせて作った合板を組み合わせ作ったランプ。
    ワンコの形をしていてカワイイ。
    頭、胴体、前足、後足とパーツがそれぞれ自由に動いて、チンチンしたり伏せをしたりといろんな形をキープできるという仕組み。
    かわいらしすぎてドキドキしちゃう。
    素材の色を4種類から選ぶこともできるみたいだし、テーブルの上に置けるペットって感じがステキ。
    2万円弱という値段にちょっとヒルミはするけど、思わずポチッとしたくなっちゃう危険クラスのカワイさにまずはブックマークをいたしましたです…、土曜の朝のオキニナリ。

    桃つながりで音源ひとつ。



    槇原敬之の「桃」を貼っておきます。
    人生いろんなコトがあるけれど、信じる人と信じてくれる人がひとりでもいる限り、なんとかなるモノ…、なによりいつもゴキゲンでいるコトこそが大切だって思ったりする。
    空は青空、昨日までが寒くてなおさらこのおだやかがアリガタイ!

     

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    無題
    この桃ジュース、おいしいですよねぇ!ぶどうもすきでしたが、桃もおいしくていいですね。
    しかし、なんでこの時期に桃ジュースがたくさん出てくるんでしょうかね?旬とは真逆のような。。
    京さん / 2012/02/04(Sat) /
    そうなんですよね
    > 京さん
    コックリとした桃の食感、なめらかさ。
    それに濃厚な味と風味が冬の喉にやさしいからなのかなぁ…、って思います。
    夏の桃。
    スッキリとしたさわやかな飲み物を期待したいところですね。
    サカキシンイチロウさん / 2012/02/04(Sat) /
    かわいいですね!
    このランプ。色は一番白いのにしたら、赤のコードが映えるかな?
    とか…んー欲しいっ。
    99さん / 2012/02/04(Sat) /
    カワイイ!欲しいっ!
    で、でもお高い…(涙)
    あんな子がベッドサイドにいてくれたらと、妄想だけでウットリしちゃった私は犬派です。

    桃の商品、たしかにこの時期増えますよね。旬は初夏なのに。
    桃の節句つながりというか、そこからの連想かと。春らしいピンク色なのも理由のひとつですかね。と、コンビニ店長の考察お粗末さまデシタ。

    Nimamepandaさん / 2012/02/04(Sat) /
    白と赤
    > 99さん
    ボクも、手に入れるなら一番白いのだなぁ…、って思います。
    赤い尻尾の白いワンワン。
    かわいらしすぎます。
    サカキシンイチロウさん / 2012/02/04(Sat) /
    ゴキゲンコスト
    > Nimamepandaさん
    しかもおそらく変圧器なんかを揃えたりすると、ちょっとした出費になりますよね。
    でもゴキゲンになるコストだと思えば…。
    ほしいですよね。

    コンビニの商品はアイディア出尽くし感がありますものね。
    最近、品揃えがマンネリ気味で魅力的じゃなくなってるなぁと思います。
    サカキシンイチロウさん / 2012/02/04(Sat) /
    無題
    今、体が熱っぽくて食欲もないのですが、桃とアイスクリームは食べたくなりました。
    切なくて優しい曲も心にしみます。
    どんなに弱っている時でも、サカキさんのブログと、ほぼ日を読むと、大丈夫、大丈夫って思わせてくれます。
    いつもありがとうございます。
    来週、遠くへ行く友達を見送るまでは倒れちゃダメだと気合を入れていたのに、昨日いっしょに食事をした別の友達から「インフルエンザになっちゃった…」というメールが…
    サカキさんもどうかお体ご自愛ください。
    梅さん / 2012/02/04(Sat) /
    体を甘やかすのも
    > 梅さん
    インフルエンザ。
    流行っているようですね。
    これだけ厳しい冬の寒さ、しかも時折、その寒さがちょっと緩んで気持ちもちょっと緩んでしまう。
    風邪をひいてしまう要素が随所に潜んでて、ときに体を甘やかすような食事をするのもいいことかと思ったりします。
    お体ご自愛なさってください。
    ボクも明日はユックリしようかと思っています。
    サカキシンイチロウさん / 2012/02/05(Sun) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    担々麺にバスキンロビンス、冬の午後 HOME 恵方をむいて肉を焼く
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]