忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 06
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    05 2017/06 07
    S M T W T F S
    1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    ちょっと食べたい料理があって、それを家で作る夜。
    303e099e.jpegシンガポール風のチキンライス。
    手軽に海南鶏飯用のご飯が食べけるレトルトスープがあってそれを使ってまずはジャスミンライスを炊いておく。
    鶏のむな肉の皮を外して、生姜とネギを浮かべた水に入れたら火にかけ沸騰したらば火を止める。
    蓋してジックリ放置しておくと程よく中まで熱が入って、フックラシットリ出来上がる。
    食べやすいようにスライスしお皿に持ったご飯にやさしく寄り添わせチリソースや中国醤油、パクチーなどで味を整えパクリと食べる。

    c0e1b983.jpegパラパラ炊けた鶏スープ味のジャスミンライスと、シットリとした鶏のむな肉が口の中で渾然一体…、やさしい味にニコリとします。

    おかずをいくつか。
    最近、オキニイリでしょうがない常備菜。
    切った昆布のペペロンチーノ風。
    油をフライパンにひいたところに輪切りの赤い唐辛子、ニンニクたっぷり。
    それから火をつけ弱火で香りと辛味を移す。
    こんがりニンニクが色づいてきたら、切った昆布をジャジャっといれる。
    白出汁少々。
    蓋してしばらく蒸し焼きにして、昆布の緑が鮮やかになってきたらば蓋あける。
    醤油をジャジャっと。
    カラカラ炒りつけフライパンの水気がなくなりはじめたらごま油をタラッとたらして、強火で一気に香りをたたす。
    お皿に盛って出来上がりという、簡単なのにおいしく飽きないオキニイリ。

    使う昆布によってザクザク歯切れ感とか、口の中での粘る感じが違ってくるのがまた飽きぬとこ。
    今日の昆布はいつものに比べてちょっと分厚くハリがあり、粘り気よりも歯切れ感が強くて前歯にたのしい食感。
    ちょっとピリ辛に仕上げて食べると、ご飯もすすむし、お酒もすすむ。
    なにより健康的なような気がして、気持ちが軽くなるのもウレシイ。

    他にも野菜の料理をあれやこれやと…。
    d91dd518.jpegかぼちゃのおいしい季節でもある。
    ズッシリとしたほどよき大きさのかぼちゃがあって、それをざっくり切り分けてアゴだしパックを入れたお鍋でクツクツ蒸し煮。
    赤唐辛子の輪切りをほんの少しだけ一緒に蒸すと、かぼちゃの甘みが引き立って渋さやエグ味が消えてなくなる…、ピリッとときおり辛味が舌をつねるのもまたおいしくて食欲誘う。
    マグロの赤身を漬けにして、ほどよく熟れたアボカドのマヨネーズ和えと一緒に食べる。
    どれもお腹にやさしく感じて、お腹を満たすとほがらかになる。

    361f8cd3.jpegそれからテレビをボンヤリみながら、仕事をいくつかユックリこなす。
    ちょっと小腹がすいたようでそれで何か作ってやろう。

    ちょうど鶏の胸肉を茹でた鍋に残った茹で汁がある。
    ネギと生姜を取り出して、アクをキレイに取り去ってコトコト煮込んでつめていく。
    沸騰おそれず強火で煮込むとかなりの脂が浮いてきて、それもキレイにとって煮詰める。
    分量が半分ほどになったところで味をみる。
    うま味がシッカリしたスープ。
    これならおいしいラーメンを作ることもできましょう…、と。

    冷凍しといたチャーシュー解凍。
    煮汁を鍋に移して白出汁ちょっと足してやりそこで茹でた玉子をゴトゴト。
    煮込んで味付け玉子にしたら、乾麺、茹でてチャッチャと湯切り。
    味付け卵を煮込んだ煮汁をかえしの代わりに丼の底に注ぎ入れ、塩と胡椒で味ととのえたスープで満たしたところに麺をそっとやさしく泳がせる。
    チャーシュー、白ネギ、味付け卵。
    味付けメンマをのっけて夜食のラーメンとした。
    思った以上によくできで、なによりすべての原料が何かがわかった、素性正しいおいしさに、体も頭もホっとする。
    明日は雨、風、大荒れになるようであります…、気をつけよう。
     

    拍手[6回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    和ご飯、たこ焼き、日曜日 HOME アサンドヒルバフェ
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]