忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 06
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    05 2017/06 07
    S M T W T F S
    1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    夜、冷たくなってきた海のコトを教えてくれる、ありがたきものをメインにします。

    dff48da3.jpegワタリガニ。
    魚屋さんにそろそろ入ってくるようになる。
    あぁ、秋だなぁってしみじみ思うモノ。
    一杯ください!ってお願いしたら、お店の人がズシッと重いの選んでくれる。
    蒸し器に入れて、上にネギの白い根っこと生姜を糸で結んだモノを一緒にのっけて蒸し上げる。
    お皿に移しパカッと甲羅をはがしてみると、中には味噌がギッシリ詰まる。
    体を二つに引きちぎり、チュバチュバしながら頬張っていく。
    ツルンとしたハリのある身。
    繊維は少なく、ツルツルスベスベしたなめらかで何をつけなくてもカニそのものの旨みで十分おいしく感じる。
    栗のような甘い香り。
    強烈な甘味の影に、ちょっと渋みを感じるところがこのカニ独特のところでもある。
    もう少し寒くなればもっとおいしくなるのになぁ…、って思いながらもおいしく食べる。

    それからエビ。

    21773974.jpeg小ぶりのエビを茹でて殻剥き、冷やしてそのまま食べてやる。
    シュリンプカクテル的なる食べ方。
    ハーブサラダをサイドに添えて、ドレッシングを作ってかける。
    ケチャップ、マヨネーズ、それにピクルス、パセリにディルと香り豊かなソースのようにしてタップリと。
    プチュンプチュンとエビの弾力がなんておいしい。
    味と旨みだけでいうなら、同じ甲殻類でもカニの方がおいしいだろうってボクは思う。
    けれど食感…、このプリプリ感。
    ムチュンと歯切れるその頑丈な身質にネチッと奥歯にまとわりつくようなこの感覚はエビ独特で、他に代わりのないおいしさで。
    アメリカ人もこの食感が大好きなのでありましょう…、高級ホテルのバフェの前菜料理のメインはかならずコレ。
    エビのおいしさ、鮮度でバフェのランクが決まるって言われるほどのぜいたく品。
    心置きなく戯れる。

    鍋、作ります。
    外は雨がしとしとふって、ちょっと寒くもある夜でそれでキムチ鍋。

    a27f6701.jpeg熟成行き届いたキムチを買って油で炒める。
    あまり濾さずにだからトロトロ、重たい感じのごま油。
    キムチを試しにちょこっと食べると、かなり酸っぱく、こりゃスッキリとした鍋ができるぞと、一緒に豚バラ炒めて味の基本を作る。
    別のお鍋でスープを作る。
    韓国の即席スープの素の「ダシダ」をお湯に溶かして、それに白だし。
    みじん切りにした鰹節を入れて海の旨みもたします。

    小さな鍋に豆腐にモヤシ。
    ぜんまいナムルに、さっき炒めた豚バラ肉とキムチを入れて、スープを張ってクツクツ煮ます。
    味が全部、混じってひとつになるように。
    10分ほども煮こんでやって、それでハフハフ、頂きました。
    キムチの出来で鍋の出来が変わると思う。
    今日のキムチは酸味だけじゃなく、甘味、辛味もバランス取れててなんだかとても、いい感じ。

    鍋の終わりを使って〆。
    西山製麺所の縮れの強い卵麺。
    固めに茹でてそれを鍋の残ったスープに放り込む。
    旨味スープを足して濃度を調節し、コチュジャン溶かして辛味と甘味を足してやる。
    かまぼこ入れて、溶いた卵を落としてチリチリ、卵を固める。
    最後にネギを散らしてキムチラーメンの出来上がり。
    ほどよき量と、ほどよいおいしさ、ご機嫌な夜の出来上がり。

    頂き物のマッコリ抜いて、おともにしました。

    d2b54a79.jpeg蓬莱の「飛騨マッコリ」という酒でこれが、びっくりするほどおいしかった。
    生のマッコリ。
    本場韓国では当たり前なんだけど、日本じゃなかなか生マッコリにはめぐりあえない。
    富山の仲間がワザワザ、高山まで行ってこれを買ってそのまま送ってくれた。
    生ならではのちょっと発泡した白い酒。
    栓を抜いた途端に甘い香りがただよう。
    グラスに注ぐと、ポッテリ重たい。
    口に含むと、やさしい発酵臭とほのかな酸味が独特。
    トロンと喉越しなめらかで、鍋の辛さで熱くなったお腹をぴとっと冷ましてくれる。
    まるで冷たい湿布のようなやさしい冷たさ。
    なのにあとからお腹がホワッとお腹がポカポカしてきたりする。
    ポタッと重たい飲み口に、お腹が膨れる感じもします、なんだかソウルに行きたくなったりしちゃうゴチソウ。
    いただきました…、ありがとう。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    無題
    おそらく・・お久しぶりです。。
    以前、本店でお会いしたと思います。
    また、是非♪

    日本初マッコリバー♪
    マッコリ・マッコリカクテル厳選150種♪
    是非、遊びに来て下さい。
    マッコリメニューです。
    http://r.gnavi.co.jp/b055500/menu7.html
    てじまぅるさん / 2010/10/10(Sun) / URL
    お久しぶりです
    > てじまぅるさん
    あのときは盛り上がりましたねぇ…。
    お久しぶりです。
    これからマッコリが本格的においしくなる季節。
    ぜひ、お伺いします。
    ありがとうございます。
    サカキシンイチロウさん / 2010/10/10(Sun) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    メルトなツナと寝相占い HOME 東京おもちゃ美術館
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]