忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 06
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    05 2017/06 07
    S M T W T F S
    1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    夜、鶏を焼く…、ヤカン焼き。

    0795e34e.jpeg胸肉一枚。
    グサッグサッとナイフをいれて、筋を切った鶏胸肉を、油をひいて熱したスキレットにそっとのっける。
    皮目を下に。
    バチバチって音がしながら皮がギュギュッと縮んでいく身をアルミフォルでカバーして、上にお湯を沸かしたヤカンをドッシリと置く。
    ヤカンの熱さで上から熱がジンワリ伝わる。
    しかもヤカンの重みで、鶏の皮が押し付けられて皮から脂が滲み出す。
    滲み出した鶏の脂が、今度は自分の皮を再び焼いていく…、という繰り返しにて皮目がバリッと香ばしくなる。
    作ると鶏の脂でレンジ回りからヤカンまでもが脂まみれになるのがちょっと悩ましく、けれど出来上がった鶏の旨さに抗しがたさを感じる料理。

    本当はヤカンじゃなくて熱したレンガを上にのっけて焼きあげる「レンガ焼き」って言う料理。
    イタリアのシエナ近くの田舎の街で、これを売り物にしたレストランが一軒あった。
    正真正銘これだけで、だけどワザワザ遠くからこれだけ食べにやって来る人で予約がとれないほどの名物レストランの名物料理。
    それをなぞって作ってみたらば…、なかなかの出来。
    焼く前にほどこしておいた塩と胡椒。
    味はそれだけ。
    けれど鶏そのものの持ち味と、脂の甘みと風味で十分、おいしくいける。
    皮はパリッと、身はフックラと。
    顎においしく、舌にたのしい、鶏を食べてる!って実感できるオゴチソウ。

    P1210567.JPGそれからメンマとゴーヤを炒めた。
    暖かくなってくるとゴーヤの色も緑鮮やか、ゴツゴツとした棘もシッカリ、頑丈になる。
    こぶりだけれどズッシリ重い元気なゴーヤを半割りにして、綿をキレイにこそげとり塩で軽くこするようにやさしく洗う。
    内側のヌメリがキレイになくなったらば水で塩を洗い流して、ストンストンと筒切りにする。
    フライパンにごま油をひき温めて、メンマと一緒にカラコロ炒める。
    軽く熱を入れる程度で、シャキシャキとした食感そのまま。
    メンマの香りがほどよくたって、焦げ目が軽くついたところに醤油をちょっと足して香りをつけてお皿にうつして出来上がり。
    ゴーヤの苦味がコリッとおいしい。
    焼いているのにみずみずしくて、噛むとジュワッと緑の汁が飛び出してくる。
    体がスキッとリセットされる…、初夏のような今日一日にピッタリとくる鮮やかな味。

    75aadcd1.jpeg〆は焼きそば。
    夕方のテレビ番組。
    街歩き系の番組で、広島お好み焼きをおいしそうに食べてるところが目に焼き付いていて、それで広島お好み焼きの中身の焼きそばだけでも再現しよう…、って。
    それで千切りキャベツをまず焼く。
    油は少々、焦がさぬようにシットリさせて、そこに刻んだソーセージ。
    それから讃岐の練り物、平天入れて塩と胡椒で下味にする。
    電子レンジでチンした蒸し麺。
    ほぐしていれて、袋麺についていた粉末ソースを半分だけ。
    残りはウスターソースで味ととのえて、天かすくわえてシットリしたまま焼きあげる。
    ウスターソースを使うと甘み控え目、風味豊かなスパイシー味になるのがステキ。
    かつお節を最後にちらして出来上がり。
    キャベツがシャクシャク、麺プルプルの好対照がほどよくおいしい。
    出来ればココに砕いたイカ天がくわわったなら、無敵の味になったのに…。
    まぁ、それもよし、ご満悦。

    ところでこれ、おもしろいです。
    ボーイング737が一機、完成するまでの工程を2分半にまとめたムービー。
    最近、流行のタイムラップスムービー…、つまりパラパラ漫画的なる作法で作ってる。



    へぇ、飛行機もやっぱりベルトコンベヤーに乗って、動きながら出来ていくんだ…、っていうのがたのしい。
    しかもなんだかとても簡単に、まるでプラモデルを作ってるみたいに出来上がっていくのがこれまたおもしろくって、見ながらワクワクしてきます。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    やかん、
    あ、この薬缶、ウチとおそろいです!柳さんのやつですよね。
    ヤカン焼き、おいしそう。カリッとふわっと、って美味しい秘訣ですよね。作ってみたくなりました。
    桃さん / 2010/05/03(Mon) /
    最近少食で・・・
    食欲不振に悩んでいますが、色鮮やかな食事を見てまた食べる気力が沸いて来ました。
    助かりました。

    焼きそば。私はコンニャクとおたふくソースの組み合わせが好きです!
    かっちさん / 2010/05/03(Mon) /
    使い勝手のよいヤカン
    > 桃さん
    そう、柳さんのヤカンです。
    デザインがステキな上に、とても使いやすい。
    口がパカッと大きく開いて、キレイにするのが容易いというところが気に入っています。
    ヤカン焼き。
    おいしいですよ。
    フックラ仕上がる。
    是非、試してみてください。
    サカキシンイチロウさん / 2010/05/03(Mon) /
    こんにゃく
    > かっちさん
    こんにゃく入りの焼きそば。
    おいしそうですね。
    そう言えば田舎では、おでんを作った翌々日あたりに、おでんの具材を刻んで焼きうどんを作っていたのを思い出しました。
    出汁をタップリ吸い込んだ練り物やコンニャクと炒める麺。
    おいしいんですよね。
    ステキなコトを思い出させていただき、どうもありがとうございます。
    サカキシンイチロウさん / 2010/05/03(Mon) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    ボストン気分な月曜の朝 HOME ホストダイニングでBanzaiランチ
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]