忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    膳丸で昼。

    8f8d329c.jpeg企画書を仕上げる直前。
    専門外の仕事でもありちょっと意見をもらおうと、友人を呼び相談がてらの昼ご飯。
    「おばんざい」が食べ放題が売り物の店。
    最近、肉や揚げ物ばかりで手っ取り早く食事をしている。
    だからたまには日本的なる惣菜料理でお腹いっぱい…、そんなコトを思ってココを選んできます。

    ご婦人方に結構人気があるようで、開店とほぼ同時に満席状態。
    ボクらの隣のご婦人が、「あら、このお店ってホストさんがオーナーなのかしら」ってひそひそ声で話してた。
    確かにこの店のサービススタッフ。
    イケメン風の茶髪に細身のスーツ姿で、ビシッと決めてる。
    そんな彼らが「いらっしゃいませぇっ」って元気な声で挨拶をする。
    やんちゃな感じのお兄さんが行儀正しく一生懸命になればなるほど、ホストっぽさが滲みだしてく。
    そのへんてこりんに気づかぬココは、たしかにナイトレジャーな感じがプンプン。
    ご婦人方がキャッキャしながらたのしんでるから、それはそれにてまた良かろうか…、と思ったりする。
    多様なコトは素晴らしきコト(笑)。

    zm.jpgひじきにオクラ。
    鶏の唐揚げ、玉子とポークソーセージの炒め物。
    家庭料理にちょっと工夫をしたような料理があれこれ。
    特にひじきは鶏ひき肉と一緒に炒め煮したもので、だからズッシリ、コッテリとしたうま味があってご飯のおかずにかなり良い。
    ブリの煮物や肉ジャガなんかも揃ってて、けれどなぜだかマカロニサラダがおいしかったりする面白さ。
    味もそこそこ、悪くない。

    ただこれをお弁当箱にギッシリ詰めて、大手町あたりに売りに行ったら一体いくらでうれるんだろう?
    多分、今なら350円前後じゃないかなぁ。
    上等を装って売ってもせいぜいワンコイン。
    今日のバフぇは1000円バフェで、そしたら弁当3個分っていうコトになる?
    弁当3個はとてもじゃないけど食えないよなぁって思ったりした。
    お値打ち感ってむつかしい。

    たのしく食事をしてもらおう…、って工夫もあれこれ。
    例えば蕎麦にぶっかけ用のツユにサラサラ、砕いた氷が混じってる。
    氷と一緒にタレをすくってサッとかけると、冷や冷や、喉にたのしい食感。
    小海老を混ぜて揚げて作った天かすも、香ばしくってなかなかのモノ。

    ae63017d.jpegタケノコと油揚げがタップリ入った炊き込みご飯が今日のご飯。
    ちょっと味がたよりなくって、それでちょっと一工夫。
    オクラと梅の出汁醤油あえ。
    ひじきの煮たのに、納豆のっけてグリグリかき混ぜ、トロトロご飯にして食べる。
    ちょうど昨日、オクラが食べたい!って思っていたトコ。
    テレビ番組でオクラのおいしい食べ方…、みたいな特集をやっているのをちょっと見ていて、それでちょっと気になっていた。
    そのオキニナリにこうして偶然、ココでであった。
    なんだかたったそれだけで、ラッキー気分でたのしくなった。
    カウンターに並んだ料理を料理でなくて食材としてとらえると、こうして調理ができるというのもバフェのたのしさ、ありがたさ。

    ゼリーとフルーツカクテルを混ぜて作った今日のデザート。
    缶詰めにしたさくらんぼうがクチュッと潰れて、甘いジュースがジュワッと滲む。
    なんだかちょっとなつかしい。

    c6c2ea62.jpegところで、このデザートを入れるために置かれた容器がとても小さなグラスでほんの少ししか入らない。
    そこに器用に大きなスプーンでジェリーを入れてた若い女性。
    彼女に向かって年の頃、60くらいのご婦人がコーヒーカップを差し出して、これに入れればタップリ一度にとれるわよ…、って。
    それでも彼女は小さなグラスを手放さない。
    親切なご婦人は何度も何度も、コーヒーカップにお入れなさいって引き下がらない。
    彼女はたまりかねたのでしょう…、味噌汁用の大きなお椀をそのご婦人に差し出して「ならばこれの方がタップリ入るんじゃありませんか?」と。
    いや、それはお洒落じゃないわネ…、とそういう彼女に一言、こう、いいました。

    ワタシにとって冷たいデザートはガラスの器に入っていて欲しいんです。
    そっちの方がおいしく感じる。
    量が少ないのなら、何度もお代りすればすむコトですもの。

    ボクは彼女と思わず握手したくなるほどうれしくなった。
    自分の食べ方、こだわりを大切にするシアワセを、彼女は知っているんだなぁ…、ってそう思ったらボクまでニコッとシアワセになる。
    ボクもグラスにジェリーをお代わり。
    今日はまるで初夏のごと。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    カップとグラス
    >自分の食べ方、こだわりを大切にするシアワセ
    バフェに行くと「食事の楽しみ方」が世代によってばっきり分かれていますね。
    カネコさん / 2010/05/02(Sun) /
    人それぞれの楽しみ方
    > カネコさん
    バフェに対して何を求めるかによっても違うんでしょう。
    お腹いっぱいの食べ放題。
    とてもたのしい選びたい放題。
    世代に性別、空腹具合。
    いろんな気持ちに対応してくれるバフェこそが、ステキなバフェなんだろうなぁ…、って思ったりもいたします。
    サカキシンイチロウさん / 2010/05/02(Sun) /
    ヤカンをのせて鶏を焼く夜 HOME 関西ドッグの日曜の朝
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]