忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2017/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    マルちゃんの袋麺、正麺塩味…、実は5個ワンパックのまとめ買いをしておりまして、なんとかこれをおいしく食べようと、それでちょっと工夫する。

    c87cb63c.jpeg麺は上等。
    申し分なく、けれどスープが甘くて口にあわなかった。
    甘くて塩のうま味以外のうま味がしゃしゃりでる。
    それでスープを別に作ってみることにした。

    ベースはアサリ。
    タップリ全部で20個ほどを砂をはかせてよく洗う。
    小さな鍋に水をはり、生姜とネギを浮かせてそこにアサリを沈め、強火で一気に沸騰させる。
    吹き上がった泡をキレイにすくってキレイにあくを取る。
    それから貝を取り出して、残った汁をジックリ弱火に煮詰めてく。

    沸騰させぬように火加減みながらコトコト。
    すると若干のとろみがでてきて、お鍋の中の汁がちょっと黄色味がかったスープになってく。
    それとは別にチキンストックを温めて、パセリやセロリ、ニンジンなどの香り野菜と一緒に煮詰める。
    香りが出たらそれをコシ、貝のスープとあわせてラーメンスープとします。
    味をあたって塩を足し、胡椒の粒を沈めてやすめて、貝を戻して赤唐辛子を散らして再び温める。

    157c2714.jpeg麺をお湯で茹でてザルでチャチャッと湯切り…、お鉢に盛ってスープをはります。

    アサリのスープをアサリごと、それから刻んだ三つ葉を飾り焼いたシシトウとスダチをそえて、塩アサリラーメンのできあがり。
    食べればそこそこおいしくて、けれどなんだか雑味が足りない。
    キレイな味に整えれば料理がおいしくなるとはなかなかいかないところが不思議でそしてオモシロイとこ。
    そういえば、麺を茹でたお湯に乾麺独特の旨みや風味が逃げちゃったのかも。
    次はスープで麺を戻してやりましょう…、と思ったりした。

    サイドに奴。
    木綿の豆腐を半丁、ふきんで包んで重しをのせて、ちょっと水気をとったもの。

    948f04ae.jpeg一緒に釜揚げしらすをのせる。
    近所のスーパーでとても状態のよいのが売っていたのです。
    シットリ、ソフト。
    それを一旦、鍋にいれ弱火でカラカラ乾煎りにする。
    熱を通すのが目的じゃなく余分な水気をとってやるため。
    するとうま味が強くなる。
    塩の風味も際立って、しらすそのものの味以外には調味料をつかわなくとも、豆腐がおいしく味わえる。
    ご飯にのせるとシットリとした生のふりかけみたいな感じ。

    木綿の豆腐も軽く水切り。
    しばらく室温でなじませておく。
    そうするコトで豆腐の風味がいきいき、見事によみがえる。
    お皿に盛ってそこにタップリ、しらすをのせてみょうがをザクザク。
    キュウリを小さな角切りにして、それをパラリと散らして飾る。
    豆の風味がミッチリとしたホロッとやさしい木綿豆腐に、シットリとしたしらすの食感、コツコツ、キュウリが歯ごたえくれてみょうがの香りと、軽い苦味がピリッとすべてをひきしめる。

    ほどよくお腹一杯だったのだけれども、昨日の夜に作ったシンガポール風のチキンライスがちょっとだけ。

    ieyaki.jpg残ってしまってそれを使って炒めご飯をチャッチャっと作った。
    具材はこれまた昼の残りの、ざく切りキャベツ。
    タコも少々。
    竹輪も少々。
    昨日の朝のサンドイッチの具材のハムをこれまた少々。
    全部刻んでカラカラ炒める。
    そこに炊きこみチキンライス。
    週末の冷蔵庫の中の半材が全部ひとつになって、炒めご飯になっていく。

    パラパラとしたジャスミンライス。
    冷蔵庫の中で一晩寝かせておいて、だから一層パラパラしたの。
    それを使ってほとんど油を使わず仕上げる。
    すると驚くほどにパラパラご飯が出来上がり、口の中でお米の粒が散らかる感じがなんともたのしい。
    食感かろやか、チキンライスの鶏の香りとジャスミンライスの風味がフワッと鼻から抜けてなんとも旨い…、パクチーきざんでタップリくわえ、アジアな香りに体をパリッとひきしめる…、お外は雨でござります。

    ところでこの動画…、4分ほどの動画で最初はちょっとうるさい。
    何しろメトロノーム32個を勝手に動かしはじめたものが、ある瞬間に同期して同じリズムを刻み始めるというモノでして、お急ぎの方は3分目くらいからご覧くだされ。



    メトロノームがのせられている台が実は固定されていなくて、ブランコ状になっている。
    それでメトロノームの振動が台に伝わり、微妙に揺れてその揺れによってメトロノームの振幅が徐々に変わって最後に同期していくコトになるんだそうな。
    最後の最後まで右端の方で抵抗しているメトロノームが、とある瞬間に同じ動きを始める瞬間…、壮観でもあり、ちょっとゾッとする感じでもあり、あぁ、やっぱりお前もその他大勢に雷同するのか!って、ちょっと切なくなったりもする。
    とある瞬間!
    個性がなくなり全体主義に向かってく…、小さなドラマを観ているようでいろんなコトを考え夜が更けていく。
     

    拍手[9回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ドトールドッグで朝を呼ぶ HOME 和ご飯、たこ焼き、日曜日
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]