忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    07 2017/08 09
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    パスタで何が好きですか?…、ってそう聞かれたらまず間違いなく「ファルファッレ」って答えます。

    610f9a2a.jpegファルファッレ。
    イタリア語で「蝶々」って意味の名前の通りまさしく、蝶々な形。
    あるいは蝶ネクタイのような姿形で、まず目に愛らしい。
    この真ん中がひだのように分厚くまとまっている形状が、実はくせ者。
    茹でると回りのヒラヒラ部分はやわらかくなる。
    けれど、真ん中のところは固めに仕上がって、一個で二つの食感がある。
    ヒラヒラとクニュクニュ。
    その噛み応えのある存在感が独特で、だからドッシリ、クリーム系のソースにピッタリ。
    かつてミラノからやってきて、表参道に店をもってた「ラナリータ」ってイタリアンレストランのサーモンクリームのファルファッレは、いまだに記憶に残る絶品。
    なつかしい。

    そして夜。
    ピアットウニコなご飯を作る。
    62616288.jpegメインの料理とパスタを一緒に、ひとつのお皿に盛りつけて「ボナペティー」という料理。
    ビジネスランチなんかで良く食べられる。
    今日はちょっと家で仕事の続きをしてて、それで作業をしながら食べれるメニューにしよう…、とそれでこれ。

    メインはなんちゃってローストビーフ。
    モモ肉の芯のところの小さな塊。
    コロコロ、回りを転がしながら焦げ目をつけてラップして、お湯に2分ほど沈めてサッと引き上げる。
    あとは余熱でローストビーフのようになる。
    それを薄切り。
    ルッコラの葉っぱと一緒にサラダ仕立てにした一品。
    オリーブオイルと塩で味をととのえて、最後にパルミジャーノをガリッと散らす。

    ファルファッレを茹でてジェノベゼソースで味ととのえる。
    オリーブオイルとバジルの葉っぱ。
    松の実、生のニンニクと塩と胡椒とパルミジャーノ。
    それらを入れてフードプロセッサーでジャジャッとやってペースト状に。
    素材をキチンと揃えてあげればとても簡単…、あっと言う間にできあがり茹でたパスタと鍋であえればもう出来上がり。
    小さな蝶々。
    なのに口の中をヒラヒラ舞うように、転がりながらクニュクニュ奥歯をじらして消える。
    よくできました!…、オゴチソウ。

    85ae4931.jpeg一緒に飲んだボクのオキニイリ。
    クラマトジュース。
    クラムとトマトでクラマト…、つまりはまぐりエキスの入ったトマトジュースと言うモノ。
    カナダの飲み物。
    彼の地の人が大好きな「ブラッディシーザー」っていう、トマトジュースとウォッカで作るブラッディマリーにハマグリジュースを加えて作るカクテルを簡単に作るベースとしてよく使われる。
    そのまま飲むとセロリの匂いがするのが、まさにセロリスティックをグラスにさして完成する、ブラッディシーザーを彷彿とさせるたのしい飲み物。
    これを温めるとマンハッタン風のクラムチャウダーみたいになる。
    昔、1泊3日のウィスラー出張。
    雪の中をスキーゲレンデをさまよいながら、このクラマトを温めたのをチビチビ飲みつつ暖を取ったコトがある。
    なんだか、ちょっと、なつかしい。
    今日はそのまま、冷たいまんま。
    お酒も入れずにゴクゴク飲んで、お腹をリセット。
    仕事の残りに立ち向かう。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    食べず嫌い
    はじめて書き込みします。
    サカキさん、わたしパスタが大好きなんですが、
    「ファルファッレ」食べたことないんです。
    ナポリタン、ミートソース世代だからでしょうか・・・ロングパスタについつい手が伸びちゃいます。
    2種類の食感!なるほどですね。こってりのソースと合わせて今度作ってみます。
    お仕事、お疲れが出ませんように。
    kikoさん / 2010/03/18(Thu) /
    ショートパスタ
    > kikoさん
    ショートパスタはそれぞれに独特の食感があって、たのしいですよ。
    ロングパスタとは違ったたのしさ。
    特にファルファッレはホワイトソースとあうんですよ。
    マカロニのかわりにこれでグラタンを作ってもおいしい。
    茹でてホワイトシチューに浮かべてもぐーっです。
    是非、たのしんで下さいね。
    サカキシンイチロウさん / 2010/03/18(Thu) /
    ラ・ラナリータ
    なつかしい~クエストビルですね・・・
    職場で仲のよい先輩や同期と誕生日など何かと集ってました。
    初めて行ったリストランテではないかと・・・
    ここで初めてザバイオーネを食べた同期があまりのおいしさに感激して、
    行くたびに注文してました。
    吾妻橋店が残ってるんですね。
    ファルファッレ、自分で茹でると真ん中がアルデンテ過ぎたりします。
    あーたさん / 2010/03/19(Fri) /
    白インゲン
    > あーたさん
    ボクはラナリータの白インゲン豆の煮込みが大好きでした。
    この頃、初台に住んでいてそこから自転車にのって、インゲン豆とファルファッレと食べに行く。
    ザバイヨーネかティラミスか、どちらにしようか悩むのがまたたのしかったりいたしました。
    アサヒビール系の会社がやっていて、それで今でも吾妻橋に一軒残った。
    でも、昔の気軽な贅沢は残ってはいないようであります。
    ちと、残念。
    サカキシンイチロウさん / 2010/03/19(Fri) /
    なつかしです
    ひさびさの書き込みです。
    ん〜ファルファレ懐かしいです。
    大学でのメンサで毎日farufare con sarumoneを食べていたのが、思い出されます。シンイチロウさんのジェノベーゼソースそそられますねー合わせのロースロビーフたまりません!!
    処で、トマトの水煮は明治家一番美味しいと思うのですが(ほかのメーカーはちょっと酸味が)なにか良いものがあれば教えてください。
    ソロソロ気温も上がってきました
    花見の前の打ち合わせの事前食事でもいかがですか? でわでわ
    田端のitarianoさん / 2010/03/19(Fri) /
    トマトの水煮は
    > 田端のitarianoさん
    トマトの水煮はチリオの缶詰めがボクは一番好きですね。
    できればサンマルツァーノを切らずに丸ごと水煮にしたの…、酸味がほどよく、スキッとした仕上がりになりますよ。
    花見の打ち合わせ。
    そもそも花見をいつするか、がかなり問題になろうかと思います。
    事前打ち合わせのお誘い、お待ちしております。
    来週の水曜日以降がいいかなぁ…。
    サカキシンイチロウさん / 2010/03/19(Fri) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    壁の穴の朝とそれから「棘」 HOME 新宿、中嶋、鰯のランチ
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]