忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    07 2017/08 09
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    夏がジタバタ、ぐずってなかなか秋に季節をゆずらぬ暑さの今日の昼。
    喉を涼しく潤しましょうと、エクセルシオールカフェにくる…、この夏、ちょっとオキニイリだった飲み物がありまして、それでシュワッと飲んでやろうと。



    ペリエスプレッソっていう飲み物がで、ペリエでエスプレッソを割ったもの。
    珈琲ソーダとか、冷コースカッシュだとか似たような飲み物は他にも沢山あるんだけれど、なぜだかこれがおいしく感じる。
    理由は泡。
    甘みをくわえたエスプレッソが含んだコーヒーの豆の粒つぶ、それとペリエの泡が出会って、かなりたっぷり。
    しかもふっくらした泡がたつ。
    エスプレッソの渋みと酸味が炭酸分で際立って、シュワッと喉に強いアタックが来る、大人な感じで見た目もなんだかギネスを飲んでるみたいに見える。
    夏だけじゃなくずっと定番になるのかなぁ…、だったらいいなと思う昼。

    そして夜を家ご飯。
    おいしそうなれんこんがあり、それた縦にザクザク切る…、胡麻の油でジャジャっと炒めてそこに和牛の切り落とし。
    出汁と醤油、砂糖をいれて再び炒めて休ませる。



    モロッコインゲンをくわえて醤油を注ぎつつテリを出したら出来上がり。
    輪切りじゃなくて縦割りにする…、それでパキッとれんこんが前歯で割れる食感たのしく、ゴリゴリ口の中で砕ける感じも痛快。
    モロッコインゲンの緑の香りもさわやかで、野菜を食べてお腹を開く。
    最近オキニイリのマグロの漬けの練り胡麻和えに、今日は切り海苔をたっぷり散らす…、同じ料理もあしらいを変えるだけで味の印象が違って感じる。
    ネットリとした漬けの食感が練りゴマで一層ネットリ、海苔の風味が胡麻の香りと一緒になって、濃厚味で口が喜ぶ、オゴチソウ。

    マスコットの辛口カレーの瓶詰めペースト使って〆。



    串切り玉ねぎにダイスカットにした茄子を油で軽く炒めてカレーのペーストくわえて水を足す。
    クツクツあっため沸騰したら蓋して休ませ、ご飯が炊けたら帆立の小さな貝柱。
    火にかけプクッと煮立ったらご飯にかけて食べるだけ。
    サッパリとした酸味と野菜の旨味が口に広がって最初は旨い…、ところがどんどん辛味が舌から突き抜けて体中にゆきわたる。
    お腹の中から汗をかく…、しかもそれが爽快でもっともっとと体が辛さをもとめるおいしさ、やっぱりコレはオキニイリ。

    そして土曜日の朝をサンドイッチで迎える今週。



    明治屋さんの小さめ、薄切り、サンドイッチ用のプレミアブレッド…、焼くとこんがり、乾いてサクッと仕上がるのが好き。
    カーリーリーフにムッチリとしたロースハム、小さなトマトを湯剥きして皮むき細かく刻んだものを混ぜて仕上げた玉子焼き。
    ディルを刻んでマヨネーズとあえ、それをタップリ、トーストに塗りすべてを重ねてザクッと切った。
    断面見事にうつくしく、そのうつくしさも恥じらうほどに味わい豊かで食感たのしい…、また週末をこうしてむかえるシアワセに、舌もふるえる、オゴチソウ。

    見たい映画がまるでなく、ビデオを借りに行く時間もみつからずそれでHULU。
    スゴいの観ました!…「黒い家」。
    1999年公開の日本のホラー映画史上に残るホラーだというので前から気になっていて、やっと昨日の夜のコト。
    みました…、いやはや、スゴかった!



    「この人間にはココロがない」というのが公開当時のキャッチフレーズで、それはなぜだか覚えてた。
    誰がどのようにココロがなくて、そのためどんなコトをしでかすか?ってところが映画のテーマであって、誰がというと大竹しのぶが演じる女性。
    その壊れっぷりがあまりに見事で、女優としての彼女の凄さにふるえる思い。この映画の彼女をみて、明石家さんまってどう思ったんだろう?って、心配するほど堂に入った狂女具合に惚れ惚れしました。
    これを見るまで「壊れた女性キャラクターNo.1」は、危険な情事でのグレン・クローズとずっと思っていたのだけれど、この映画の大竹しのぶが堂々一位とあいなりました…、暇を見つけてまた観てやろうとおもっとる!

    それにしても、グーグル検索を「黒い絵」あるいは「The Black House」でしてみると、日本語版のコレじゃなくって韓国でリメイクされたモノが沢山でてくる不思議…、日本の映画世界ってへんてこりんだとつくづく思う、分からない。

    拍手[3回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    蕎麦を訪ねて渋谷まで HOME シズラーランチ
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]