忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 06
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    05 2017/06 07
    S M T W T F S
    1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    夜、家でご飯。
    昼が暖かかっただけに、夜になって急に気温が下がってヒヤリ…、夜は家でゆっくりしましょうとそれでイエメシ。

    アスパラガスの缶詰をあけ、サラダを仕立てる。

    aa03b922.jpeg小さな白菜。生食にも適しています…、っていうのを丸ごと。
    冷たい水に根っこを漬けて、ゴクゴク水気を飲み込ませ葉っぱをシャキシャキ、生き返らせる。
    根っこをスパッと切り取って、タオルで水気を丁寧にふく。
    食べてみたらそのまま十分甘くておいしい。
    それでそのまま。
    お皿に盛って、アスパラガスをパラッと散らす。
    アスパラガスの漬け汁とマヨネーズをあわせたものをピュピュッとほどこし胡椒で風味をつけて味わう。
    シャキシャキとした白菜と、ツルンとハリあるアスパラガス。
    なぜだか缶詰アスパラガスがたまに無性に食べたくなります。
    今でこそ、白アスパラガスをフレッシュで食べることができるけれど、昔、アスパラガスと言えばこのアスパラガス。
    ちょっと鉄っぽい渋い味がするのがなんだかなつかしく、食欲、ジンワリわいてくる。

    cd2dc2f7.jpeg揚げずに仕上がる唐揚げ粉がある。
    友人に教えてもらって、試してつくる。
    カロリー控えめの料理をこれから、お友達にしなくちゃいけない(笑)。

    脂の少ない胸肉の、皮も脂も全部とり、粉をはたきます。
    かなりスパイシーな香りとそれからアラレのような乾いた粒が一緒に混じる。
    肉にビッシリまぶしたら、それをフライパンに並べて焼きます。
    弱火でジックリ。
    蓋して蒸し焼き。
    しばらくしたらひっくり返し、再び蓋して蒸し焼きにする。
    それを何度か繰り返し、こんがり焼き色がついたらそれで出来上がり。

    弱火でずっと焼いたからでしょう。
    フックラやわらか。
    粉をつけただけなのに、シッカリ味がついているのにビックリします。
    味は自然な醤油味。
    唐揚げっぽいスパイス風味で、唐揚げ味と言えぬことはないけれどどちらかというと新たな料理。
    今まで食べたことがない、ちょっと不思議な食感、味わい。
    油を使っていないからサラッとした食べ心地で、しかも冷めても味が変わらない。
    お弁当なんかにいいんだろうなぁ…、って思ったりした。
    なんだかこれはオキニイリ。

    b597f208.jpeg新宿ハルクの地下にある食品売り場の魚コーナーに、立派なマテ貝を発見します。
    瀬戸内にいた頃、冬になるとマテ貝をそれこそ鍋に一杯、酒蒸しにしてペロンと殻をめくりながらパクパク食べた。
    貝でお腹いっぱいにして、お鍋の底に残ったスープでうどんを茹でてズルズル食べる。
    貝のうま味ってスゴイよなぁ…、って子供ながらに思ってた。
    それがちょっとなつかしくって、お酒を醤油で蒸し焼きにした。
    やっぱりおいしい。
    サックリ歯切れフワッとほぐれる本体部分。
    ペロンとはみ出た舌のような部分はまるで、ホタテの紐のようなツルンとやわらかで上品でとても上等なうま味が口に広がっていく。

    それからタチウオ。
    オススメ上手のおばさんが、「旦那さん、今日のタチウオは太ってしかもとてもお得ですよ」といいます。
    旦那さんって言葉に弱いボクのコト。
    思わず手を出しバタ焼きにした。
    小麦粉はたいて油で焼いて、最後にバターでカリッと仕上げる。
    魚をお皿に移したあとの、フライパンの中に醤油とみじん切りしたみょうがを加えて、サラッとかけてパクッと食べる。
    脂ののったシットリとしたタチウオの身が、口の中でやさしくほぐれる。
    冬の味わい…、オゴチソウ。

    ff6e68bc.jpeg〆をカツ丼。
    揚げずに作った唐揚げ風の料理で節約したカロリーを、これ一品で台無しにする(笑)。

    肉屋で買ったできあいのカツ。
    出汁と醤油と味醂で作ったタレを沸かして、そこでタップリの玉ねぎを煮る。
    カツを入れ、タレをおたまでかけまわしつつカツに熱が回ったところで玉子を流す。
    蓋して蒸し煮。
    ほぼ全体に熱が入ったところでご飯の上にうつして、頂きました!
    シャキシャキとした玉ねぎの、軽い食感。
    出汁を含んだパン粉のやさしさ。
    油が混じった甘辛醤油のタレがご飯にからむおいしさ。
    丼って、人をシアワセに元気にさせる。
    かつ煮とご飯を別々に、食べてもこんなに多分、おいしく感じぬのでしょう…、かなり満足、よい金曜日。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    無題
    最後のカツ丼で笑っちゃいました♪
    食べたいものを美味しく、楽しく食べるのが一番ですよね♪
    キョーコさん / 2011/02/26(Sat) / URL
    らしさ
    > キョーコさん
    ボクらしい、ということでお許しを(笑)。
    食べたい物を自分で作って食べることのたのしさ。
    なんだか実感いたしました。
    サカキシンイチロウさん / 2011/02/26(Sat) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    土曜の朝の和のゴチソウ HOME 七條、それから別腹の昼
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]