忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 06
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    05 2017/06 07
    S M T W T F S
    1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    マイミクさんからスゴくうれしいプレゼント。
    オランダのカレーケチャップをいただきました。

    orandamiyage.JPGもう一年以上も前になるでしょうか?
    オランダ在住のその人からわざわざ送ってもらって、あまりのおいしさに大切に使わなくっちゃって思いながらもみるみる胃袋の中に収まっていった魔法の調味料。
    その後、カレーフレーバーのケチャップだったり、自分でケチャップにカレーを混ぜて作ってみたりと試行錯誤をしはしたけれど、なかなかオリジナルの味にはならず、あの感激は思い出の中…、みたいな状況になっていた。
    うれしいコトに小包で。
    中にはカレーケチャップ以外にも、チョコレートドリンクの「チョコメル」や、他にもスナックがあれやこれやともう大感激。

    早速、カレーケチャップを一番おいしく食べるレシピ(by ワタクシメ)の、ソーセージ炒めを作って食べることにする。
    ああ、ワクワクする。

    ステキな素材が手元にあって、それを使って料理を作るって、ただそれだけでワクワクしちゃう、おご馳走。

    白ソーセージを奮発し、まずは茹で、それをブツブツ、一口大にぶったぎりフライパンに入れから煎りをする。
    ソーセージの断面にブツブツ、水気が逃げた穴ができこんがり色がついた頃。
    カレーケチャップをプチュっと入れて混ぜ合わせながら熱をくわえる。
    厨房中に甘くて辛い、独特の匂いがただよってくる。
    胡椒を少々。
    最後にパラっとカレーパウダーふりかけて、白ソーセージのカレー炒めのできあがり。

    curryfrank.jpgカッジョカバーロトーストをサイドに添えて、おしゃれに装う。
    これで冷えた甘めのリースリングがあったりすれば、もう言うことのないゲルマンな夜。
    プチュンとしたソーセージの食感と、カレーの風味の甘酸っぱいソースが見事にひとつになって、しかも焦げた脂が香りたかくておいしい。
    カレーケチャップとは言うけれど、ケチャップっぽい味がするかといえばそうじゃない。
    むしろ中濃ソースから旨味を残して風味を完璧にとっぱらい、そこにカレーを足したようなそんな味わい。
    酸味を帯びたカレーソースを思えばいいんだ、…って実感します。
    おもしろい。

    サクサク乾いた太いソーセージの断面部分に、ソースがそっと忍び込んでる。
    そこがこれまたおいしくて、チーズトースと片手にパクパク。
    食べ始めたら、とまらない。

    サラダをあわせておなかをみたし、最後に麺。
    夏のぶっかけソーメンにする。

    d2cba09f.jpeg茄子を焼く。
    皮ごと、丸ごとやいたのを熱々のうちに裂いてそのまま冷蔵庫。
    ゆっくり冷やしながら休ませてやる。
    すると驚くほどに甘みを中に蓄えた、トロンとなめらかな冷やし茄子が手に入る。
    それとミョウガと大葉をきざんだものをタップリいれて、ショウガをすって目と鼻のあしらいして出来上がり。

    ぐるぐるぐるんとかきまぜて、お皿の中のすべてをひとつにあわせて、すする。
    口が感じる第一印象は、冷たいモノがなだれ込んでくる爽快感。
    ところが次の瞬間に、冷えた焼きなすの甘みの強さに舌がおどろく。
    細いクセしてはりのあるそうめんの麺に茄子のトロンとなめらかで、ムッチリとした繊維がペットリ貼り付くようにやってくる。
    口でモグモグ、ちょっと余分にもてあそんでみる。
    すると茄子が崩れてまるでソースのようになに麺にからまり、冷たいカッペリーニを食べてるみたいな気持ちすらする。
    ちょっとたのしい、夏のご馳走。

    ドイツの白いソーセージ。
    カッジョカバーロはイタリア風で、最後の〆は日本の麺。
    日独伊!
    日曜の昼がスキっときます、遅い昼。

    夏が近づくと麺が増える。
    するするとした食感が暑さをしのぐのにピッタリだったりするのでしょう。
    もともとの麺好きに拍車がかかるこれからのコト。

    それにしても素麺とうどん。
    同じ小麦粉麺なのに、まるで違った、味に食感。
    すすり込んで喉をおいしくくすぐるために最適化されている素麺と、唇から歯茎、口蓋、そして喉と口の隅々をなで回すため出来上がっているうどんの違い。
    太さ、塩味、そして風味のちょっとづつに違いがこうしてひとつになると、口は大きな違いに感じる。
    おもしろい。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    映画二題 HOME 定食富士一&チップス*2
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]