忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    10 2017/11 12
    S M T W T F S
    1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    夜のご飯。

    toritakikomimesi.jpg鶏肉。
    笹がきゴボウに細切りこんにゃく。
    ごま油をひいたフライパンでじゃじゃっと炒め、麺つゆを入れてちょっと煮立てる。
    焦げた香りがしはじめたところで火を止め、といたお米を入れたお釜に移してパチッとスイッチ入れる。
    鶏ゴボご飯。
    炊き上がりスイッチがパチンと切れたら蓋を開け、ご飯と具材をグルッとかき混ぜ、黒胡椒をパパッとかけて蒸らす代わりに再びスイッチ。
    二度炊きをして焦げ目を作る。

    香ばしい匂いがします。
    甘辛醤油を炒め上げカラメル化した部分がご飯にこびりつき、オコゲが綺麗にできるのがいい。
    炊きたてご飯の甘い香りと、醤油が焦げた香ばしさ。
    ゴボウの吐き出す土の香りがまた力強い。
    二度炊きすると、ちょっと固めでパラパラご飯になるけれど、それがまたまたおいしく感じる。
    ちょっとピラフっぽい食べ心地。

    それからおかず。
    カツ煮を作る。

    katuni.jpgちょっと楽して近所のスーパーでロースカツを買う。
    それをザクっと切り分けて、卵焼き用の四角手鍋に出汁をはる。
    讃岐の醤油を使ったうどんのかけ出汁を、鰹の出汁で割ったのわかして、そこにタマネギ。
    それからトンカツ。
    よく溶いた二個の玉子をソッとカツの周りに流す。
    熱がしっかり通るよう、カツにのせずにユックリ、ジンワリ、弱火で煮込む。
    ちょっと蓋して蒸らしながら火を止めて、それでザザッと木皿に移す。
    ススっとキレイにお皿に乗っかるはずだったけど、ちょっと壊れた。
    やっぱり丼用の柄付きの鍋を買った方がいいのかなぁ…、って思いもするけど、まあ、これも良い。
    おうちのご飯…、って言う感じ。

    味はちょっと塩辛かった。
    うどんのかけ出汁が濃い上に、カツにしっかり味が乗ってて、味と味が口の中にて混ざりあう。
    こんなときに限ってご飯も味付けご飯。
    やりどころなく、お茶を飲む。

    ところで、寝る前に本を読むって習慣のある人にたのしい、こんなアイディア。

    honnosekielight.jpgReading Lamp…、って名前のガジェット。
    まだコンセプトモデルの段階。
    だから買うこと叶わぬ商品ではあるのだけれど、本をかぶせると明かりが消える!というベッドサイド用の電気スタンド。
    ほしいなぁ…、って思います。

    ボクは小さな頃、ベッドに入ってすぐ寝られない子供でした。
    頭の中をいろんなコトがグルグルグルグル、回転木馬みたいに駆け巡り、ベッドに入ると頭が興奮しちゃって眠れない。
    変なことを考えなくてすむように、百科事典をぼんやりズッと見続けたり、あるいはテレビの深夜映画をよく見てた。
    へんてこりんな映画やアートが大好きなボクは、その頃に観たイタリア、フランス、イギリスの前衛映画が作ってくれた。
    雑学の塊みたいな今のボク。
    多分、子供の頃の夜作られたに違いない…、って思う程、ボクは眠らぬ男の子。
    そのときこんなランプがあれば、百科事典を見つかれてそれをソッとかぶせた途端、眠りの国に落ちていくことできたのかなぁ…、って思ったりもした。
    どうだろう。

    ところで、コレ。
    コンセプトを考えた人は「本をのせると消える」のでなく「本を持ち上げると明かりがつく」という用途をまずは考えたという。
    なるほど、なるほど。
    ランプの上に本じゃなくってノートをおいて、ペンをそっと沿わせれば目を閉じ何か思い浮かんだそのアイディアを、明るいところでノートにメモすることできる。
    ますます欲しくなっちゃいますネ。
    ますます眠れぬなるかもしれず、それでもいいか、と思ってしまうほどのアイディア。
    誰か作ってくれないかなぁ…。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    無題
    こんばんは!
    炊き込みご飯にゴボウ、合いますよねー。
    ウチも昨夜はゴボウと残り物のホタテ貝(貝ヒモのついている方)で作りました。
    炊き込みご飯の水加減って、割と適当にしても、白飯とは違って、なぜか上手く炊けてしまう。
    具材が水分の調整をしてくれるのかなぁ。
    不思議なんです、
    hiyokoさん / 2009/09/03(Thu) /
    みんなの助け合いで。
    > hiyokoさん
    確かに炊き込みご飯は炊き損じが少ないように思います。
    お米や具材が手に手をとって、おいしくしてくれるのかもしれませんね。
    ホタテの貝ヒモ。
    味をタップリ出してくれる上に、歯ごたえがとてもたのしいステキな素材。
    ヒモだけをきんぴら風に炒めるのもおいしいですよ。
    サカキシンイチロウさん / 2009/09/03(Thu) /
    Reading Lamp
    わたしも子供のころから、どんなに眠いと思ってベッドに入っても、
    本を1ページでも読まないと眠れない子供でした。もちろんその習慣は今も続いていて、
    眠る前には本必須。
    でも小説やハラハラするものは明るくなるまで
    夢中で読んでしまうので、いつでも読むのはマンガ(笑)

    でも、電気スタンドのスイッチを切るのもめんどくさいときがあり…
    そんなわたしに、このガジェットはステキすぎます。発売されたら即買いしそうです。
    あや~んさん / 2009/09/03(Thu) /
    ほしいですよね!
    > あや~んさん
    本当にこれ、ステキですよね。
    ちょっとしたセンサー技術の応用で、簡単に出来そうでもあり難しげでもあり。
    誰か作ってくれないかしら…、ですね。
    サカキシンイチロウさん / 2009/09/03(Thu) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    拍手喝采 HOME 白山、丘上、鉄火丼
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]