忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    10 2019/11 12
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    新宿界隈で仕事をする今日。
    朝を新宿、天きんでとる。

    tenkin9.jpg新宿西口ロータリーに面して朝から営業をする和食の店で、もう20年以上の付き合いになるんじゃないかなぁ…。
    通いはじめてからもう3度、場所を変えてる。
    西口地下街の再開発と区画整理のたびに場所が移転して、やっと今の場所に落ち着きもう5年。
    今までの中で一番明るく便利になって、だからかお店も繁盛してる。
    朝の外食。
    昔は喫茶店がその牽引車で、ところが喫茶店が街から姿を消してから、ひさしくブームから遠ざかってた。
    そこにやってきた、マクドナルドの朝マック。
    強烈にして執拗なテレビキャンペーンが、「朝をお外で」ってイメージをサブリミナル的に浸透させた…、のかもしれない。
    最近、朝をやる店、増えてきた。
    そう考えると、もう20年も前からずっとほとんど同じメニューとやり方で、こうして営業やっているココはスゴい…、って感心をする。

    鮭の定食に冷や奴。

    1f5454d1.jpeg焼き鮭、焼きサバ、奴に納豆。
    すべてのメインにしらすおろしと汁とご飯と海苔がつき定食をなす。
    それだけじゃなく、それらのメインを組み合わせて自分ながらの定食を作ることができるスタイル。
    見ていると、半分くらいの人が焼いた魚に奴か、納豆。
    盛り合わせにして食べている。
    押しつけじゃなく、選べるってコト。
    自分好みにできるコト。
    それって結構大切なこと、だろうと思う。

    例えば飲み物。
    お店でコーヒーをたのむと必ず、砂糖とミルクがついてくる。
    入れるかどうかは個人の自由。
    それがついて来なかったり、あるいは最初から砂糖とミルクが入っていたりしたらばちょっとさみしく感じる。
    それに比べて日本茶、緑茶。
    みんな同じ、が当然のようにやってくる。
    コーヒーにお金は払える、けれどお茶にはお金を払わぬ。
    お客様にあわせる工夫をしたかせぬかの違いなのかもしれないなぁ…、って、そんなことを思ったりした。

    奴に七味。

    7325ce73.jpegカプサイシン効果をかりて、ツルンとやさしいなめらかを、ピリっと凛々しい朝のおかずに仕立てて食べる。
    この食べ方。
    ボク、オリジナルだと思っていたら北関東ではわりと普通に見られる習慣…、ってちょっと前のけんみんショーで言っていた。
    ほんとかどうかは定かじゃないけど、でもこのおいしさは独り占めしておくには勿体ない。
    昨日の夜からちょっと熱っぽかった喉が冷やっと、気持ちよくなる。
    しかもジンワリ、お腹の中があったかくなる。
    おもしろい。
    ご飯に汁でお腹を満たし、やさしい朝の糧となる。

    ところでところで。

    人から頂戴してうれしいモノは何?

    ボクの答えは「笑顔と拍手」。
    愛情、承認、認知に施し。
    賞賛、友情、勇気に決心。
    それらステキな感情がとても自然に表現されるそのされ方が、笑顔と拍手じゃないのかなぁ…、と思うから。

    一時期、講演活動を仕事のひとつとしていたことがありまして、壇上で頭を垂れた瞬間にいただく拍手。
    さざ波のようなちいさな拍手が、徐々に大きくなって、講演会場をすっかり満たす大きな拍手になる瞬間。
    ああ、良かった!…、っていつも思った。
    認められたと思える幸せ。
    拍手は人に勇気をくれる。

    そんな拍手もイギリス人の皮肉にかかるとこんな具合になっちゃいます。



    「Applause Machine」。
    「賞賛マシーン」と訳しましょうか。
    どうも売って、いるようですな…、なんだかちょっとおもしろい。
    今日はこれから勉強会。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    無題
    賞賛マシーンで思い出しました。
    「ほめられサロン」
    http://homeraresalon.com/

    こんなプログラムにほめられても・・・
    って思っていても顔がニヤ付くのはなぜなんでしょうね。
    れきさん / 2009/09/03(Thu) /
    ほめられサロン
    > れきさん
    きゃははは。
    ちょっとくすぐったいけど、なんだかうれしいですね…、ほめられサロン。
    人ってほめられながら育つ生き物なんだなぁ…、っても思います。
    サカキシンイチロウさん / 2009/09/03(Thu) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    原宿バンブー、試食の仕事 HOME アジノコイ夜
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]