忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    10 2017/11 12
    S M T W T F S
    1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    家はおうちで料理をつくる。昨日に炊いた土鍋ご飯の残りがあって、冷蔵庫中のあれやこれやを整理しなくちゃいけないからと…。



    昨日の夜に食べようかって、思って買っておいた豆腐を使い切るため麻婆豆腐。
    細かく刻んだ玉ねぎと豚ひき肉を滲んだ脂が透き通るまで炒めて、そこに細かく刻んだ茄子の湯通し。本当は油通しをするんだろうけど、スッキリとした味にしようと湯通したのを、ギュッとさらしで搾って使う。豆腐を電子レンジでチンして余分な水気をとって刻んだ春雨と一緒にくわえてジャジャっと仕上げる。
    麻婆春雨茄子豆腐(笑)。ホツホツとしたひき肉の歯ごたえと、プルンと豆腐のなめらかさ。黒酢をかけて風味をつけつつ味わうゴチソウ。



    細切りにした根昆布を竹輪と一緒に炒め煮したもの。ニンニクと赤唐辛子をごま油で軽く炒めたところに具材をいれて、ジャジャっと炒める。
    昆布の色が変わってきたら、そこに出汁を少量くわえて蓋して最後に醤油で風味をつけて仕上げる。昆布と一緒に煮るものって、なぜだか竹輪が一番あってるような気がする。なぜだかわからぬ、ボクの中での約束事。
    朝に作ったたらこパスタのタラコの残りを使って、玉子焼きにする。
    フックラとした玉子焼きの、中でプチプチ魚卵が爆ぜる。旨味、塩味どちらもほとんどタラコの持ち味使って作る。卵焼きにて大人味。



    ところで土鍋ご飯の行方…、おかずと一緒に食べようかと思っていたけどパクパク食べて結局、おかずがほとんど失せた。それでチキンライスを作る。

    今日の朝、ナポリタンを作れるようにと事前にかっておいた具材。鶏の胸肉、チョリソに玉ねぎ、ピーマンを使って作るコトにした。
    ざく切りにした玉ねぎとチョリソを炒めて辛味と脂をにじませる。
    鶏肉入れて軽く熱が入ったところで、ご飯を手でもみパラパラにして鍋に投入。塩と胡椒で下味をつけ、熱が入ったところでピーマン。
    鍋の中のあれやこれやを縁によけ、フライパンの真ん中部分を空っぽにしてそこにケチャップ。沸騰させて混ぜ合わす。カレー粉少々最後にふって、ケチャップ臭さを消して辛味もくわえて仕上げる。あとはバクバク食べるだけ。
    さてさてこれから一仕事…、今週はちと忙しくなりそうなりな予感なり。

    前から気になっていた映画を一本…、huluの「ホラー・サスペンス」のカテゴリーに分類されてる、なのにタイトルが「ディナーラッシュ」という作品。



    ずっと分類間違いだろうと思ってた。
    だってポスターを見ると「イケメンシェフが料理を作っておりますのよ…」的スイーツな感じの映画に見えて、それでずっと敬遠してた。
    けれど他に見るものもなく食後の時間つぶしにとみたらこれが、まるで思っていたのとは違った内容。
    試しに「Dinner Rush」とアルファベットで画像検索をかけてみたらば、ゴッドファーザーみたいなポスターがヒットして、なるほどこれならもっと前からみてただろうなぁ…、と。「イケメン✕グルメ✕ニューヨーク」でなんとか人の興味をひこうとしたのが裏目に出たんじゃないかと、笑ってしまう。



    いい映画です。とある予約のとれない人気レストランの一夜の出来事。超満席のつまりディナーラッシュの厨房、客席で繰り広げられる群集劇がまずはひとつのサスペンス。
    ちょっとしたミスがお客様の失望を生むその緊張感の中で次々、起こる問題、出来事が最後の最後であっと驚く結末を呼ぶ。
    そのストーリーテリングの見事なことにも舌を巻くけど、全編で作り続けられる料理のおいしさ、厨房の中の様子にお腹がすきっぱなしになっちゃう名作。
    とりあえず、ブルネロ・ディ・モンタルチーノを飲みながらビステッカ・アッラ・フィオレンティーナを食べたくなってしまって困った(笑)。食いしん坊さんもサスペンス好きさんもまとめてどうぞ御覧ください…、オキニイリ。

    拍手[5回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ポールバセット・パンケーキ HOME Belair Instant Back
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]