忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    11 2019/12 01
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    サンドイッチをつくります。
    昨日、厚切りにして焼いた日光金谷ホテルのロイヤルブレッドを薄切りにして、それをコンガリ、トーストします。
    かなりしっかりした焼き加減で一枚、そのまま味わうと味が濃厚、風味も豊かでその味わいに負けぬようにと、具材を多彩で多めにしてみる。

    6d9c23cf.jpgまずは鶏の胸肉を薄切りにしてグリルする。
    二枚に開いた胸の肉。
    軽く叩いて大きく伸ばし、焼いたスキレットの上に乗っける。
    トングで軽く押し付けながら、塩をほどこし焦げ目がつくまでしっかりと焼く。
    それと一緒にハムも焼く。
    脂が軽くのったロースハムにて、脂が透明に透き通るまで熱をくわえて風味を引き出す。
    本当だったらベーコンを焼いてチキングリルとあわせたかった…。
    けれど残念、ハムしかなくて中でも一番脂ののった所を選んで焼いてみた。

    それから玉子。
    よく溶き卵をフライパンに入れ、そこにチーズでゴージャス玉子の出来上がり。
    トーストブレッドにまずマヨネーズ。
    玉子をおいてグリルドチキン。
    ハムをかぶせて、カーリーリーフをタップリのせる。
    コンガリの上にコンガリを乗せ、またコンガリをのっけて作ったコンガリサンド。
    ケチャップ、それからマスタード。
    プチュっとやってパンでかぶせてスパッと切ったら出来上がり。

    クラブハウスのワタクシ版…、という感じ。
    バサバサとした胸肉グリルの歯ごたえ独特、そこに焼けたハムの脂が混じって「肉!」って感じが強まる。
    玉子の香り、チーズのコクと、ひと噛みごとに歯ざわり、味が違って感じる。
    味わいにぎやか…、オゴチソウ。

    d922f305.jpg一緒にスープ。
    買い置きのキャンベルのクラムチャウダーがあったはず。
    と思って食材庫をさがしてみれば、あった、あった。
    一個だけ。
    けれどクラムチャウダーじゃなくってポテトスープでござった。
    そういえば、いつもクラムチャウダーばかりを買ってて、たしかポテトスープははじめてかもネ。
    パカッと開けると中にはタップリ、角切りポテト。
    クラムチャウダーからあさりを引いたらこれになります…、って感じの商品。
    ミルクで割って炊き上げて、そこに胡椒をガリッとやった。
    味をみたらば、味も(クラムチャウダー)マイナス(アサリ)。
    十分おいしく、むしろ味わいにぎやかな今朝のサンドイッチにあわせるのならこちらの方がいいだろうなぁ…、って思ったりする。
    こんなに簡単。
    こんなに便利。
    なのにこんなにおいしいのって、なんだか申し訳なくなるほどで、ある意味これってアメリカ人の世界に誇るべき発明なのに違いない…、って。
    カップに注いでゴクゴク飲むも、最後にタップリ、ポテトが残る…、それをスプーンですくって食べて、明るい朝がやってきた。

    それはそうと、もう2日もたったというのに、いまだにスティーブ・ジョブズに関する報道、あるいはツイートが相次いでいる。
    しかもそのほとんどが「ビジネスマンとしての彼」ではなくて、「社会を変えた人」としての内容だったりするのがスゴいと、今さらながら思ってしまう。
    そんな彼がナレーションをした、「Think Different」っていうアップルが1984年に行ったコマーシャルシリーズの未公開フィルムがアップされていました…、興味深くてしんみりします。



    自分が考えているコトが、「世界をよくするコト」であるとするならば、それがどんなに変わっていようと。
    誰からも認められず、哀しい思いをしようとも。
    それを信じてあきらめず、一生懸命がんばりつづけるコトができれば、必ず世界は変わるのだ…、と、そう思いながら生きるコトこそ人生なのだと、しみじみ思う、そんな朝。
     

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ジョブズさん
    本当に、特別なひとでしたね。
    個性を尊重するアメリカの方々にとっては、尚の事でしょう。
    私も、いわゆるマニアではありませんがimac,ipod touchとMacユーザーです。
    サカキさんのブログにいつも触発されていますが、mac関係の内容についてもしかり。
    サカキさんのアップル製品についてのお話が、いつもキラキラしていて、素敵に思っていました。
    サカキさんのブログを拝見していなかったら、ジョブズさんの作品にもそんなに興味がなかったかもしれません。ありがとうございます。
    サカキさんは、ジョブズさん亡き後もmacを愛していかれますか?
    ぱんこさん / 2011/10/09(Sun) /
    これからもずっと
    > ぱんこさん
    マックの世界。
    ジョブズ氏がしばらく間、離れていたそのときも、ずっとボクはマックが好きでしょうがなかった。
    独特の世界観。
    その生みの親が亡き後も、ずっと引き継がれるものと信じています。
    だからこれからもずっとマック。
    あるいはアップル世界を大切にしていこうと思っています。
    サカキシンイチロウさん / 2011/10/09(Sun) /
    「趣味」と「お仕事」
    って明らかに違うモノ・・・ですよねぇ。よく「趣味の延長で・・・」とか、「好きこそ物の上手なれ」
    とは言いますが。デザイン・アート系であろうが、楽器の演奏(特に吹奏楽系)であろうが、語学の勉強であろうが。
    好きだからこそハマって練習する。すればするほど上達する。それがとても嬉しかったり刺激になったり。
    ・・・ただ、どこまでハマれば「お仕事」にできる?それとも「趣味」にとどめておいたほうが気が楽?私も学生時代にこういう葛藤をイヤという程やっていたよなぁ・・・とふと、今日見たあるテレビ番組を見ながら思いました。

    確かに決して諦めず、努力の果てに「お仕事」にされた方はとても素晴らしいとは思いますが、諸事情により、「趣味」にとどめざるを得ない方も多いかと推測します。でも、どちらが充実した人生を送れるかと言えば、それこそ気持ちの持ちようで変わってくるよな、とも思いますし。そういうことを考えながら生きる人生も悪くはないな、と思いますね。
    りりこりあさん / 2011/10/10(Mon) /
    仕事
    > りりこりあさん
    好きなコトを仕事にする。
    例えば、ボクは食べるという好きで好きでしようがないことを、仕事にしてしまって、それが果たして本当にシアワセだったのかどうかと考えると、苦労もやっぱりありました。
    でも、好きなコトで食べていけるコトってステキだなぁ…、と最近、心から思えるようになりました。
    趣味にしても仕事にしても、続けるということは大切なんだなぁ…、とも思います。
    サカキシンイチロウさん / 2011/10/10(Mon) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    サルバトーレのザ・キッチン HOME 骨休めの日
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]