忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    10 2019/11 12
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    ランチを六本木ヒルズでたのしむ。
    「ザ・キッチン・サルバトーレ」なるイタリアンレストラン。
    東京のいろんな場所にあるサルバトーレ…、その中でも「ザ・キッチン」と名前についているのはココだけという、ちょっと変わった趣向のお店。

    9fdb4e2a.jpg名前の通り、テーマがキッチン。
    レストランの厨房の中で食事をたのしんでいるような雰囲気作りをしているお店で、厨房と客席の間に壁はない。
    お店に入ると間近に厨房が広がっていて、通路ひとつ隔てた向こうで料理が次々、出来上がっていく。
    ピザ窯なんて通路のど真ん中にあったりして手を伸ばしたら今つくっているピザに触れるコトができるんじゃないかしらって。
    そんなくらいに厨房と客席の距離がとっても近い。
    物理的に近い上、働いている人の息遣いが聞こえるほどに調理人との心理的なる距離が近くて、だから出来立て感が際立つ雰囲気。
    こうした厨房で働くのって、お客様からいつもみられているというコト。
    普通の厨房よりも緊張するに違いない。
    けれど、料理が出来ていく過程をみるのも、おいしい先味のひとつであります。

    しかもこの店。
    ランチは前菜、デザートがバフェになってる。
    バフェの料理が並んでいるのが、厨房の前。
    だからまるで調理に参加しているみたいな気持ちにすらなる臨場感。
    料理が次々出来上がり、出来上がったらそれが即座にバフェのお皿に盛りつけられる…、だからどれもが限りなく出来立て料理でバフェの料理を食べてる感じがしないのがいい。
    4dcea2e4.jpgサルバトーレの他の店でもランチバフェをやっている。
    それらのお店のバフェのメインはピザやパスタで、だからそれ以外の料理はほとんどがサラダや冷たい野菜の料理。
    ところがココの料理は料理。
    グリーンピースとベーコン、玉子で作るカルボナーラ仕立てであったり、クリームリゾット、ミートボールと手間暇かけた料理がいくつも並んでいたりする。
    しかも素材が専門店の上等なモノ。
    チーズは熟成きいたパルミジャーノだし、ハムも自家製の脂ののった味わい深いモノだったりする。

    f4453874.jpgメインの料理は厨房から出来立てのモノが運ばれます。
    メニューは豊富。
    パスタが全部で4種類。
    ピザも4種類。
    それに肉と魚の料理が選べるようになっていて、やっぱり出来立てのモノが一人前づつキレイに盛られ、やってくるのはおいしく感じる。
    特にパスタ。
    アルデンテという麺の状態。
    ソースと具材と麺のバランス。
    なにより熱々という温度感。
    それらはバフェの大きなお皿に盛られ、取り分けられるのを待ってる間に、どんどん理想の状態からは遠ざかっていく。
    いくつものパスタを試すたのしさを我慢するコトでおいしい状態を味わうたのしさを味わえる…、これも決して悪くはないかと思ったりする。

    今日もらったのはミートソース。
    具材もタップリ、ソースの出来も専門店の一品料理。
    ソースを茹でたパスタにかけるだけじゃない、フライパンで作ったソースをあらかじめあえてパスタに満遍なくまとわせた、いわゆる「ボロネーゼ」ってイタリアンレストランでは呼ばれる料理。
    けれどメニューにはミートソースと表記されてて、こういう気軽で分かりやすいとこ。
    いろんな人にやさしい配慮ってなんだかステキ。
    タップリ削ったリコッタチーズ。
    ガリッガリッと仕上げにタップリほどこした、胡椒の香りや甘味も見事。

    ae2d347e.jpgそれからピザ。
    2種類えらんで食べてみた。
    ひとつは定番、マルゲリータ。
    トマトソースとモツァレラチーズ。
    それにフレッシュバジルという、シンプルにして必要十分の具材で作ったピザの代表。
    やってきたときにはピザの中でフツフツ、トマトソースが沸騰していたほどの、まさに出来立て。
    縁の部分が膨れ上がって焼けている。
    そこはムッチリ。
    小麦の味と塩の味、そして油の風味が口いっぱいに広がっていく。
    ツルツルとした生地の真ん中。
    ソースをささえてスルンと舌を撫で回しつつやさしく歯切れる。
    トマトの風味とチーズのコクがドッシリ口をもてなす、ピザってやっぱりおいしい食べ物だって再認識する…、そんな味。

    それからもひとつ。
    トマトソースを使わぬピザ。
    モツァレラチーズにコットハム。
    塩を多めに使って作った、ベーコンとハムの中間のような濃厚味のハムを刻んでタップリのせる。
    それからトレビス。
    苦味の強い紫色の葉っぱ野菜で、それをミルクに浸して苦味を軽くしたモノ。
    これまたタップリ。
    トマトソースのようなわかりやすい味がない分、素材ひとつひとつの味や香りが舌にストレートに伝わってくる。
    チーズの風味とハムの脂の香りと甘味、目の覚めるような苦味がピリッと味を引きしめ大人の舌においしい一品…、お腹がほどよく満たされる。

    バフェといえどもお店の人の対応がしっかりしてて、一皿終えると間髪入れずそれを片付け、何か御用はありませんか?と。
    取皿、ナイフやフォークの交換もタイムリーでなにより笑顔がうつくしい。
    ちょっと高めの値段ではある。
    けれどボクらが来たときにもう満席で、食事を終えてもまだ満席…、それだけでなくお店の外には待ちの行列、おいしくたのしいお店はこうして流行ってるんだとそう思う。



    関連ランキング:イタリアン | 六本木駅乃木坂駅麻布十番駅

     

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    香妃園 HOME Think Differentな朝のコト
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]