忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    朝、フレンチトーストを焼いてはじめる。
    f83cc9d7.jpegちょっと変わった作り方。
    14枚切りのサンドイッチ用に売られてる超薄切りのパンを使って作ってみましょう、と思ってそれで、先日、アサンドイッチを作った残りを有効利用。
    ちょっと乾いて水気を吐き出し、軽くなっていたのを6枚使う。
    三枚づつを重ねてそれをザクッと半分に切ってそれを卵液…、玉子2個を割りほぐし、そこにタップリ、卵液の倍の分量のミルクを注ぎ砂糖をくわえてタプタプ混ぜる。

    f2281536.jpegそこに三枚重ねの薄切りパンをそっと沈めて休ませる。
    最初は浮いてなかなか沈んでくれないのだけど、しばらくしてからひっくり返し、ほったらかしたらゴクゴク健気に吸い込んでいく。
    パンとパンの隙間から卵液がしみていくからなのでしょう。
    30分ほどで器の中の卵液がキレイになくなり吸い込まれてる。
    パンとパンとがキレイにくっつく。
    ちょうど6枚きりくらいの厚さでしょうか。
    フレンチトーストを作るにはほどよいサイズで、それを油をなじませたフライパンに入れて火にかけ蓋をする。
    プチプチ、玉子がはぜる音がしてほどよき焦げ目がついたらそれをひっくり返す。
    同じく蓋して焼き上げて、お皿に移して出来上がり。

    パンの断面をみると薄切りのパン同士がキレイにくっつきあって、まるで一枚のパンをつかって作ったように見えます…、うつくしい。
    外はカリッと、中はシットリ。
    フレンチトーストはこうして作るのがいいかもネ…、って思ったりした、オキニイリ。

    パリの友人が送ってくれた塩キャラメルのコフィチュール…、小さな瓶にスプーン付き。
    タップリ、フレンチトーストにのっけてしばらくほうっておくとトロンととろけてフレンチトースト全体をツヤツヤさせる。
    香りも風味も甘さも上等…、ステキな朝の出来上がり。

    ところで昨日から、DVDを借りて仕事をしながらボンヤリ観てます。

    ip7ekh.jpgアニメに大作、それからホラー。
    ほとんどは流し見する程度のほどほどの出来の作品で、けれど一本。
    スゴイの観ました、
    韓国映画の「ヘンゼルとグレーテル」と言うホラーなドラマ。
    グリム童話のヘンゼルとグレーテルをモチーフにした、真理ドラマで見始めてたった5分で魅入られて、もう一瞬足りとも目が離せなくなってしまった。
    画面の隅々。
    音のひとつひとつを見逃すものか、聞き逃すものかずっと緊張しながら見入ってしまう。

    日本語吹き替えバージョンもなく、不慣れな韓国語を字幕と一緒に聞かなきゃいけない。
    その不自由が、なおさら物語への集中力を高めたのかもしれません。

    時計が止まる世界の出来事。
    うつくしく、仲良い家族が棲む家に紛れ込んだ主人公が経験する切なく、哀しく、残酷な出来事を描いた物語。
    あぁ、こうなるんだろうなぁ…、と大体の予想はつくけどただそれがどのような結末に向かっていくのかわからない。
    だからグイグイ、話の先に惹きつけられてく。
    日本のホラーが音や画像の「怖さ」で人を驚かせようとする方向にどんどんいって、見世物映画のようになった。
    ところが韓国のホラー映画は音と映像のうつくしさと、残酷な物語とのギャップで人を不安にさせる…、人のココロの中にある闇こそ最もおそろしい。



    この予告編をもしも先に見ていたら、ボクはおそらく、このDVDを借りなかったに違いない…、この映画の魅力の1割も表現できていない内容がかなり残念。
    実際の映画はおどろおどろしいほどにうつくしく、流麗なワルツの流れる中で次々、人が森に飲み込まれ人が壊れて消えていく…、秀作でした、オキニイリ。
    2007年公開の、だからTSUTAYAで100円という勿体ないほどの安さであります、それもよし。
     

    拍手[6回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    おいしそうなフレンチトースト!
    いいなあ

    ふとおもいだしました

    おなじような食パンを

    麺棒でペラペラにして

    レンジで乾燥させると

    不思議な食間に

    クレージーソルトと

    クリームチーズのせると

    おいしいですよ

    おためしあれであります
    ネコスタさん / 2012/05/04(Fri) /
    試してみます
    > ネコスタさん
    ペラペラなだけにいろんな加工法が考えられそうで。
    ずっとあんまりすきじゃなかったのですけれど、素材として考えると使い勝手が良いことがわかったのが、今朝の収穫でした。
    サカキシンイチロウさん / 2012/05/04(Fri) /
    ホームパーティー、ホームでディナー HOME DD新宿、家の夜
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]