忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    友人の家でホームパーティー…、お好み焼きで盛り上がりませんかとそれでおよばれ。
    iwai.jpg最近、一緒に仕事をしているシェフのご家族。
    いつもはおいしい料理を食べる役割をほぼ完璧に演じてるシェフの奥さんがお好み焼きを焼いてくれるというのでこれはこなくちゃと…、テクっと歩いて。
    ご近所さんでありまして、ボクの住んでる四ツ谷三丁目から坂道おりて曙橋。
    ドアを開けるとお二人が買ってらっしゃる愛犬、ラッキー君がボクに飛びつきお出迎え。
    お行儀のいいシュナウザーくんで、お好み焼きを焼いてる間もずっと横でジッとしている健気で瞳がクリクリしてて、こんなコンパニオンがいる生活っていいなと思う。

    c4eb669b.jpegボクらは我慢ができない人間でありますゆえテーブルの上に並んだ料理をあれやこれやと。
    生春巻きで巻いたサラダ。
    レタスやルッコラの葉っぱ野菜と、スモークサーモン。
    あるいはチャプチェや茹で卵。
    ベトナム料理の姿をしながら、手づかみできるサラダというその正体がとてもたのしい。
    パーティーフーズにはこうした気軽な食べ方のモノがアリガタイって思ったりする。
    野菜の千切りをタップリまとわせ揚げた唐揚げなどをモグモグしながら、お好み焼きが焼けていくのをたのしく待ちます。

    鉄板の上で焼かれる料理。
    ビバリーヒルズのお金持ちたちが、家の中に鉄板焼きのカウンターを作るコトが流行った時代があったけれど、ホットプレートは小さな鉄板カウンター。
    Benihana of Tokyoのシェフはいずとも、ココにはステキな焼き手がいます。
    ポッテリ焼いて、豚肉をのせペタンとひっくり返して豚の脂がこんがり、カリッと焼けたらできあがり。
    おかかに青のり、貝割れ乗っけて食べるのがここの流儀ということで、それを真似してハフっと食べる。
    山芋がタップリはいってポッテリとした食べ心地。
    キャベツの他にエビや刻んだ紅しょうががタップリ中に入ってて、ムッチリとした食べごたえ…、ちょっとたこ焼きみたいな風味があってお腹にたまるゴチソウ。
    会話もたのしくあっという間におやつ時…、フルーツたべてごきげんようとおいとまします、ありがとう。

    夜は自宅でご飯をユックリ。

    kama.jpgパエリア炊きます。
    焼いて作るのでなく、炊飯器で炊いて仕上げて作ってみようと。
    ホットプレートで蒸し煮しながら仕上げるパエリアは一時期ハマった。
    すべての具材とスープを入れて、沸騰させてそれから蓋して中の水分がなくなるまで中火で炊いて、蒸らしながら熱を通すと、パラっとご飯が仕上がりできる。
    テレビをみながら。
    ほかの料理を食べながら。
    火加減だけを注意しとけば失敗せずにできるので、とても便利で今日もそれにしようかと思ったんだけど、ちょっと実験。
    炊飯器。

    近所のちょっと変わった食料品店でタイ米を安売りしていて、それを使って作ってみませうと企んだ。
    スープにサフラン。
    お米は洗わずそのままいれて、パプリカにハム、それから生のグリーンピースを放り込む。
    母が送ってくれたおかずの中にエビを茹でたのがあって、それの皮むきそれも具材に。
    最後にアサリをドサッとのせたら蓋して普通に炊きあげる。
    30分ほどで炊き上がり、パカッと炊飯器の蓋を開けると、内釜一杯にあさりが口を開いて「出来上がったよ」って大声上げているように見えるシアワセ。

    761fdaff.jpegまずはご飯の上にのっかったアサリを取り出し、グルンと内釜の中のご飯や具材をかき混ぜる。
    この段階ではまだ少々、みずみずしさがご飯に残って、だからかきまぜ水蒸気を吐き出しご飯をカラッとさせる。
    再び蓋して、ちょっとだけ追い焚きをしてご飯をカチッと炊きあげる。

    そもそも炊飯器で炊くので、失敗ゼロ。
    タップリのエビとアサリでうま味も十分。
    ホツホツとしたタイ米の食感たのしく、口に含むとパラリと散らかる。
    日本のお米に比べてひとつひとつが自立している感じで、情報量が多くてたのしい。
    熱の入ったパプリカは、酸っぱく甘く香り鮮やか。
    トマト味のズッキーニのような感じがオモシロク、このパエリアにみずみずしさをくわえてくれる。
    豆がカラコロ。
    口に転がり、お米の食感と違った散らかる感じをくれる。
    レモンを絞り酸味を足したり、タバスコかけて辛味を加える。
    ちょっとずつ味を変えつつ沢山のご飯をお腹におさめてく。

    これはこれにておいしいけれど、やっぱりこれは炊き込みご飯。
    ホットプレートで作った方が、パエリアっぽい仕上がりになる…、今日は勉強。
    それにしても電気炊飯器とホットプレートというこの2つの調理器は日本人の偉大な発明であるとしみじみ感ずる、そんな夜。
    ee016697.jpegそれから母のおかずの中からまずはタケノコ、シイタケ、それから高野豆腐を煮たものをとりわけ今日の食卓かざる。
    高野豆腐は小さい頃からなぜか大好き…、口に含んで出汁をまず吸い、スパスパ、まるで乾いた海綿みたいになったのを口の中を転がしもてあそぶのが大好きで、まるで年寄りみたいな趣味だネって母から言われて育ったワタクシ。
    母の高野豆腐はとっても甘くて、出汁の風味も濃密で、昔のようにたのしんだ。
    カニの方がスパゲティーより多んじゃない?って思うほどにサービス精神旺盛なパスタサラダも母らしい。
    昨日のすき焼きになり損なった讃岐牛。
    焼肉のタレとごま油を揉み込み休ませ、それをフライパンで表面カリカリになるまで焼いたプルコギ風に春菊と胡麻を添えてメインディッシュの代わりにします。
    お腹も気持ちも満たされる、シアワセな夜、また明日。
     

    拍手[10回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    無題
    いつも、楽しく拝見しています。
    お店でも、パーティーのときめきなどに、
    パエリアをだしたいなぁと思っていたのですが、
    そうか!
    その手があったか!!
    こんど、試作してみます。
    横手です。さん / 2012/05/05(Sat) /
    ぜひぜひ
    > 横手です。さん
    仕込んでしまえば手間いらず。
    海の幸を沢山入れれば、フレーバーもシッカリついておいしく食べられます。
    ぜひ、試してみてください。
    サカキシンイチロウさん / 2012/05/05(Sat) /
    ハモンセラーノフレッシュネス HOME フレンチトーストの上等な朝
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]