忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    昼、弁天庵で鍋焼きうどん。

    da72420b.jpeg実は朝、食をとってから悪い咳が止まらなくなる。
    喉の奥に太鼓があって、バリバリ破れ太鼓を叩くみたいなそんな咳。
    熱っぽくもあり鼻水も出る。
    こりゃヘタすると風邪のはじまりになっちゃうぞ…、と、消化によくて温まるモノで体を癒す。

    土鍋の蓋を取るとグツグツ、沸騰をする出汁の中で踊るうどんが見え隠れ。
    出汁の香りと麺が踊るその様に、食欲が湧く。
    かまぼこ、椎茸、鶏肉にお麩。
    トロトロになったネギにお餅と具だくさんで、何より出汁をタップリ吸って、飴色に変色をしたうどんがおいしい。
    これにイカと海老のかき揚げ天ぷら。
    ご飯がついてひと揃えとなる、お腹にやさしいオゴチソウ。

    9ad18474.jpegちょっと栄養つけませんことには…、と、それでネギをタップリ入れて焼き上げた出汁巻き玉子を追加でとった。
    出汁をタップリ含んで、とてもシットリ。
    箸でそっと押さえるとジュワッと出汁が滲み出してくるほどで、ひとかけつまんで口に運ぶと舌がたちまちみずみずしくなる。
    ご飯と一緒にほうばればまるで卵雑炊のようになっていくのにウットリします。
    シャキシャキとしたネギの食感。
    緑の香りがさわやかでもある。

    うどんの鍋の中の具材でご飯を食べます。
    プチュンとした椎茸のなめらかだけど逞しい食物繊維が歯をくるむ。
    出汁をタップリ含ませたお麩のムッチリ。
    うどんを煮始める最初から落として煮込んだ玉子をご飯にのっけて崩す。
    そこにだし汁かけまわし、ザブザブ食べるのもまたおいしい。
    鍋焼きうどんについてくるサクサクかき揚げ。
    それを鍋の中にそっと置き、汁をすわせてご飯にのっける。
    天ぷら衣が吸い込んだ出汁が米粒つつみこみ、スルスルスベスベ、ご飯をおいしくさせるゴチソウ。
    汗までかきます。
    部屋に戻ってあったかくする。

    夜は家で自炊とす。
    まずは、おかぁさん風のおかずを作る。

    2ec39f48.jpegテーマは「飾り包丁」とする。
    コンニャクに細かく斜めに切り込みをいれ、一口大のサイコロ状にまずは切る。
    熱湯をかけ、アクをちょっとだけ落として冷ます。
    それからカボチャ。
    小玉の半割りを買ってきて、それを月切り。
    緑の皮に包丁を入れ、大きく切目をいれておく。
    もっと大きなカボチャだったら、亀の甲羅のような模様に細工する。
    けれどこのサイズなら、松の葉状の切り込みススッと入れる程度がうつくしい。

    出汁に醤油に砂糖をあわせて、まずはコンニャク。
    煮込んでしばらく休ませる。
    煮たコンニャクが冷めた頃合いで、煮汁を少々拝借し、砂糖をくわえて味ととのえる。
    冷たいままの煮汁の中にカボチャを沈めてやさしく煮込む。
    蓋を落として煮汁を飛ばし、カラッと仕上げる…、お皿に盛って出来上がり。
    カボチャの煮込みはコホコホするほど汁気がなくて、ホッコリとした仕上がりが好き。
    プチュンと前歯にまとわりつくよな煮たコンニャクの食感、たのしい。
    乾いたカボチャと好対照で、かなりゴキゲン、お袋風。

    生のキャベツをザクッと切ってそこに塩昆布。
    ゴマをパラパラッとほどこして、ごま油に塩を溶かしたタレをザザッとかけまわす。
    ざく切りキャベツの塩サラダ。
    銀座黒尊が産んだ簡単料理で、今ではいろんな居酒屋、セブンイレブンでさえ売っている新定番の料理になった。
    結構、簡単に出来るものです。
    一重に昆布の旨みパワーのなせる技。

    f7a2d00c.jpeg〆を蕎麦。
    茹でてさらしてぶっかけ蕎麦にして食べる。
    千切りキュウリ。
    薄焼き玉子を作って錦糸にととのえて、蟹のかまぼこを割いておく。
    深皿に冷やした出汁を注いでおいて、麺をまずは山に盛る。
    具材をきれいに飾り付け、天かす、それから大葉をパラッとあしらってズルッと食べる。
    体の中に一本ストンと、冷たい芯が通ったようなそんなさわやか…、体が中からよみがえる。
    食欲無いとき。
    何を最初に食べたいと思うか…、って言えば絶対、ボクは麺。
    中でも蕎麦かな?
    パラッパラッと口の中でほぐれて踊る蕎麦独特の食べ心地。
    水を中に閉じこめたよなみずみずしくて、香り豊かな風味と味わい。
    タップリ食べても決して体に負担がいかない。
    食べてたのしむリフレッシュメント…、そんな感じに救われる。
    あったかくしておやすみなさい、また明日。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    不摂生?
    あらあら、どんな不摂生をなさったのでしょう?
    週明けにでも、お食事に誘おうと思っていたのですが・・・

    早く治してくださいね

    koutagawaさん / 2010/03/07(Sun) / URL
    食欲は
    > koutagawaさん
    食欲はあります。
    ただ、熱っぽい。
    鼻水が出る。
    たまった疲れが一斉に出てきたような気がします。
    お誘い、お待ちしておりますです。
    サカキシンイチロウさん / 2010/03/07(Sun) /
    鍋焼きうどん
    風邪の時は特においしく感じますね。
    こんな時でも〆のお蕎麦の薬味にいたるまでおろそかにしないサカキさん、
    素敵です。
    おなかにくる風邪も流行っているようです。
    三寒四温どころか一寒一温のような天気が続いて、そろそろ体がついていけなくなりそうな感じすらします。
    お大事になさって下さいね。
    あーたさん / 2010/03/07(Sun) /
    咳が
    > あーたさん
    咳が激しく、せき込むとお腹が擦れるような痛みを感じる。
    食欲は本当に失せないのですけれど、違和感にちょっと悩んでいます。
    早く春が来ればなぁ…、って思います。
    サカキシンイチロウさん / 2010/03/07(Sun) /
    季節の変わり目
    季節の変わり目らしく、気温の変動も激しいですよね。
    お体、大切にしてください。
    あっくんさん / 2010/03/07(Sun) /
    ちょっとずつ
    > あっくんさん
    季節の変わり目に強いたちだと思っていたのですが、やっぱりちょっとづつ弱くなっているのかなぁ…、って思います。
    ホットチョコレートで体を甘やかすのもいいかなぁなんて思ったりもしたりします。
    ご心配、ありがとうございます。
    サカキシンイチロウさん / 2010/03/07(Sun) /
    リンゴの国でヒトリゴト HOME アボカドサンドとサルサなCM
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]