忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    今日は近所の弁天庵。

    3145a7da.jpeg風はすっかり春の風。
    やさしくふいて、店先にある暖簾をフワッとはねあげる。
    ふわりふわりとめくれて揺れて、お店の中に「さぁ、どうぞ」と誘うような優しい気配。
    昔、海外から日本に来た人が日本で苦手なモノのひとつが、お店の先に揺れる暖簾だって言われてる。
    中がどんなかわからない。
    なんで中を隠すんだ…、って言った気持ちもわからなくない。
    けれど日本人としては、風情ゆたかな暖簾をみると、それをくぐってみたくなる。
    中を全部みせてしまうのは、粋じゃない…、って日本人的気持ちがうんだ、日本の独特。
    今日もくぐって、おはようさん。
    地震の影響どうですか?
    ありがたいことに、うちはあんまり影響ないです。
    いつもどおりにお客様がやってくる…、ただ、夜は早めにお客様が引いてしまうかなってそんな情報交換をする。

    4e064205.jpeg朝の定食。
    蕎麦にご飯に玉子焼き。
    納豆、とろろに昆布、海苔という代表的なる朝食メニュー勢揃い的なるオキニイリ。

    出汁巻きではある。
    けれど関西風の出汁を限界まで飲み込ませたシットリ出汁巻卵じゃない江戸前玉子。
    蕎麦屋さんの典型的な出汁少なめでフックラ焼いた玉子焼き。
    甘味も控えめ。
    フカっと前歯にやさしくて、玉子の香りがかなり濃厚。
    特に今朝。
    なぜなんだろう…、いつも以上に玉子の匂いが強くっていつもはそのまま食べられるんだけど、醤油をかけて匂いを消さなきゃ食べられぬほど。
    玉子がたまたま元気な玉子だったのかもねって思ったりする。

    納豆の上に昆布の佃煮をのっけて食べる。
    混ぜずにそのまま。
    口の中でホツホツとした納豆が、ユックリとろみを吐き出してネバネバになる食感の変化をたのしむ。
    混ぜずに食べると、最初は苦く、徐々に納豆本来の甘味、うま味を出していくのがまたたのしい。
    ネバネバとろろにネバネバ納豆…、糸引くようにがんばらなくちゃって思いもする。

    d102794a.jpegいつもは温かい蕎麦をとる。
    熱々の汁がスープがわりになるからそれで。
    熱いそばは、蕎麦独特の青い香りが濃厚にする。
    ムッチリとした、ちょっと粘り気のある喉越しも悪くない。

    なのに今朝は知らない間に「冷たい蕎麦で」とたのんでた。
    注文を受けたいつものお店の人が「冷たい蕎麦ですね?」とワザワザ念を押してくれたのに、気付かなかった。
    もらってはじめて、あっ、汁がない…、って(笑)。
    冷たい蕎麦は具沢山。
    ネギにワカメに天かすに、それにわさびが乗っかっている。
    それらをグリグリ、練り練りしてズルッと食べる。
    角のたったハリのある麺。
    ツルツルしてて、なめらかで、喉の細かな麺が通り過ぎていくのがわかるのがいい。
    朝のお腹にひんやりスルンとおいしい蕎麦が入って、満たす。

    食後にドトール。

    1c3300be.jpeg打ち合わせにゆく時間の調整。
    朝の時間にコーヒーを飲む。
    大人な感じ。
    昔、ボクが住んでいた松山の家は商店街の中のビル。
    ボクらは4階に住んでいて、その2階には喫茶店があり、商店街のオジサンたちが開店準備をしたあとによくコーヒーを飲んでいた。
    朝の時間をちょっとユッタリ、贅沢に。
    悪くないんじゃないかと思う。

    今朝は冷たいアイスラテ。
    なんだかちょっと、喉が乾いた。
    グラスにタップリ氷とラテ…、カランカランと氷がグラスに触れてなり、口の中に冷たい苦味が走ってく。
    ただいつもは感じるビターな風味のかわりに何か、変わった匂いがするけど何だ?
    そう思いながら味わってたら、なるほどそれは納豆臭でありました。
    それはそれで味わいぶかく、髭をクロスで拭って口の周りの匂いを丁寧にとる。
    さてさて出かけるコトといたそう…、三連休の前の金曜、がんばろう。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    クリームチーズのクリクリドーナツ、そして蕎麦 HOME 赤坂「まる伊」のづけ穴ちらし
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]