忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    家に帰る途中で軽く晩ご飯…、妻家房でチャチャッとすませる。

    bfafc88d.jpegちょっとお疲れ気味でございましょうか…、四ツ谷三丁目の駅の階段で息が切れる。
    地下鉄の駅の中で、エレベーターも、エスカレーターも無い駅ってずいぶん少数派になっちゃった。
    丸ノ内線に多いでしょうか。
    東京の地下鉄の中で、銀座線に次いで古い地下鉄で駅が小さく、出口が歩道に直接口を開けてる構造。
    だからエスカレーターを作るスペースが無いんでしょうネ。
    一日、必ず二回の上がり下り。
    良い運動とたのしんでいる…、けれど時折、息が切れるコトがあるのはしょうがない。

    それで滋養に満ちたご飯を食べなくちゃ…、と。
    最近、自分で料理を作ると「サッパリ系」の料理が多い。
    特に酸味をおいしく感じる気配があって、なかなか「元気が出る系」料理を作らない。
    食べたいモノと、作りたいモノが食い違う。
    ならばお店でご飯を食べる。
    ありがたいコトに四谷三丁目には韓国食材の総本山的、ココがある。

    ソルロンタンをいただきました。

    597ba080.jpeg牛スネ肉をコトコト煮込む。
    脂がほとんどない部分。
    塊のまま煮こんでそれを薄切りにする。
    これをそのまま、キムチと一緒に食べる料理もあるけれど、ソルロンタンではこれがメインの具材になります。
    白濁させた牛骨スープで、素麺を煮てそこに煮込んだ牛スネ肉をしずめてネギの風味を添える。
    たったそれだけ。
    他に余分な味をまったくたさず、ただ純粋に牛肉、牛骨、牛脂のうま味を味わうスープ。
    煮込み具合が雑だったのか、ちょっと獣の匂いがします。
    博多のとんこつラーメンのスープのような匂いがフワッと鼻をくすぐる。
    これもうま味のひとつよね…、とそれでコクッと一口飲むと、不思議なコトに臭みが失せる。
    牛のうま味とサラッとスッキリした喉越しが、なんとも旨い。
    口から喉から、そして胃袋。
    スベスベとした牛骨スープが撫で回すように流れていって、疲れた粘膜修復してく。

    ce6b266a.jpeg体の中にジンワリ栄養が染みこんでくるのがわかるようでウレシクなっちゃう。
    焼いたお塩で味を足しつつ、ご飯と一緒にハフハフ食べる。
    トロンと煮込んだ素麺が、腰をなくしてヌメヌメ、ジュルジュル。
    スープを吸い込みひとかたまりになりつつお腹に入ってく。

    牛スネ肉をご飯にのせて、キムチをのっけてスプーンですくってパクッとやると口の中でホロッとほぐれる。
    ご飯が散らかり、肉がバサッとほぐれていってキムチの味と混じってまるで牛肉チャーハン。
    ソルロンタンをそっとスプーンで口に含むと即席クッパが出来上がる。
    辛くない。
    塩辛くもない、甘くもない。
    味の頼りはうま味だけという、とてもやさしく、なのに味わい力強くて体にもいい。
    韓国に行って二日目の朝。
    つまり情熱的で強烈な韓国風のおもてなしの末、酒漬けになってしまった胃袋にソルロンタンを入れるとスキッと快適。
    お腹が動いて楽になる。
    疲れた体、疲れたお腹にはこれが一番…、オキニイリ。
    それにしてもこのお店。
    近所に韓国大使館の一部機能が移ってきてから、まるで韓国みたいになった。
    特に昼間はお客様のほとんどが大使館関係の人たちで、ワクワクするほどにぎやかで…。
    夕方時間も仕事帰りの人たちが、チャミスル片手にチヂミを食べてた…、そんな景色もオゴチソウ。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ラインとバセット HOME パリのワイン食堂
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]