忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    夜を近所で魚を食べよう…、それで「喜怒哀楽」というお店。



    炉端焼きのお店でござる。
    ビルの二階へ階段上り、ガラリと扉をあけると正面がもう炉端。長いカウンターにゆったり10席ほどが並んで、炭場の前にネタケース。
    ココの売り物の魚や野菜。それだけでなく日本酒、焼酎、それからココのおすすめの生グレープフルーツサワー用のグレープフルーツが山盛りという、「お酒をたのいく飲んでって」っていうメッセージ性にあふれた景色がなんかたのしい。



    とは言え、寒い夜であります。ちょっとぶるって、酒を飲む前に緑茶をもらう。
    抹茶を混ぜた割物用のお茶をあっためてもらって湯呑みでフウフウしながら体あっため、それで料理をあれやこれやと。
    銀杏を炙ってもらって皮をアチチと剥きながら、塩付けプチュリ。最近、かなり執着しているタコぶつをムチュムチュ食べては、苦味たのしいオニオンスライスをシャキシャキ食べる。

    たのしく待って、やってきたのが大きなホッケ。



    ココの名物料理のひとつ。串をうち、炭の上でじっくりと焼く。炭の力でフックラと、余分な水気を奪わずしっとり。だからただでも分厚いほっけの肉が、盛り上がるように分厚く焼ける。
    まずは一本、通った骨をひっぺがし、箸を無造作にグサッと突っ込む。



    ブリンと肉がはじけてめくれ、中からおいしい香りを帯びた水蒸気。中が熱々のしるしの蒸気がボワッとでてきて、食欲さそう。
    醤油を少々。レモンを搾ってハフっと味わう。
    スルンとハリのある食感で、ホロッとほぐれて、あぁ、旨い。
    サイドにたっぷり鬼おろし。シャキシャキ、ボリボリ、粗く崩れた大根が奥歯で砕けてみずみずしくて、ホッケの旨みを引き立てる。



    肉の料理も一緒に味わう。例えば和牛の炙りという料理。薄切りにした赤身の肉をお皿の上に並べて軽く油を吹付け、そのまま天火で上だけを焼く。
    ネギを散らして塩の旨みで食べるのだけど、めくるとお皿に面したところはまだレアー。ねっとりしていて、サクッと歯切れる食感にさっぱりとした味わい、旨い。
    炉端焼き風焼鳥という、鶏もも肉をぶつ切りにして、炭の上に網置きコロコロ転がしながら焼いていく。焼鳥のタレをからめてネギと一緒に食べると、シャキシャキ旨い。
    気の利いた料理とテキパキ、料理ができてく雰囲気と、そしてお酒と三拍子。たのしみました…、さぁ、帰る。


    関連ランキング:郷土料理(その他) | 四谷三丁目駅曙橋駅四ツ谷駅

    拍手[2回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    Keep Walking HOME テンプラテンイチ
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]