忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    自宅での仕事途中に近所でランチ。

    d3dc7c78.jpeg喫茶店のグレースにくる。
    ここも「あけましておめでとうございます」って挨拶できるおなじみの店。
    今年は今日が初営業。
    しかも朝食営業はしなかったよう。
    だから昼から。
    少々、早めのランチの時間に到着したら、お店は開店したばかり。
    ドアをあけるとお店の中にはだれもいなくて、つまりボクがファーストゲスト。
    正真正銘、今年最初のお客様。
    なんだかちょっと幸先がいい。

    おめでとうございます…、って声をかけ、おめでとうございますって返事をされて席にすわるとお昼の光が注ぎこんでくる。
    入口近くのテーブルはまるで陽だまり…、暖かい。
    テーブルの上にはズラッと灰皿。
    ランチのメニューがスタンバイ。
    昼を闘う準備が出来てる。

    57c9cd40.jpegボクの注文をとり、まずはセットについてるサラダとアイスコーヒーを持ってきて、そして一言。
    「ちょっと朝礼をさせていただいてもいいですか?」と。
    えぇ、えぇ、どうぞと答えると、「失礼します」と厨房の中に入ってく。

    「今年も一年、ゴキゲンに、たのしく働きましょう」とご主人の声。
    そして乾杯。
    首を伸ばしてみてみると、ヨーグルトドリンクの入ったジョッキをたかだかにあげ、カチンと乾杯。
    ボクもココロの中で一緒になって、「がんばりましょう」。
    アイスコーヒーのグラスを捧げて乾杯気分で食事をはじめる。

    シャキシャキサラダ。
    ココのイタリアンドレッシングはどこのメーカーなんだろう…、サッパリしてて口にあう。
    メインでもらったのはカルボナーラ。
    昨年は、ここの中盛…、つまり麺の分量が700gという分量のモノに挑戦し、なんとか完食したのだけれど今年は是非に1キロモノをと。
    体調整え、早い機会にと虎視眈々。
    今日のは普通の。
    それでもタップリ、深めのボウルに一杯の量がやってくる。
    ところどろこで玉子が固まる素性正しき喫茶店のカルボナーラ。
    ボクは作れぬココならではに、今年もよろしくお願いします。

    dc0264ee.jpeg粉チーズをタップリかけて、味わいます。
    多分、普通の粉チーズなのだろうけど、昔の喫茶店の粉チーズはもっと臭かったような気がする。
    夏休みが終わって、学校に行き、靴箱の前にたったときのような匂いに似てたような気がする。
    ボクがチーズの匂いに慣れてしまって、それであまく臭く思わなくなったのか?
    それとも粉チーズ自体の匂いがよくなったのか?
    多分、後者と思うのだけどタップリかけても風味が豊かになるばかり。
    あんまりかけるとカルボナーラのみずみずしさがなくなって、バサバサになる。
    だから注意をしながらそれでもタップリ、バサバサかける。
    黒胡椒もこれまたタップリ。

    フォークをさすと、クルンときれいにフォークにまとわりついてくる。
    コッテリとしたクリームが、麺の上で粘り気をだし、だからキレイにクルンとまとまる。

    アルデンテよりちょっと強めの茹で加減で、だからハリを無くしてまとまりやすくなっているのも理由のひとつ。
    クルクルンとフォークを回すとちょうど一口分にまとまり、パクっと食べるとムチムチ、歯切れて口をおいしくさせていく。
    ホロホロ、玉子が舌の上にて潰れるさまもココならではのオゴチソウ。

    1be4f252.jpegしばらくパスタを食べてると、口がかなり重たくなってく。
    ベーコンの脂にチーズ。
    それからクリーム。
    コッテリとした味に舌が疲れてくるのを、アイスコーヒーでサラッと流す。
    苦味と酸味。
    そして氷の冷たさが、綺麗サッパリ油っこさをリセットさせて次の一口おいしくさせる。
    カランカランとグラスを鳴らす氷も軽快、心地よい。

    それにしても今年になってから基本的に歩いて動ける場所ばっかりで生活してる。
    歩ける場所にあるお店。
    歩ける場所にあるモノで、十分生活できるのになんだかとてもウレシくて、この生活圏をもっと大切にしなくっちゃ…、って思ったりする。
    今年も街をたのしもう。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    良き仕事はじめ
    今年もよろしくと健康的な乾杯。
    なんだかわくわくがんばれそうな気がしそうです(^O^)

    遅くなりましたが、新年明けましておめでとうございます!
    年明けは、親の引っ越し先である十勝の大平原(笑)で過ごしておりました(^_^;)

    今年もよろしくお願いします☆
    setsunaさん / 2011/01/05(Wed) /
    おめでとうございます。
    > setsunaさん
    あけましておめでとうございます。
    十勝での年明け。
    まさに冬らしいお正月だったのでしょうネ…、心からリフレッシュなさったものと思います。
    今年も一年、よろしくお願いいたします。
    サカキシンイチロウさん / 2011/01/05(Wed) /
    ステキな朝礼
    なんてステキな仕事の始まりなんでしょう。
    そんな言葉をかけられたら、にこやかに仕事を進められそうですね。
    ステキなお店とお店の方達。
    サカキさんが常連さんにおなりになるのも「なるほど。」です。
    私も行ってみたいなあと思いました。

    粉チーズ。
    そういえば、昔はもっとクセのある香りだったかもしれませんね。
    粉チーズ苦手、っていう友達がいたのを覚えています。
    こちらでは、塊のチーズがプラスチック容器に入っていて、ペッパーミルみたいにゴリゴリっとやると、チーズが削れてふりかけられる、という商品があります。
    日本にもあるのでしょうか。
    粉チーズもいいですが、その削って使うチーズ、手軽で美味しくていいんですよー。
    書いていたら、ナポリタン(先日のサカキさんのお手製の)にチーズをかけて食べたくなってしまいました。

    サカキさんのブログを読むと、いつも気持ちがほっこりします。
    ステキなエピソードと写真、ありがとうございます。
    お風邪、お気をつけて。お大事になさってくださいね。
    ねえねえさん / 2011/01/05(Wed) /
    チーズ
    > ねえねえさん
    粉チーズのクオリティ。
    相当あがったんだろうと思います。
    ワザワザ削って食べるチーズは当然おいしいのですけれど、普通に筒に入った粉チーズもそこそこいける。
    なにより、香りが良くって山盛りかけてしまいました。
    ココのお店。
    働いている人が仲良くて、とてもキビキビしていてそれがステキなんです。
    来ると元気がもらえるお店が近所にあるって、本当にステキなコトです。
    サカキシンイチロウさん / 2011/01/05(Wed) /
    めでたい餃子 HOME 初・外・ご飯
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]