忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    10 2019/11 12
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    午前中を家で仕事をこなした後に、家の近所でランチとします。



    ベトナム料理のティンフック。
    空は青空。朝は氷がはるほど寒かったけど、日が上がったらなんとか温度も一緒にあがる。なにより風がないのがうれしく、それでなんだかウキウキしちゃう。
    最近ちょっとご無沙汰で、元気なおかぁさんの顔を見ようとお店に入る。



    そしたらビックリ…、大繁盛。
    しかもウィンドブレーカーを着込んだおじさんたちがズラリと並ぶ、まるで社員食堂のごとき景色におどろいた。
    ベトナム料理と言えば日本では女性が好む料理の代表。ここも夜は女性が多いお店だけれど、これほどおじさんの密集率の高いベトナム料理屋って、日本ひろしといえどもココぐらいじゃないかと思う。オモシロイ。



    それもこれも、カレーがおいしいからでしょう。
    サラサラスープで鶏を煮込んで、そこに玉ねぎ、ニンジン、ジャガイモ。大きな野菜がゴロゴロしてる。
    脂控えめで、だからお腹にやさしくてしかもビリリと後味辛い。だからご飯がどんどん進む。大盛り無料で、しかもお替わり自由というのがおじさんたちのハートキャッチをしたのでしょうネ。ボクも仕事の友人と一緒にひとつ。まずたのむ。

    それにしてもココの鶏肉のやわらかなこと。



    特に胸肉。大きく切られてコトコト煮込む。スプーンで押すとほろりと繊維が崩れてしまう。それほどやわらか。
    手羽元も一緒にカレーで煮こまれていて、それは味をもっぱら出すため。骨を掴んで持ち上げるとバサリと肉が骨からほどけて落ちるほど。
    鶏のマスタード煮っていうのがあって、それもたのんでみたらばこちらはもも肉。ネットリしていて、プチュンと歯切れる。噛んでくうちにゼラチン質のような粘りが奥歯にまとわりついてくるのがまた旨い。マスタードの辛味と酸味、そして香りが鶏肉の癖を見事に消して、ご飯が進む。



    何度も何度も繰り返しやってくるおなじみさんがランチタイムには多くてそれで、ちょっと変わった料理もたまに提供される。
    今日はそれがオムライス。どんなのだろう…、ってたのんでみると、ケチャップライスは普通のモノで、そこにのっかる玉子焼きが油をタップリ含んでフワッと仕上がった中華風の仕上がり、しかも甘くて旨い。
    チキンスープで仕上げたベトナムソーメンも、やさしい味で、カレーで燃えたお腹をそっとなだめてくれる。
    たのしいランチ、美味しいランチに仕事の元気がやってくる。会社に向かって移動です。


    関連ランキング:ベトナム料理 | 四谷三丁目駅曙橋駅新宿御苑前駅

    拍手[4回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    関東料理を父、食べる! HOME not Blue Christmas
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]