忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    10 2019/11 12
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    昼のおむすび。

    acc5a469.jpeg出勤前の乗り換え駅でおむす人の店に飛び込んで、おむすび弁当を買ってきたモノ。
    注文してからむすんでもらうコトもできるのだけど、予め、パッケージに入って売り場の棚に並んだおむすびパック。
    好きな組み合わせさえ見つかれば、お値打ち価格で食べられる。
    さて、どうだ?
    ジックリ探してひとパック。
    おかかしらすのおむすびと、梅のおむすびという組み合わせがありそれにした。

    おかかを醤油であえたモノ。
    それにしらすと、なんだか家で作るようなおむすびの具をみるやいなやの決断だった。
    好きなんだもの。
    噛むとジュワッと醤油の香りとカツオのうま味。
    ホツホツとしたご飯の合間に、シットリとしたしらすの食感。
    お店で食べるおむすびに比べてちょっと固めのむすび具合になってて、海苔もシットリ。
    噛むたのしさを味わえる。
    甘い玉子焼き、揚げウィンナー、そして鶏の唐揚げとおかずがセットでつくのもウレシイ。
    しかも一時期、肉の脂がコッテリとしたタイプのモノに変わってたウィンナーが昔のサクッと軽い素材のモノに戻ってた。
    ウレシイお昼とあいなった。

    オヤツどきにオフィスを出、仕事の打ち合わせを兼ねてジョナサン。

    8333e90b.jpegこんな時間のコトだから、ガラガラだろうと思って行ったらほぼ満席。
    しかも禁煙席はウェイティングさえ出来ているという。
    店の中をのぞいたら、なるほど学校帰りの女子高生で一杯じゃない!
    ボクらが高校の頃。
    学校帰りにいく店と言えば、お好み焼きのお店やうどん屋。
    女の子たちは甘味のお店と決まってた。
    今ではそれがドリンクバーのあるファミレスに取って代わったというコトでしょう。
    ソフトドリンクが飲み放題で、食事だけじゃなくデザートまでをたのしめる。
    なるほどなぁ…、って思ったりした。
    喫煙席をひとつもらって、座ってメニューをぼんやり眺める。
    一緒に来た奴。
    まだ昼ご飯を食べてないって言うコトで、それなら一緒に食事でも。
    おむすびだけのランチの昼で、お腹に余裕がまだあった(笑)。

    ae6cb26e.jpegミックスプレート。
    昔からのファミレス共通定番メニューのミックスグリルの廉価版。
    ハンバーグにソーセージ。
    ミックスグリルだったらそれに、チキングリルが添えられる。
    けれどココはグリルの代わりに鶏の唐揚げ。
    グリルだったら大きな胸肉をまるまる一枚、用意しなくちゃいけないところ。
    揚げてすむならぶつ切りの肉でかえられる。
    コストダウンにもなるのでしょうし、何よりフライヤーにトプンと落とせばあとは手間をかけずにすむのがいいのでしょうネ。
    よく考えてる。
    しかもこれ。
    チキン南蛮風に仕上がっていて、ご飯のおかずにかなりいい。
    それにしても南蛮ダレの良くできてるコト。
    トロ味がかなり濃厚で、上からタランとかけ回すだけで充分、味がゆきわたる。
    揚げたてで熱い揚げ鶏をタレにトプンと漬けて油を馴染ませるのが、正統チキン南蛮で、だからこれはなんちゃって。
    けれどカリッと乾いて香ばしい鶏唐揚げの食感と、シットリとしたタレのかかった衣の食感。
    それに酸味とタルタルソースを同時に味わえる。
    これはこれにて新たな料理になっている…、悪くないなって思った次第。

    いつの間にかここジョナサンでも雑穀米を白米ご飯の代わりに選べるようになってた。
    ムッチリとした雑穀の粘り気のある食感が、カラッと揚がった唐揚げをおいしく感じさせてくれるのもありがたい。
    ランチ限定の飲み放題のスープにご飯をちょっと入れ、スープご飯にして食べる。
    昨日までの涼しさが、まるで嘘のように戻ってしまった夏の暑さに、体が少々、悲鳴を上げる。
    食べれる時には、食べとこう。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    ライフリスクを考える夜 HOME 一駅前のラインの朝
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]