忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    夜、サイゼリア。

    s.jpg先日の「ほぼ初めて」の来店でたちまちオキニイリになっちゃった。
    おいしいというより、たのしいお店。
    気になるメニューがかなりいくつもみつかって、全商品を制覇するまで通ってみようか…、って。
    友達誘って、今日も来る。

    金曜日の夜。
    今夜も満席。
    ついさっきまでお客様がいたであろうテーブルを片づけてもらってそこに座る。
    四谷三丁目のこの街の、どこにこれだけの人が隠れていたんだろう…、って、不思議に思うってしまうほどたくさんの人でにぎわう店内。
    しかも世代、性別問わぬ人たち。
    仲間同士や一人客、ファミリー客と種々雑多なる人が集まって黄金時代のファミリーレストランみたいな景色にワクワクします。

    bdae077a.jpeg今日のテーマは居酒屋づかい。
    ワインをたのんでみんなでわけつつ、まずは前菜メニューをあれこれたのむ。

    キャベツのピクルス。
    シャキシャキとしたキャベツの食感残したまんまちょっとしんなり。
    甘酸っぱくてディルやタイムの香りがほわんとしてたのしい。
    ピリッと辛い後味がして、ワインのつまみにほどよい感じ。
    「インディアンカレーにいかなくちゃね…」ってキャベツのピクルス、食べると思う。
    歯茎がちょっと痒くなるよな食感に、食欲ジンワリ湧いてくる。

    鶏手羽先の辛味揚げを指を舐め舐め食べながら、ソーセージとジャガイモのグリルをたのんで思わずウットリ。
    皮付きの芋。
    それもフレッシュ。
    カラッと揚げて塩だけふってさぁ、どうぞというとてもシンプル。
    けれどジャガイモ本来がもっている甘みや風味、旨みがシッカリ、口に広がる。
    なにより皮が油で焦げて香る香りのたくましいコト。
    土の香りとでもいいますか、ふくよかにして命の香りがしてくるような素朴なゴチソウ。
    こりゃ絶品。

    e34a3e77.jpegそれからピザ。
    パンチェッタなどをのっけて焼いたというピザで正直、期待をしてはなかった。
    冷凍でしょう…、ってたか括ってた。
    やってきたのはちょっと小さめの、思った通りに冷凍ピザを温めたもの。
    けれどネ。
    なぜだか決して悪くない。
    耳の部分はフックラしすぎて、ピザと呼ぶには心もとない。
    これがレストランの料理だ…、って思ったら起こるけど、居酒屋の酒のつまみと思えば決して悪くない。
    ソースが旨い。
    チーズもほどよくて、タバスコだばだばタップリ使って食べるとかなりおいしい。
    なによりピザカッターが一皿ひとつ付いてくるのがなんだかうれしい。
    コロコロ、カッター転がすと、スパッと切れるのがまたたのしい。

    b4225369.jpegシーフードのパエリア風のピラフとドリア。
    一応、ここはイタリア料理のファミリーレストランってコトになっている。
    なのになんでスペイン料理のパエリアが?…って思いはします。
    まぁ、他にもハンバーグだったりクラムチャウダーだったりもある訳で、一緒にたのんだドリアだってイタリア料理とは言い難い。
    お堅いことはなしにして、パクッと食べるとなかなか旨い。
    ちょっと味がたよりなくって、それで塩とタバスコふって味整えて食べるとキリッと味、ひきしまる。
    仕上げのオリーブオイルを、もちょっといいのを使えばもっとおいしくなるね。
    レモンをしぼって、マヨネーズかなにかをほんのちょっとだけつけるとますます旨みが増すネ…。
    今度はマイ調味料をもってこようか…、なんてみんなで言ったりします。

    ミラノ風のドリアもそこそこ。
    みるからにご飯の上にピザ用チーズと、ミートソースをかけて焼いただけなんだけど決して間違っていない味になってる。
    どれも酒のつまみにほどよい味付けで、安いワインをおいしくさせる。

    df8bf9a6.jpegドリンクバーにあったエスプレッソ。
    氷をギッシリ詰めたグラスにいれてルンゴにしてたのしんだ。
    苦味、クッキリした味わいにデザートがわりになる香ばしさ。

    ボクらの隣のテーブルに、一人でやってきたアラサー女性。
    500ミリリットルのデカンタ一杯の白ワインをたのんで手酌。
    マルゲリータのピザにソテしたほうれん草をつまみにグビリとおいしそうに食事をはじめる。
    不躾ながら計算したらば1000円以下のこの注文。
    おしゃれで結構、イケている。
    いろんな会社が「バル」って名前でワインをたのしむ気軽なイタリアンレストランを作ろうとして失敗をした。
    やっぱり日本の人には無理な業態かもネ、と勝手に思い込んでいるけど、なんのなんの。
    ココにこうしてバル的時間をたのしむ人が当たり前にいる。
    かなりの勉強…、また来よう。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    無題
    僕も前にハマリましたよ。気軽にワインに沢山のプロシュート。最後にペンネじゃなくスパゲティアラビアータ久々に行こうかなぁ。
    変わり者ミダさん / 2010/05/22(Sat) /
    ハマりますよね
    > 変わり者ミダさん
    ハマりはじめなものですから、かなりのハマりよう。
    まだプロシュートには手を出していないので、次にはと思っております。
    サカキシンイチロウさん / 2010/05/22(Sat) /
    ほんと、ほんとですね!
    >歯茎がちょっと痒くなるよな食感

    あ~!こういうキャベツの食感、そうですよね。そのときにはそう感じても、そのことを特に誰かと口に出して確認し合うこともせずいましたが。何だか言い当てて頂いてすっきりしました(笑 ちょっと歯が浮いてしまうかんじですよね?

    因みに私は胚芽入りのパンやビスケットが歯にあたったときのザリザリ感が好きです。

    いつも美味しく楽しいテキストをありがとうございます。
    チルさん / 2010/05/22(Sat) /
    確かに、間違ってない味
    値段の割に美味しいですよね、サイゼリヤ。
    それに本格的ではないのでしょうけれど、マズイ!とか コレは違うだろ!なヘンテコな味の料理がないので、当たり外れを考えずに済むのがありがたかったなあ、と思います。
    なつかしい、サイゼリヤ。
    是非是非 エビのリゾットをお試しくださいませ!
    ・・・私もサイゼリヤ、行きたくなっちゃいました・・・。涙。。。
    ねえねえさん / 2010/05/22(Sat) /
    人それぞれの
    > チルさん
    食べ物のおいしさって味だけじゃないんだなぁ…、って思いますよね。
    人それぞれに気になる食感ってあるんだろうなぁって思います。
    胚芽の細かな粒子がこすれる感じ。
    ボクも好きです。
    舌の端がくすぐったくなるような食感で、思わず笑顔にしてくれます。
    サカキシンイチロウさん / 2010/05/22(Sat) /
    次々食べたいものが
    > ねえねえさん
    印象に残る味を作るのが上手な会社だなぁ…、って感心します。
    グラタンはベシャメルソースがおいしく感じ、ピザはトマトの風味を感じる。
    上手いなぁって思いますね。
    リゾット。
    次の課題にいたします!
    サカキシンイチロウさん / 2010/05/22(Sat) /
    何と!!
    最近引っ越したところにあった(打ち合わせでたまに使っていた)ロイホがなくなり残念って思ってたら、そのあとサイゼリアが入り、昨日がオープンでした。

    ここのワインをワインじゃないって言い張る友人もいますが、イタリアの定食屋でハウスワインを飲むのと一緒って考えたら凄くアリですよね。
    まりおさん / 2010/05/29(Sat) /
    イザカヤゼリア
    > まりおさん
    サイゼリアをイタリアンレストランとして評価しようとすると無理がありますよね。
    ココは居酒屋。
    それもとてもカジュアルでたのしい居酒屋だと思えば、いろんなコトがゆるせるような気がします。
    サカキシンイチロウさん / 2010/05/29(Sat) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    野菜なパスタにチャイナパワー HOME サヌキノヒルのちハネダノチャ
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]