忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    パスタを作る。

    asap.jpg野菜をタップリ。
    新タマネギにピーマン、茄子にソーセージ。
    どれもほとんど同じ大きさに切っておく。
    フライパンにオリーブオイル、ニンニク、それから赤唐辛子。
    火をつけ香りと辛味をうつし、そこにタマネギ、お茄子をいれて軽く炒める。
    茄子が油を吸い込んで、透き通ったようになったらそこにソーセージ。
    細かく刻んだソーセージは挽き肉のような食感と旨みを吐き出しソースをおいしくしてくれる。
    塩で少々、味をととのえトマトの水煮をザッと流し込む。
    パスタを茹でます。
    ドライトマトのオリーブ漬けを細く刻んで用意して、トマトソースの火を止めそこに生のピーマンと一緒にいれて休ませる。
    ピーマンの青い香りとみずみずしさを壊さぬように、熱を加える時間は最少。
    パスタがあがる30秒前に再びソースに火をつけクツクツさせて、そこにパスタをザザッと移し、軽ぁるく混ぜてパスタポモドロ・アラ・カポナータの出来上がり。
    ツルンとなめらかなタマネギに油を含んでシットリとした茄子の食感。
    シャキシャキピーマン、クチャッと潰れるソーセージ。
    いろんな食感たのしめて、しかもそれぞれ素材の旨みがクッキリとした自然な味わい。
    トマトの酸味にドライトマトの甘味が混じって、パスタの出来も見事に極上。
    最近、作ったパスタの中では出色の出来、自画自賛。
    土曜日の朝がゴキゲンになる。

    昼、新宿で飯。

    38356cef.jpeg前からちょっと気になっていた店。
    新宿アルタの裏側。
    結構、安くておいしい飲食店が結構集まる通りに面してある「一品酒場」。
    夜は300円均一の居酒屋で、昼は500円から定食がある。
    「活気餃子」ってサブタイトルがついてる通り、餃子がおいしい居酒屋らしく昼も餃子定食や炒飯餃子のような餃子がらみのメニューが主体。
    けれど石焼ビビンバや激辛炒飯とかって変化球な料理も顔出す、ちょっと変わった品揃え。
    機会があれば…、って思っててなかなか果たせずやっと今日。
    歌舞伎町で映画の前に昼とることになってなら、ココで食事にしましょうか…、って。
    急な階段タンタンあがり、お店の中にすべり込む。

    589d25e4.jpegお店の中はどうみても和風の居酒屋。
    お店の入り口で番をしているおじさんは、寿司屋の大将みたいな格好。
    ところが厨房の中をのぞくと、コックコートを着た中国系のコックさんが鍋ふるってるという不思議な空間。
    しかも、BGMがシルビーバルタン系のフレンチポップというのが、混とん具合に拍車をかける。
    普通の居酒屋としてスタートし、けれど厨房の中に中国系のスタッフさんを入れたんでしょう。
    彼がたまたま餃子作るのが得意な人で、餃子を作って売ったら売れた。
    とは言え中国料理の店にするには店が小さく、居酒屋客も付いている。
    一方、昼はお客様がなかなか来ない。
    それなら厨房スタッフが得意な中華を売り物にしよう。
    炒飯、餃子をメインにすれば単価を下げるコトもできるじゃないですか?…、って感じで今の営業スタイルに辿りついたのじゃないかしらって。
    想像しながら、料理を待った。

    4b55355f.jpegまずは辣(らー)炒飯の定食がくる。
    ステンレスの給食トレーをちょっとゴージャスにしたよな盆に炒飯、スープに大根サラダ。
    塩抜きをして味をくわえたザーサイ添えた一般的なる中国料理の定食風。
    ところが炒飯、見てビックリ。
    目がチカチカするほどタップリの唐辛子の粉がご飯に混じる。
    匂いもまさに辛子の匂い。
    スプーンですくって口にいれると、パラッとほぐれて口一杯に辛味がちらかる。
    うへっ、辛い。
    そう思いつつユックリ噛むと、旨みがじんわり滲み出す。
    ご飯粒のパラパラ具合も一流で、結構、旨い。
    追加でとった餃子も肉汁タップリで、コンガリ焼けた中国風。

    いいんじゃないのと思いつつ、一緒にいった人がたのんだスペシャルオムライスっていうのを分けてもらった。
    そしたらなんと、これがおいしい。
    真ん丸に焼きあげた薄焼き玉子をのっけた姿がなつかし風でまずおいしそう。
    中に包んだケチャップ色のご飯を食べると、なんとケチャップ+コチュジャンでヒーハー辛くてシットリしてる。
    刻んだキムチも入ってるんでしょう、ニンニク臭とやさしい酸味がピリッと味をひきしめる。
    サイドに添えた唐揚げもピリッと辛くて味わい深くこれはたちまち、オキニイリ。
    チャイナパワーはおそるべし。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    虚無への入り口 HOME 居酒屋サイゼリア
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]