忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    10 2019/11 12
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    夜をひさしぶりに「天狗」でとる。



    ボクが大学を卒業した頃だったでしょうか。
    サラリーマンが自腹で週に何度もいけて、しかも貧しい気持ちにならくてすむ大衆居酒屋。チェーンストアにはない品質の高さと気さくなサービスで、おなじみさんになるのがたのしくなるような店…、というのをテーマにお店が次々、増えていった。
    時代はまさにカフェバーブームの入り口で、当時は随分おじさん臭い店が流行っているもんだ…、って思っていたけど、今となってはなるほどこういう店があるのはシアワセなコト。当時の流行りのカフェバーは全滅したけど、天狗は今でも健在で飲食店の本質がココにはずっと息づいているって思ったりする。



    新宿駅の周りにも何店かあって、どこも大人の雰囲気だけど、中でも一番サラリーマンが多いお店は南口の近所にあるココ。西口の大きなビルの中にある店は、シニア客でにぎわっていて、同じチェーンでもお店によって雰囲気が微妙に違うところもなんだかオモシロイ。
    季節の食材、料理をしっかり揃えているのがうれしいところ。
    今の季節はカツオが売り物。カツオのたたきをたのんでみると、氷をギッシリ詰め込んだ鉢にキレイに勢い良く、盛りつけられてておいしく見える。



    ホッケの焼いたのをハフハフしながら食べつつ、一緒に、これまた季節の料理の天ぷら。
    春の野菜を揚げたもの。
    万願寺とうがらしに春菊、そら豆、アスパラガスとどれもしっかりした味わい。
    緑の香りの春菊のほろ苦さもおいしければ、万願寺とうがらしの甘みとみずみずしさにうっとりしながら食べる。
    ただ天つゆの他に添えられた塩がプラスティックのカップに入ってやってきた。
    残念だなぁ…、こういうところは宴会料理のやっつけ仕事にみえてしまう。ひとつまみ分を小山に盛ってくれればもっと、手作り感がでたのにね…、って。



    そういうところに不満を覚える。それもココに対して期待をしているからなんだろうと、思ってニッコリ。
    まぁ、これもよし。
    いつも来る度大抵たのむ、エビの薄焼きピザをたのんでタバスコタップリかけて味わう。薄いパリッとした生地で、今の流行りのもっちり系のピザとは違う。けれどお腹にたまらぬこのスタイルが、酒の肴にはぴったりとくる。
    エビも加水の多いプリプリ系では決してなくて、しっかりとした甘くて旨い普通のエビで、こんなところも大人の人の舌に合わせたこだわりでしょう。
    ほどよく飲んで、ほどよくお腹を満たして帰る。
    ゆっくり家で週末準備をいたしましょう。


    関連ランキング:居酒屋 | 新宿駅新宿西口駅都庁前駅

    拍手[2回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    SSS HOME コーヒーのんだ、オレのソバ
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]