忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    08 2019/09 10
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    朝を西新宿ではじめる今日。ひさしぶりにロイヤルホストで朝食をとる。



    かつて近所の三井ビルの2階にあったロイヤルホスト。今ではシズラーになっちゃった場所は、この界隈のホテルに泊まる外国からのビジネスマンにとても人気の店だった。
    日本のホテルの貧弱で、そのくせ高い朝食を食べるのだったらその店で…、と、ワザワザ歩いてやってくる人が沢山で、当時、日本でアメリカンスタイルのパンケーキを朝食メニューで売っていた店も少なかったからかもしれません。
    そんな昔を思い出させる、今日のこの店。近所のホテルから逃げ出してきた外人客が3組もいた。こういう朝のこの店は、アメリカのコーヒーショップみたいな空気でちょっと好き。



    アメリカンスタイルの朝食メニューを選んでたのむ。
    野菜不足を少々感じて、それで一緒にサラダをあわせた。レタスがベースではあるけれど、小さなトマトやレッドキャベツや、なんだかゴミゴミ。喫茶店のランチサービスのサラダのようで、あんまりこれは好きじゃない。
    ドレッシングも乳化剤を感じる妙なトロミがついてて、レタスはシャキシャキ、状態見事であるだけにモッタイナイなぁ…、としんみりしちゃう。
    セットドリンクに選んだトロピカルアイスティーはいつも通りでニッコリします。



    玉子がメインの朝食メニューで、玉子はフライドエッグを選ぶ。ヒックリ返して黄身まで焼いてくださいな…、とお願いをしてやってきたコレ。
    玉子が2個。
    小さなソーセージのグリルが一本。
    角切りポテトと素揚げしたモノ…、つまり断じてフライドポテトと呼べぬ揚げ芋がコロコロ転がるとっちらかったお皿がさみしい。
    しかもトーストに添えたジャムとバターがなんとトーストの下にあるではないの。
    あまりの無残に、盛りつけなおしてリセットをする。



    フライドエッグのサイドにサラダをあしらって、すべての料理がさみしくないようやさしくそっと寄り添わす。
    バターとジャムはあるべき場所に置き直し、これならステキとホっとする。
    薄切りのパンのトーストはこんがり焼けてて悪くなく、へんてこりんなホテルの朝よりマシかもしれない。
    ガムシロップもケチャップも、バターもジャムもポーションパックという世知辛さには目をつぶりましょう。
    何しろこれで1000円もせぬ大盤振る舞いであります故。



    うれしかったのは目玉焼き用にケチャップ、塩に醤油がついてやってくること。
    目玉焼きには醤油派のボクにはとてもうれしくて、醤油をかけてハフリと食べる。黄身はほどよくしっとりしていて、焼き加減も申し分なく、けれどコレ。テフロン加工のフライパンで焼いたモノでしょう。
    だから白身が焦げてはいるけど、チリチリサクサク、揚がるようには仕上がらないのネ。香ばしくもなく、ゆで玉子の白身を食べてるみたいな感じ。
    モッタイナイなぁ…、ホンモノを食べたことがない人が作ったなぞりの料理。一時期必死にロイヤルホストに戻ろうと努力していたこの店も、結局ロイホに戻っちゃったネ。これが現実。しょうがない。

    拍手[5回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    貧しさと豊かさの境目
    お店で出されたままのお皿とサカキさんがきちんと盛り直したお皿、材料は同じ。なのにどうして、サカキさんが盛りつけたお皿の方が豊かに、美味しそうに感じるのでしょう。
    ランチセットのサラダが貧しく感じるのはなんでなのか。やっぱりその差は、美味しくする、見せるひと手間…なんですかねぇ。

    昔読んだある漫画に「エサじゃ心は満たせない」というフレーズがありました。
    食べ手のことを考えない食事はエサでしかない…私は料理の仕事をしてるわけじゃないけれど、家で作るごはんがエサにならないように、心も満たせるごはんを目指しています。

    そういうお店がもっと増えればいいのに…と思うのに、現実は難しいのでしょうね。悩ましいです。
    RHEIAさん / 2015/09/29(Tue) /
    丁寧でうつくしいこと
    > RHEIAさん
    料理は、上等な素材を使えばおいしくなるものじゃないと思うのです。
    丁寧につくり、うつくしくよそおうこと。
    ほっとした心配りで料理はおいしくなる。なのに、その心配りを忘れるお店があまりに多い。
    果たして日本の料理は、世界文化遺産にふさわしい料理なのだろうか、と思ったりします。
    サカキシンイチロウさん / 2015/09/29(Tue) /
    無題
    わたしは外食はほとんど朝のみなので、ファミレスもモーニングタイムが多いですが、ファミレスモーニングの中でなぜかロイヤルホストのガッカリ度合いが群を抜いているんです。1店舗だけのことじゃなくて何店舗かで、侘びしくなってしまう。メニューじゃないんですよね、メニューはとっても工夫されているのに胡座をかいているのかな。店員さんの投げやりなキモチなのかな。これ作っておけばいいだろ的なのが透けている気がして残念です。丁寧さって、ひとつひとつをどうするかって問題じゃなくてキモチの表れだとつくづく思います。高級なファミレスとして復活してほしい。
    いわしさん / 2015/09/29(Tue) / URL
    投げやり感
    > いわしさん
    どうせモーニング商品なんだから…、という投げやり感。
    わかります。
    その通りなんです。
    ランチタイムからが本営業で、朝食時間帯はいやいややってるようにすら思えてしまう。
    コーヒーショップに置いて、朝食の時間帯こそが本当は一番明るく、キラキラしていなくてはならないのに、勿体なくてしょうがありませんね。
    サカキシンイチロウさん / 2015/09/30(Wed) /
    神田のまつや、天南蛮 HOME 博多風
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]