忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    打ち合わせをかね、新宿でお茶を飲もうと…。

    8d7eb9a7.jpegちょっと甘いモノを食べたくもありまして、それでセガフレ。
    プロフィットロールがボクの頭の中に、ポワンと浮かんで消えたのでした。
    セルフコーヒーのお店の中で、ココのデザートはちょっと独特。
    イタリア的にこだわっている。
    ティラミス。
    ジェラート。
    そしてプロフィットロールとどれもキチンとおいしい。
    だからとお店にやってきて、ショーケースの中をみたらば、見慣れぬかわいい奴がいる。

    ドーム状の真っ白なケーキ。
    てっぺんに茶色物体。
    そしてカカオの粉をまとってる。
    名前をみると「モントビアンコ」。
    てっぺんにあるのはマロングラッセで、その本体は裏ごしにした栗のピュレを混ぜた栗のクリームでできているという。
    なるほどモントビアンコをフランス語にするとモンブラン。
    「白い山」でございますゆえ、これがイタリア風のモンブラン。
    食べてみましょうとフォークを入れると、ストンと切れる…、底にカカオ風味の薄いスポンジがあるきりで、上の部分はほぼクリームというなめらかさ。
    しかもこれが不思議な味わい。
    栗をローストした時の煙の香りが鼻から抜ける、周りの白いところはフワッとすぐに口どけ、芯の部分はちょっとザラッと栗の風合い。
    もう秋だなぁ…、ってなんだかウットリ、気持ちがやさしくなっていく。
    d8fe177a.jpegポッテリとしたラッテと一緒に。
    砂糖を入れていないのに、ほのかに甘みを感じるココのラッテは見事。
    ミルクのうま味、ミルクの甘みがエスプレッソと混じりあい、やさしくトロンと喉なでまわしお腹の中に入ってく。
    そして鼻からエスプレッソの香ばしい、香りが戻ってウットリさせる。
    ラッテとお菓子の相性よいこと…、口の中で栗の甘みが広がりたのしくよみがえり、エスプレッソとまじるとまるでヘイゼルナッツラテを飲んでるみたいな気持ちがしてくる。
    ちょっと体がつかれているのか、甘いお菓子がおいしく感じる、おやつどき。

    晩御飯をどこでしようかと街を歩いてて、サイゼリヤの前に来たらば、メニューが新しくなっていました…、それでココ。
    dbb790ae.jpegサイゼリヤってガンバってメニューブックを2ヶ月おきくらいに変えてくる。
    最近、メニューなんかにお金をかけていられないってお店ばかりで、かなり大きなチェーン店でも表紙がボロボロになるまでメニューを使い倒したりする。
    メニューブックを新しくするたびその内容が大きく変わるかというと決してそんなことはなく、でもデザインやメニューの並び方、あるいはメッセージなんかが変わるだけでもたのしく感じる。
    しかも今回…、新商品がいくつか登場しているようでちょっとワクワク。

    1491640a.jpegそれにしてもメニューの写真がよくなった。
    ページをめくっていると次々料理をたのみたくなる。
    表紙に写真があるように、パンチェッタが今回のメニューのイチオシのよう。
    それを乗っけたフォカッチャたのむ。
    熱々のフォカッチャにほどよく熱して、脂がトロンとしはじめたパンチェッタをのっけてどうぞと。
    オリーブオイルをタップリほどこしエスカルゴ風にマッシュルームを煮込んだモノに、パンチェッタごとフォカッチャ浸すと、シットリおいしい。
    野菜とハーブを刻んでオリーブオイル漬けにした、グリーンサルサも目玉のひとつ。
    ハンバーグの上に乗っけて食べるとシャキシャキ、歯ごたえたのしく脂をほどよく中和する。
    ご飯のオカズにもいいけれど、これはワインのつまみだなぁ…、って。

    今日もおかぁさんと子供たちのファミリー客に混じって近所のおじさんたちが、週末の酒を飲みにきていた。
    多分、70は過ぎたおじぃちゃんが2人で来てて、ココでパーティーはできますか?ってお店の人に聞いてた。
    いつのまにかココはファミリーレストランじゃなくなっちゃった。
    お客様が自分でいろんな使い勝手をみつけるお店になったんだなぁ…、って。
    f2f22635.jpegエビとイカのドリアを食べて、一人前としては少々物足りないボリュームに、これはメインディッシュじゃなくってサイドディッシュなんだと思う。
    この分量だからこの濃厚コッテリ味がいきてもいるんだろうなぁ…、と。
    ここの料理はどれもが程よくできていて、おいしすぎないところがいいとこ。
    どれを食べても失望しないレベルではある。
    とはいえ、やっぱり好きなのはボイルエビのサラダであります…、今日もパリパリ、レタスを味わいプニプニ、茹でたエビがプチュンと奥歯で潰れるところをたのしむ。
    ほどよき夜の金曜日。
     

    拍手[6回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    アサンドスープ、そして昨日を思い出す HOME 昼の大戸屋
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]