忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    夜、四谷三丁目で焼肉にする。

    kuidon.jpg友人の忙しかった仕事が一段落して、ちょっとした打ち上げしたいネ…、というコトで。
    みんなが集まれる一番便利な場所がココ、四谷三丁目。
    しかも四谷三丁目には焼肉専門店が沢山あって、しかもそのどこもがそれぞれ特徴もった営業してる。
    ホルモンで有名な名門だったり、ハラミが旨いドロップキック。
    サイド料理までしっかりしている山星などなど、どこにしようか迷うほど。
    今日はどこにしようかなぁ…、って。
    ガッツリ食べたく、飲みたくもありそれで食べ放題系に行こうかな…、って思いもした。
    けれど一軒。
    「くいどん」っていうお店があって、前からちょっと気になっていた。
    夜でも手軽な定食があって、階段部分に貼ってあるメニューを見ても安く感じる。
    確かココはチェーン店のはずだったよなぁ…、って思ってそれでずっと敬遠してたのだけど、「当店はここ一軒だけ、一生懸命がんばってます」って貼り紙がある。
    ちょっと試してみようか…、ってそれでここにすることにした。
    8efc0e8a.jpeg家に帰って「くいどん」ってGoogleさまに入力したら、千葉を中心にチェーン展開している会社のホームページが出てきた。
    けれど、そこに四谷三丁目のこの店のデータはなかった。
    多分、かつてはフランチャイズの加盟店だったのでしょう。
    それが何かの都合で脱退。
    今は独自に営業しているのでしょうネ。
    お店の雰囲気はまるで地方の郊外に、よくあるタイプのブース席が中心の店。
    ダクトの上にお店のロゴが入ったカバーがかかってて、かつてチェーン店だった頃の面影残してオモシロイ。

    66c80123.jpeg座り心地の良いシート。
    広いテーブル。
    それに比べて小さなガスのロースターと、いろんなところがちょっとづつ田舎臭くてそれが不思議とステキな感じ。
    いたずらに韓国風のインテリアだったり、逆にテーブルと椅子を並べただけのそっけない雰囲気だったりのお店が多い東京都心で、こうした雰囲気。
    落ち着きます。
    サンチュをメインにしたサラダ。
    ちょっと余分に使ってて、酸味が出ていたけれどしっかりおいしいキムチなどなど。
    とりあえずとって試した料理はなかなかキチンとしてて、これなら期待できるかなぁって思いながら、乾杯をする。
    眞露の水割り…、焼肉気分が盛り上がります。

    1b6d306b.jpegサービス盛りっていうロースとカルビの盛り合わせ。
    タレをしっかりもみ込まれたキレイな赤身。
    肉の発色がとってもよくって、脂がほどよくのっている。
    肉を脂の甘みで評価する。
    それが最近の焼肉屋さんの評価基準のようになっちゃってるけど、ガツガツ食べて肉でお腹いっぱいにしようと思えば、赤身がおいしい肉の方がありがたい。
    ココのはまさにそんな肉。
    炭と違ってガスで焼くと、肉の水気が出てしまう。
    ガスそのものが蒸気を発して、下手をすると蒸し焼きみたいになっちゃうのです。
    だから一枚、また一枚。
    鉄板を充分焼いて温度を下げぬようにする。
    手早く焼いて、焼き過ぎぬようタレをからめてパクッと食べると、なかなかイケます。
    ロース、カルビとも200gという分量でけれどそれを一人一皿ぺろっといけちゃうくらいにサッパリ。
    ステーキを400g食べるのって、かなりの格闘感があるのだけれど、焼肉400gはいつの間にかなくなっている。
    焼ながら、箸で食べる料理のパワー、思い知る。

    それからスタミナ盛りという、レバーにミノにホルモンを盛り合わせにしたモノを焼き、それと一緒にご飯を食べる。
    焼いた肉。
    脂とタレがご飯と混じると、あぁ、なんておいしいんだろう…、って目尻が下がる。
    目尻が下がった分だけ気持ちがどんどん上がっていくのがたのしい。
    オモシロイ。

    60b664f5.jpegタレ焼きばかりじゃなんだからとそれでハラミを塩でもらう。
    筋がつよくて扱いづらいハラミという部位。
    薄く削ぎ切り、しかも繊維をキレイに包丁で切っておく。
    塩ダレでもみ、ネギと一緒にあわせたモノをお皿にキレイに盛り込んだコレ。
    仕事が丁寧。
    うつくしいのがまず目においしい。
    ほどよく熟成がきいたハラミは、焼くと香りと味がドッシリ…、噛めば噛むほど旨みがにじみ、顎がおいしく喉がなる。
    家族でやっているのでしょう。
    厨房の中ではご主人が、肉をひたすら用意しつづける。
    奥さんと若い女性が笑顔でホールをかけずりまわる、その一生懸命がなによりステキなオゴチソウ。
    チェーンではない。
    だからホームページもクーポンもなく、すべて定価で勝負する。
    それでもお値打ち感じる実力…、凄いなぁって感心します。
    近所なんでまた来ますって帰り際にいったらば、お馴染みさんになっていただければもっとサービスしますから…、って。
    昔の飲食店はみんなこうした店だった。
    なんだか今日はうれしくなって、表に出たら月がポッカリ、空に浮かんで見えました。
    中秋の夜のまぁるい月がニッコリ笑っているようなそんな気がしてニコリとなった。

    明日はお休み、オヤスミナサイ、また明日。

    拍手[2回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    雨音はショパンの調べ HOME トンチンカン
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]