忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2020 . 07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    06 2020/07 08
    S M T W T F S
    1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    60
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    デニーズ。

    denilogo.jpgファミリーレストランという業態ながら、ときおり、かたくなにファミリー的を拒むような個性的な料理を作る。
    たとえば一時期、坦々麺に執着していたことがある。
    まだ日本では一般的でない野菜や調味料を平気でつかったりしたりもします。

    そしてたとえば、ジャンバラヤ。

    スパイシーでクセが強くて、食べる人によって好き嫌いがはっきりするだろうなぁ…、って思う、代表的な料理のひとつ。
    万人向けであることが良い商品の理想だといわれてた、ファミリーレストランらしからぬ、その独特に、やるよなぁ…、って。
    ここしばらくのお気に入り。

    で、そのジャンバラヤにハバネロを使った劇辛ソースをつけてよりスパイシーにしたのが今年の夏のメニューにやってきた。

    a44a4f95.jpegますますよろしい。
    だって、今まででもこれをたのむたびにタバスコをおねだりして、より辛くして食べてましたもの。
    辛くするとどんどんおいしさを増す食べ物…、ってたまにある。
    そのひとつがコレ。
    しかもただの唐辛子じゃなく、スキッとしてて甘みさえもち舌の上でのたうちまわるような迫力のあるハバネロソースで辛くする。
    夏を呼ぶよなご馳走ですな。

    汗をかきます。
    口の中じゃなく、喉の奥から汗がでる。
    それに鼻にかなりきます。
    辛味が腹からすみやかに、体をめぐり頭のてっぺんからつま先までの毛穴が開いて汗を呼ぶ。
    甘めのソースを伴ったフライドチキンにて口休めつつ、それでもとまらぬ、右手のスプーンがなやましい。

    ハモンセラーノとルッコラのサラダをサイドに。

    a9d43fc0.jpeg先日の朝のフレッシュネスでも同じような組み合わせ。
    向こうのサンドイッチはマスカルポーネとトマトの風味で旨みを引き出す。
    こちらは、黒酢のジュレでスキッと酸味を際立てる。
    向こうはそれ一品で満足を作り出さなきゃいけないサンドイッチで、こちらはそれだけで食べられることの少ないサラダ。
    だからの味の違いなんでしょう。
    ハムでレタスをくるんで食べる。
    ムッチリとしたハムが舌に絡みつくよに撫で回し、シャキシャキとしたレタスがそれをふりほどく。
    旨いです。
    口の中がスッキリします。
    ご馳走です。


    火照った舌を癒しましょうか…、とスターバックスにちょっと寄る。

    61ac907b.jpeg先日、日記にコメントもらった「パッションティー plus アーモンドシロップ」なるカスタマイズをためしてみたくもあったから。

    うーん、さわやか。
    パッションティーのツンととがった鋭い酸味が、まろやかになる。
    不思議なほどにアーモンドっぽさは感じられずなんだか梅っぽい味。
    梅干を番茶に入れて酸味と風味を移したものを、キーンと冷やして飲んでるみたいな、そんな感じがするおもしろさ。
    体が中からシャキンとします。
    教えていただき、恐悦至極。
    今年の夏は、これにちょっとはまってみましょう。
    飲んで、たちまち、お気に入り。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    辛いもの
    デニーズのジャンバラヤ、時々食べたくなるのですが、
    辛いものが得意ではないので、オットが頼んだ時に1/3程
    分けてもらいます。
    ハバネロ版は、きっと食べたくても一口で降参だろうなぁ。

    最近は、伊勢丹のスタバでお薦めしてた「マンゴーパッションフラペチーノplusアーモンドシロップ」にはまっています。
    マンゴープリンと杏仁豆腐を一緒に食べてる感じです。
    「パッションティー plus アーモンドシロップ」今度試してみます。
    あーたさん / 2009/06/13(Sat) /
    アーモンド
    > あーたさん
    辛さっていう「味」はないんですってね。
    あれは「痛さ」であって、辛くて旨いっていう表現は本来、おかしいっていう人もいるくらい。
    痛さを楽しむ。
    ちょっと自虐的ですね。

    それにしてもアーモンドシロップ。
    あんまり自己主張をすることなく他のモノの味を引き立ててくれる。
    ステキな存在。
    フラペチーノにシロップっていうのもありだなぁ…、って思いました。
    試してみますね。
    サカキシンイチロウさん / 2009/06/13(Sat) /
    無題
    梅っぽくなって、じめっとした季節においしいです!
    フレーバーシロップ、結構失敗も
    していますが(笑)、なかなか楽しいですよ♪
    あっくんさん / 2009/06/13(Sat) /
    本当に梅っぽい
    > あっくんさん
    パッション+アーモンドが梅になるなんて、いったいどうしたことなんだろう…、ってびっくりしました。
    失敗は成功の母。
    なにより、たのしい好奇心がおいしさの秘密ですね。
    サカキシンイチロウさん / 2009/06/13(Sat) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    テング酒場に青い月 HOME 焼き鮭食べる弁天庵な朝
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]