忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    11 2019/12 01
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    金曜日の夜、どこでご飯を食べようか…、と、折角だからちょっと遠出をしようかなぁ…、と思いもしたけど外は雨。
    それで近所の南昌飯店に急遽、決定。

    5ece37e7.jpeg実は先日。
    同じようにうちの近所でご飯にしようと、回転寿司を前菜にさて鍋焼きうどんを弁天庵に食べにいこうか、とこの店の前の通りを歩いてたらお客さんを送り出すため外に出て来たここのママに見つかった。
    いらっしゃい…、というママに向かってごめんなさい。
    もうご飯を食べちゃいました…、って言って失礼したまま。
    気になっていた。
    ママ、来たよ!ってドアを開けたらお店の奥から飛んで来て、ありがとうねぇ…、って笑顔一杯。
    いつものように料理をたのんで、あれこれ世間話をママとする。

    海鮮やきそばに餃子をまずとる。
    パリパリとした細揚げ麺に、とろぉりあんかけ。
    モヤシに玉ねぎ、エビにイカゲソ、小柱一杯。
    〆というより麺が混じった海鮮野菜の炒め物みたいな感じで、お酒がすすむ。
    薄くてモチモチした皮のコロンとしてる焼き餃子。
    肉汁タップリ。
    しかもツルンとした皮の食感がとてもなめらか、オキニイリ。

    ママが熱烈にすすめてくれた料理がこれ。

    ac150ce6.jpeg八宝菜。
    これ、絶対においしいから…、って言われたけれど最初は、いいえと断った。
    昔の中国料理の定番で、本当に長い間たのんだことも、食べたこともなかった料理。
    うちの八宝菜はちょっと他とは違うから…、って。
    それなら試してみましょうか?って、たのんでやってきたのをみたらばオイスターソース味の立派な広東料理風。
    きくらげ、クワイにヤングコーン。
    ブロッコリやら袋茸やら具材豊富で、たしかに旨い。
    特に薄切りクワイがシャクシャクしてて、歯がくすぐったくなるほどで食感にぎやか。
    塩味、甘味のバランスとれてて、いいって思った。
    それにしても中国料理のクワイのシャッキリしてておいしいこと…、脱帽します。
    それに比べてお節の中のクワイはどうにもこうにも好きになれない。
    「目が出るように食べるんですよ」って言われて口に含みはするけど、苦みとボソボソした食感に喉の奥になかなか入ってくれない料理。
    いつも泣き泣き喉に押し込む新年一発目の修行のような苦手な料理。
    同じ素材がなんでこんなに違うんだろう…、って思ったりする。
    間もなくそんな季節です。

    528e1157.jpegユーリーンチーを一緒に食べる。
    フックラとまるでフリッタのように揚げた鶏肉に、中華ドレッシングをかけまわしたの…。
    専門店のユーリンチーは薄めにガリっと揚げた鶏に甘酢をかけて食べるもの。
    けれどココのはチキンフリッタ添えサラダ…、みたいな感じでとてもサッパリ。
    中国のユーリンチーより、こっちの方がおいしいでしょう…、って。
    ママもニッコリ、したり顔。

    ちなみにココ。
    お客様からとった注文を、厨房に通すときには中国語。
    メニューには「鶏の唐揚げ中華ドレッシングかけ」って書いてるこれも、ユーリンチーと元気よく。
    けれど一品、海鮮あんかけ焼きそばだけはそのまま日本語で、厨房の中に注文入る。
    なるほど、他の料理は中国料理。
    あんかけ焼きそばは中国料理じゃなくて日本のオリジナル…、ってことなんでしょう。
    おもしろい。

    今日はどうもありがとね…、って。
    おゴチソウサマって言って席を立ったらまたまた、お店の奥から飛んで来たママに言われてニッコリとなる。
    外は土砂降り、けれど気持ちは寒くない。

    ちなみに今日、今年の世相を表す漢字が発表された。

    shin.jpg「新」であります。
    震・食・倒・毒・末・金・戦・帰・虎・災・愛・命・偽・変。
    1995年から去年までの漢字をこうして並べると、なんだか明るい言葉が少ない。
    重たくって、堅くって、暗い言葉がなんだか多い。
    夢とか楽とか、上とか前とか気持ちが明るくなるような漢字がなんで選ばれないんだろう。
    それほどこの15年間は辛い15年間だったのか?

    そして今年の漢字。
    「新」っていうのがほんとに今年の気分を正しく伝えているのか…、ボクにはちょっとわからない。
    昭和が終わって21年。
    20世紀が終わった9年経ちはするけど、未だに次の時代がなかなかはじまらない。
    産業構造。
    消費形態、それから価値観。
    ボクらはいまだに古い時代に縛られている。
    新しい何かを作りださなくちゃ…、って試行錯誤をしてはいるけどまだまだ「新」を時代の漢字にするところまでは辿り着かない。
    それだけ昭和や20世紀は重みのあった時代だったということなのでありましょう。
    ボクにとって今年の漢字の「新」はそのまま来年の課題にしようと誓う夜なり、雨の夜。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    朝からあんかけ作る朝 HOME ウェンディーズ
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]