忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    11 2019/12 01
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    昼、鉄板焼きを試みる。

    1887857a.jpeg先週の週末。
    すき焼きにした肉を使って、今日はそのまま油をひいたフライパンで焼いてみる。
    一枚一枚、ラップに包んで凍らせていた薄切りの肉。
    冷凍庫から出し、しばらくおいておくとトロンと脂がとろけて自然とラップの方から外れてく。
    フライパンに軽く油をひいてささっと炙るように焼いていく。
    クリムゾンレッドとでもいいますか。
    濃いブドウ酒色の肉にみるみるキレイな焦げ色がつき、脂がキレイに透き通ってく。
    それを柚子のポン酢で食べる。
    すき焼きとは違った肉そのものの甘味を感じる。
    ヒヤッと脂が唇を撫でて涼しい感じがするのもステキ。

    一緒に野菜…、レンコン、それから茄子を輪切りにし、塩水にくぐらせ休ませたもの。
    水気を拭って油を塗って、これは弱火でジックリと焼く。
    茄子は油がお友達。
    肉の脂を吸い込みながら実が透き通ってくるのが見ててオモシロイ。
    トロンと甘い焼けた茄子…、噛むと前歯でシャキッと歯切れ、噛み続けるとボクボクまるでお芋のようにトロンと粘り気発しつつ、甘くなってくレンコンもいい。
    厚揚げ焼くと、その断面までサクッと揚がったようになるのがオゴチソウ。

    〆は焼きそば。

    a06cc286.jpeg袋麺を電子レンジで温める。
    手でもみほぐし、麺そのものをバラバラっとちらかしておく。
    具材はキャベツとピーマンだけ。
    お肉を焼いたフライパンでまずは野菜を軽く炒める。
    肉の脂を無駄にせぬよう、キャベツの葉っぱで撫でるようにしてこそげとり、塩と胡椒で下味つける。
    そこに麺。
    ほぐしてパラパラ、フライパンに投入しながら混ぜ合わせ、かつお節をタップリいれる。
    旨みとコクを削り鰹に担当させて、そこにソース。
    袋麺に付いていた粉末ソースを半分量だけいれて混ぜ、味見て足りぬ部分を金蝶ソースで補って、シットリとした水気にもする。
    最後に薬味。
    タップリのネギ、刻んだミョウガを加えて混ぜて、辛子油でつや出し仕上げ。
    肉の脂の甘味と香りがなによりゴチソウ。
    パラパラほぐれる麺の食感もなかなかなモノ。
    タップリ食べて、汗をかき、暑い日曜しのぐ昼。

    ところで…。

    「スゴイ」の一言に尽きるアニメーション作品一作。
    10分弱の大作で、しかも一旦、見始めると目が放せなくなる。
    だから時間のあるときに、ユックリ、ジックリ、さぁ、どうぞ。

    BIG BANG BIG BOOM - the new wall-painted animation by BLU from blu on Vimeo.


    ストップモーションアニメーション。
    いわゆるデジタル技術を駆使して作ったパラパラ漫画のようなモノ…、ですね。
    いろんな秀作が発表されてはいるけどこれほど「街角」を上手にキャンパスとして使った作品ってあまりない。
    消しては描き、描いては消しての繰り返し。
    描くだけじゃなくクレイアニメーションのような手法も使い、しかもストーリーがビッグバンから最後の審判までを描くというこの壮大。
    どのくらいの日数を費やしたんだろう…、って思うと気が遠くなる。
    情熱…、ですな、感服です。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    外で夜 HOME 日曜の朝の和のご飯
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]